« 「トリスタンとイゾルデ」J.フェルゼンシュタイン演出、G.ベルク&アンハルト劇場(DVD) | トップページ | R・シュトラウス「ダナエの愛」 リットン/ベルリン・ドイツ・オペラ(DVD) »

2011年11月22日 (火曜日)

Oui, ça va bien !

今日、ウチのブチョーが昼に外出予定があるにもかかわらず、それを忘れて自分の分の弁当を頼んでしまったので、一つお弁当が余ってしまった。

どうして誰か食べてくれる人を頼んで行かなかったのか(怒)。とても勿体ない。たかが400円の仕出し弁当なんだけど(ブチョーは勿論金は払ってる)。あたしは農家の娘の子なのでどうしても捨てるわけにいかない。

で。残業後も誰も食べないので、仕方なく自分のお弁当箱にあけて持って帰った。サラダ類は色が変わってたので(しょうがない・・・)捨てた。

で。

家で弁当のおかずの鶏のから揚げと鯖の切り身の焼いたのをトースターでチンして食べた。鶏はまあ・・・普通だったけど、鯖はとても美味しかった。鯖、大好きなんだけど、最近食べてなかった。前は一匹買ってきて捌いてまでして食べてたのにな。焼いても揚げても好き。

ということで、お魚では金目鯛の次くらいに好きな鯖であるが、それで思い出した。
.

会社でちょっと前に大変恐ろしいことが起こった。

ある日、一階までゴミを捨てに行ったら、階段で誰か男の人がうずくまっていた。よく見るとケーリカチョーだった。普段大変明るい気さくなケーリカチョーなのに・・・変だな、と思ったら何だか顔を押えてかなり苦しそうである。顔がむくんでるみたいな。息も苦しそう。どうしよう・・・。

と。誰かが救急車を呼んだようだ。いろんな会社に勤めてたけど、会社に救急車が来たの初めて見た。ケーリカチョーは運ばれていった。ソームカチョーも慌てて様子を病院まで見に行った。

ケーリカチョーは救急病院で治療を終えて、その日のうちに家に帰ったようだ。運ばれたのが早くて良かった。もうちょっと遅れてたら死んでたかもしれない、マジで。蕎麦アレルギーかな?とその時は思った。

あとで聞いたら、ケーリカチョーは鯖アレルギーということだ。普段から食べないよう気をつけていたのだけど、何だかその日は社長かなんかにランチに連れてってもらったんで、遠慮して残せなかったようだ。

鯖が食べられないなんて、なんと不憫なことだ。あんなに美味しいのに。

ついでに言うと、ウチの部署には甲殻類アレルギーの人もいるのだ。蟹がダメだ・・・。ということで、あの事件以来(恐ろしくて)本社の飲み会は魚介類がメインのお店はなくなってしまった。

嗚呼。

魚介類大好物のあたし。このところの会社の飲み会いっつも焼き鳥。たまにお好み焼き、よくてイタリアン。お魚・蟹は絶対になし。

でも。

あの惨状を見てから・・・元気で好きなものを食べられる自分の体に感謝してる。食物アレルギー本当に恐いんだから。自分に一生食物アレルギーが発症しないように祈るばかり。

|

« 「トリスタンとイゾルデ」J.フェルゼンシュタイン演出、G.ベルク&アンハルト劇場(DVD) | トップページ | R・シュトラウス「ダナエの愛」 リットン/ベルリン・ドイツ・オペラ(DVD) »

コメント

わかります。前の職場でも、魚介類ダメな人がいて…サバやイワシ美味しいのに。
亡くなった岩城宏之さんが、あるとき貝にあたって、それから食べられなくなってしまったとか。寿司屋でのレパートリーが減ってカナシイ、って書いてました。

これから牡蠣が美味しくなるから、また食べ放題に行きたいですけど、中毒に注意ですねぇ。食べられなくなったらカナシイ。

投稿: ぜん | 2011年11月23日 (水曜日) 09時40分

>>ぜんさん

牡蠣の季節なんですねえ。友人にこないだ「生牡蠣おいしいイタリアンのお店見つけた!今度行こうね!」って言われたんですが、そうこうしているうちに季節が終わってしまいそうな予感がします。

食中毒も怖いんですが、食物アレルギーは体質の問題で、なったらとても辛そうです。最近(小麦成分の入った?)洗顔せっけんのせいで小麦粉アレルギーに・・・と話題ですが、実際自分も使ってたらああなっちゃってたのかなあとガクブルです。貧乏なので安い石鹸使っててよかったです。小麦粉食べれなくなったら無理。

投稿: naoping | 2011年11月23日 (水曜日) 11時25分

ちょっと月遅れのコメントで申し訳ないのですが、誰も指摘されなかったので...
タイトルの
Oui, ça va bien !
に大笑い。もちろんアレにかけていらっしゃるのですよね。naopingさんのユーモアセンス、最高です!

〇〇アレルギーの方って本当にいるんですよね。分かります分かります。わたしのお仲間にも甲殻アレルギーの人がいて、エビ、カニ類が全くダメ。身だけでなくそのスープがちょっと使われているだけでもダメらしく、だから中華料理はペケ。その方が入るとレストランの選択に困ってホトホト困ります。飲み会のバリエーションが限られますからねぇ。

ワタシ?幸いにアレルギーはありません。でも風邪引いた後に鼻水が長く続いたので一度テストしたら、スギカフンの他、イエダニにアレルギー有りと出ました。どんなところに住んでいるんだか...。

投稿: RAM | 2011年12月19日 (月曜日) 06時59分

>>RAMさん

フランス人の気軽な挨拶の言葉になるくらい、人々に親しまれている鯖ですが(?)、まさか鯖アレルギーの人がいるとはこの事件が起こるまで知りませんでした。ホント、最近は魚介類の店の飲み会が減ってしまい、欲求不満です。忘年会はモツ鍋に決まりました。まあ、モツも好きなのでいいんですけどね。

鯖、スーパーで安いのでちょくちょく買って食しています。ハーブソルトと荒引きこしょうで味付けしてフライパンでエキストラバージンオリーブオイルにニンニク入れて焼いたのが最近のお気に入りです。安いし食べる所も多く、鯖は最高です。

投稿: naoping | 2011年12月20日 (火曜日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/43097598

この記事へのトラックバック一覧です: Oui, ça va bien !:

« 「トリスタンとイゾルデ」J.フェルゼンシュタイン演出、G.ベルク&アンハルト劇場(DVD) | トップページ | R・シュトラウス「ダナエの愛」 リットン/ベルリン・ドイツ・オペラ(DVD) »