« チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次予定 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次一日目 »

2011年6月26日 (日曜日)

チャイコフスキー国際コンクール(声楽)第2次

http://pitch.paraclassics.com/#/live/voice

今日から放送の始まった声楽の部。しかしまあ、ロシアのコンペティションなのでロシア語の歌が必須科目だ。そう考えると何年か前の我が国の優勝者はよく制覇したもんだなあと思う(優勝して結構すぐ、ストラヴィンスキーのオペラで見たことある。ふうんって感じだった。)。

出場者の写真を見ると、器楽奏者の方々と違って女性の雰囲気がなんかケバイっつーか・・・ヨーロッパの旅先で今夜のお供を写真で選んでるようなヘンな気分になるなあ(あたし女だからよく知らんけど)。それと曲目が全く出ないのがナンだなあ。ロシアものとイタリアものが多い。あたしドイツものしか聴かないのであまり・・・。

それと、次も聴くかどうかわからんなあ、ピアノも気になるし。
.

[第2次のレパートリーのお決まり]

1、チャイコフスキーの歌曲1曲。

2、以下の作曲家の歌曲1曲( F. Schubert, R. Schumann, M. Glinka, M. Balakirev, A. Dargomyzhsky, A.Borodin, M. Mussorgsky, N. Rimsky-Korsakov, L. van Beethoven, J. Brahms, E. Grieg, F. Mendelssohn, A. Dvorak, C. Debussy, S. Rachmaninov, M. Ravel, G. Mahler, H. Wolf, M. de Falla, S. Prokofiev or G. Sviridov.)

3、本人の国の民謡。

4、本人が選んだメジャーなアリア。

5、1950年以降のオペラかカンタータかオラトリオのアリア。

.
[本日のスケジュール]
June 26
1:00 p.m. – Angelina Nikitchenko (Russia)
1:30 p.m. – Oksana Davydenko (Kazakhstan)
2:00 p.m. – Alkhas Ferzba (Abkhazia/Russia)
20-minute intermission
2:50 p.m. – Dmitry Demidchik (Belarus)
3:20 p.m. – Enkhtaivan Chimed (Mongolia)

7:00 p.m. – Mikhail Korobeynikov (Russia)
7:30 p.m. – Alexei Tatarintsev (Russia)
8:00 p.m. – Yekaterina Ferzba (Russia)
20-minute intermission
8:50 p.m. – Yelena Terentyeva (Russia)
9:20 p.m. – Olga Pudova (Russia)
.

.

アンゲリーナ・ニキチェンコ(ロシア)ソプラノ

なかなか舞台映えしそうな容姿の金髪のおねいちゃん。舞台で遠目で見れば美人かも。お胸を強調した赤いドレスが素敵ね。声はクリーミーヴォイスというか。まだロシアロシアした発声ではない感じ。

オクサナ・ダヴィジェンコ(カザフスタン)メゾソプラノ

黒髪で雰囲気のある美人。黒いドレスが似合ってる。この人なかなかの美声だ。ロッシーニのアリアの何かを歌ったがなかなかのコロラトトゥーラでベルガンサの心をつかみそうよ。この人が舞台で出てきたら目も耳も満足しそう。カザフの民謡は日本ぽくて素敵。この人、超おすすめ(?)。日本に来たら要チェックだ。

Alkhas Ferzba(アブハジア/ロシア)バス

謎の国からきたバス。頭髪はかなりいっちゃってるが、深い声が凄い。雰囲気からメフィストーフェレとかすっごい似合いそう。かつらかぶったらかっこいい役もいけそう。オルフの「賢い女」の最初のアリア。ドイツものもイケるアピールかな。サミュエル・ラミー系?

ドミトリー・デミチック(ベラルーシ)バリトン

いかにもロシア系声楽家って感じのこゆい容姿。28には見えんな。最初すこーし緊張してるかなあって感じの声。曲によっては高音もイケるぞってアピール。ブラボー出た。曲が進むにつれ段々声がこなれてきた。プロフィルみたら日本にも来たことあるみたい。

エンフタイヴァン・チメド(モンゴル)バス

モンゴル相撲の選手のような容姿。東洋人らしい、強烈でない柔らかな声。なかなかいいね。表現力豊か。アカペラのモンゴル民謡素敵!!大拍手!!


ミハイル・コロハイニコフ(ロシア)バリトン

きゃ~金髪長身イケメソきたあああ。もうこの人優勝でいいわ。この顔でレポレロだと?この人が出て来たらドン・ジョバンニよりこっちに惚れそうじゃね?ツェルリーナとか・・・よく知らんが。

・・・正直にいうと、声はアレだわ。何で残ったのかすら。ドイツ語歌曲とかイマイチ。最終ではボイトって書いてあるからメフィストフェレ歌うつもりだろうけど、こんなイケメンのメフィストw 外見だけでいうとローエングリンだわ。

アレクレイ・タタリンツェフ(ロシア)テノール

おお、やっとテノールが出てきた。ロシア松崎しげるといった風情。分類でいうとリリックなのかね。ソフトで輝きのある声。なかなかいいんでねえの。オペレッタ歌ってた頃のルネ・コロみたい(褒めすぎかも)。ドイツ歌曲もわりとよい。あららもうファンが?客席からプレゼントよ(でもなんかわかる~~、ナマで聴いたら惚れそうだこの声)。プロフ写真修正してんな多分。新国立に来てほしい。

エカテリーナ・フェルズバ(ロシア)ソプラノ

あらまあずいぶん厚化粧な。江利チエミ風。コロラトゥーラな軽い声の人のようだ。癖のないいい声。有名なラクメのアリア。かなり頑張っているし高音も出ているが、うわああああすげえええうめえええってほどでも。ほんの少し不安定。さっきの人みたいに日本に来てほしいって思うほどじゃないな。


---

このところ画像がなくてさみしいので、本日の昼食の海鮮太巻きをUP。突然の大奮発。でも500円しない。甘エビ、とびっこ、マグロにサーモン入りで美味しかったぁ。
こないだのオリンピックの女子フィギュアと同じ流れを感じるピアノ部門(キムヨナ優勝しそう)。あたしの心は晴れない。

P1110726

|

« チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次予定 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次一日目 »

コメント

ペッテションを愛する方なら佐村河内守の交響曲第一番《HIROSHIMA》をお勧めします。
81分の長大交響曲第一番は、現代の奇跡と呼ばれています。
来月CD発売。

投稿: AJGDT | 2011年6月27日 (月曜日) 19時33分

>>AJGDTさん

第3楽章だけ先日YouTubeで聴きましたが、マーラーの復活みたいに思いました。・・・と宣伝にマジレスしてみる。

投稿: naoping | 2011年6月27日 (月曜日) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/40558953

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー国際コンクール(声楽)第2次:

« チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次予定 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次一日目 »