« キーンツル/福音の人(Der Evangelimann) | トップページ | 初心者のための神々の黄昏 »

2011年9月22日 (木曜日)

台風が

昨日は台風が首都圏を直撃し、会社は4時くらいに解放されたけれど、やっぱり途中までしか地下鉄は走らず。当然のように途中の駅で下ろされ、ふた駅も歩くはめに。

そこらへんはいつもは私の休日のお散歩コース(美術館があったりするので)なんだけど、お天気が良い日は楽しいけどあの突風&大雨の中に歩き続けるとどんなに長く感じただろう。半分泣きそうだった。私のように小柄で体重の軽い人間は普通の人よりどんなに危険か。傘の骨の多いのを持っていたので折りたたみの傘やビニールの傘よりはおちょこになったりはしないのだけれど、逆に壊れないがために風に乗って体ごとぶっとびそうになることが何度も。リアル・メリー・ポピンズだよまったく。

で、JRの駅についたんだけどそこからの駅からの電車ももう全部ストップ。どうなっているのだ。そしてますます風が強くびゅうびゅう鳴り、かつてない暴風雨(こんなの見たことない)。何故かバスだけは通っていたのでとりあえず実家まで行くバスにのり、あとは歩いて自分のマンションまで帰ろうとした。

だが。

実家の近くの停留所に着いたら、この考えは甘いと感じた。とにかく歩けない。服もびちゃびちゃ。あちこちで物が落ちたり瓦がぶっとんだりしてるので、命が危ないとさえ感じた(気づくの遅い?)。

途中で、小さい頃によく遊んだお稲荷さんで休憩させてもらうことに。「お稲荷さん、ちょっと雨宿りさせてね」と声に出して言い、ふと見ると昔から生えていた大きなけやきの木の2本あるうちの一本が、ぶっ倒れていた。こんな丈夫な木が倒れてしまうほど台風凄いの? もうね、早く避難するしかないわ。そう思った。実家に電話。しかし電話が混んでて通じない。もうアポなしで行くことに。

もはや、私の外見は命からがら逃げてきた北朝鮮の脱北者のようであった。もうどうでもいい、命さえあれば。チチハハは大歓迎して迎えてくれたけど(あの大地震の時よりは全然時間が早かったし。7時前くらい。)、「お稲荷さんで倒木してる」と興奮気味に話したら、チチは一眼レフ持って飛び出して行った。危ないよね、ホントに。

|

« キーンツル/福音の人(Der Evangelimann) | トップページ | 初心者のための神々の黄昏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/41923961

この記事へのトラックバック一覧です: 台風が:

« キーンツル/福音の人(Der Evangelimann) | トップページ | 初心者のための神々の黄昏 »