« テオドール・キルヒナー ピアノ四重奏曲  | トップページ | 会社は鬼畜なクリスマス »

2011年12月18日 (日曜日)

ホフマン物語 モントゥー/メトロポリタン

icon icon

オッフェンバック:『ホフマン物語』(全曲)
リチャード・タッカー(ホフマン)
ロバータ・ピータース(オランピア)
ルチーネ・アマーラ(アントニア)
リーゼ・スティーヴンス(ジュリエッタ)
マーシャル・シンガー(リンドルフ、コッペリウス、ダペルトゥット)
ミルドレッド・ミラー(ニクラウス)
メトロポリタン歌劇場管弦楽団・合唱団
ピエール・モントゥー指揮

録音時期:1955年12月3日
録音場所:メトロポリタン歌劇場
録音方式:モノラル(ライヴ)
.

最近家は寝に帰るだけの所なので、音楽もあんまり聴いてない。お風呂入りながらBGMにCD流すとかそのくらい。昨日土曜日も普通に出勤で夜12時帰宅。もう疲れ過ぎてユンケルが効かない。

テレビもあんまり見れてない。「11人もいる!」最終回は何故か忘れてて半分しか見れなかったし(DVDを買おうかと本気で思ってる)、昨日のTHE MANZAIは全く録画を忘れていた。が、正直言って私はパンクブーブーがどう面白いのかずっと理解しかねているので、どうでもいいかなあと思う。昭和の人間なのでナイツとか華丸大吉さんあたりが好きだなあ、見てないけど。

今朝は録り貯めてたテレビ番組をわらわらと視聴。「ミタさん」と「アリエッティ」を見た。アリエッティは見た後アリス症候群みたいになる。目の前にあるものが大きく感じたり小さく感じたり色々マヒしてくる(あたしだけ?)。そしてあいかわらず志田未来ちゃんの怒りっぷりは素晴らしい。

・・・でまあ、明日もまた残業なので日曜も近所に買い物に行くくらいでおとなしくしているのだが、最近聴いている(つか、流している)中の一枚。初めてのウィーン旅行で舞台を見た、思い出深い曲である。

1955年ととても古い舞台のライブ。モントゥー指揮ってのが豪華である。

<あらすじ>
詩人ホフマンが、自動人形、高級娼婦、体の弱い歌手、などと次々に恋をするがいずれもかなわない。

と、今さら説明する必要もない有名な人気のあるオペラである。とくに「ホフマンの舟歌」は八代亜紀の舟歌くらい日本では有名である。

1980年代にメトが自主制作してスポンサーに限定配布した豪華LPシリーズにも選ばれていたほどの歴史的名演(って犬のサイトには書いてある)。なるほど素晴らしい。自分はヨーロッパ嗜好な人間なので、メトの歌手はあんまり知らんのだがホフマンを歌うタッカーは素晴らしい。さすがブルックリンのカルーソーといわれるだけあって、すごい美声である。何にも考えないで聴いてるので、演奏がどうのという話はできないのだが。オランピアを歌うピータースって歌手の超絶技巧も凄い。「うわあああ」って言ってしまう。まあ・・・昔ナマで聴いたグルベローヴァも凄かったけどなあ。

あと、このオペラのキーポイントである(と思う)ニクラウスを歌うのが、ワルターNYPの「大地の歌」でクールな声を聴かせているミルドレッド・ミラーである・・・てのが私にはポイント高い。ワルターNYP盤が私のファースト・バイ「大地」だったものでな。この歌手、「大地」の他に初めて歌うの聴いたわ。

このホフマン、録音は勿論古いけど何か外国のオペラハウスで実演を観るという、日常ではないあのワクワク感がとても感じられるCD。このシリーズは色々出ているけど、どれもみんなそうなのかな。

----

近くの商店街で福引をした。(くるくる回して玉が出る式のやつ)

あまりにこの所運が悪い気がするので、その代わりに何か当たるかなと10回ほど引いたらやっぱり何も当たらず。電子レンジでも当たるかと思ったんだけど。でもハズレでも商品券1000円分と発泡酒3缶貰えて、ウチの商店街はわりと良心的かな。(そして商品券も結局はビールか発泡酒に化けるのだが。)

ちなみに一等は韓国旅行。韓流苦手なのであんまり行きたくない。伊豆とか温泉のほうがゆっくりできていいや。どうせ当たらないけど。

|

« テオドール・キルヒナー ピアノ四重奏曲  | トップページ | 会社は鬼畜なクリスマス »

コメント

 今晩は。
   
 わたくし世代の男では珍しくないと思うのですが、福引の列に並ぶのが億劫かつ気恥ずかしく・・・しかし、出張先における気の迷いで、(歳末福引でなく)夏の福引をしたことがあります。当選したのはポケットティッシュだけではありませんでした・・・「使い捨てカイロ」(夏に貰ってどうする? その前の冬の売残りか?)、ペットボトル入りキッコーマン醤油6本。現地オフィスにいる人にあげてしまいました。

投稿: クラシカルな某 | 2011年12月18日 (日曜日) 21時57分

>>クラシカルな某さん

こんばんは。

カイロは冬までおいとけばいいけど、醤油6本は困りますなあ。醤油はあけると結構すぐ味落ちますものね。

ウチの商店街は、点数によって好きなものを選べるようになっているのでいらんものをいやいや持って帰るようなことはありません。お菓子、洗剤、調味料、カップラーメン等。とっても良心的です。

投稿: naoping | 2011年12月20日 (火曜日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/43423346

この記事へのトラックバック一覧です: ホフマン物語 モントゥー/メトロポリタン:

« テオドール・キルヒナー ピアノ四重奏曲  | トップページ | 会社は鬼畜なクリスマス »