« クリーヴランド国際ピアノコンクール セミファイナル通過者 | トップページ | クリーヴランド国際ピアノコンクール ファイナリスト決定 »

2011年8月 4日 (木曜日)

クリーヴランド国際ピアノコンクール セミファイナル2日目

セミファイナルの一日目はどうも興味の持てない人々だったので見なかった。今日に備えてぐっすり寝た。ズーバーさんにがんばってもらいたい。アメリカにトモダチ作戦の念を送るぞ。間違ってもチャイニーズマフィアが優勝しませんように。

1:00 PM Eric Zuber
INTERMISSION
2:15 PM Alexey Chernov

ERIC ZUBER (26)

Schumann Kinderszenen, Op. 15
Debussy L’isle joyeuse
Liszt Sonata in B Minor, S. 178

ピアノ素人にも聴きやすい、いいプログラムだな。こんなリサイタルあったら行きたいな。
こどじょーきたあああ。しかし配信の調子がorz。とろいめらいが~~~~と思ったら治った。この人のピアノはひんやりとした感触の中に温かみが感じられて好きだ。夜中に聴くこどじょーは心に沁みるなあ。いい演奏だった。喜びの島いいなあ。最愛のリストソナタ。彼の弾くリストソナタが聴きたかった(ルビコンでナマを聴き逃したので)。緊張してるかな? この人メンタル面が弱いから心配。何故かパソコンの前で手を合わせて拝みながら観賞(な~む~)。遠い異国にいる親戚を応援する気分。このコンクールではレアなかなりのブラヴォー(まあ自国枠ではあるがの)。たまに音外れたりしたけどよかった。好きな演奏。ファイナル行けますように。

しかしファイナルに行ったら行ったで不安がある、コンチェルトがなあ。ルビコンの時はあんまり慣れてないみたいで残念だった。それはチェルノフのチャイコンの時もそうだったんだけど。

ALEXEY CHERNOV (28)

Beethoven Sonata No. 32 in C Minor, Op. 111
Ravel Gaspard de la nuit
Liszt Mephisto Waltz No. 1 (Der Tanz in der Dorfschenke)

恰幅が良くて28歳に見えないな(今更だが)。真上からのショットはちょっとキツイ。ベト32(リーブ21みたいじゃのう)って実はあんまり聴いたことない。二楽章しかねえのコレ。いかん、ちょっと眠くなってきた。夜ギャス。絞首台は・・・眠いのう。スカルボで目が覚めた。あんまりよくわかんないけどさすがにうまいね。かなり好印象。メフィスト変態ワルツきたああ。いいぞいいぞ。当然ファイナルに行くものと思われる。

|

« クリーヴランド国際ピアノコンクール セミファイナル通過者 | トップページ | クリーヴランド国際ピアノコンクール ファイナリスト決定 »

コメント

初めてコメント致します。以前から時々覗かせて頂いているのですが、内容はかなりマニアックなのに読んでて実に楽しい。正にブログのキャッチフレーズ通り。
軽快な語り口をぜひ見習いたいのですが、どうも私では無理そうです。これからもどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: RAM | 2011年8月 5日 (金曜日) 02時19分

>>RAMさん

初めまして!コメントありがとうございます。まあ、私はただのオバカさんなので、音楽の難しいことはわかりませんが、読みやすく楽しくを心がけています。
楽しんで頂けて嬉しいです。

投稿: naoping | 2011年8月 6日 (土曜日) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/41068014

この記事へのトラックバック一覧です: クリーヴランド国際ピアノコンクール セミファイナル2日目:

« クリーヴランド国際ピアノコンクール セミファイナル通過者 | トップページ | クリーヴランド国際ピアノコンクール ファイナリスト決定 »