« モントリオール ファイナリスト | トップページ | モントリオール国際ピアノコンクール 結果 »

2011年6月 1日 (水曜日)

ブラームス/ピアノ協奏曲第2番 ルービンシュタイン&ミュンシュ

icon

icon

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 
アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)
シャルル・ミュンシュ指揮/ボストン交響楽団

過去記事:ネットラジオでルービンシュタインの審査委員長就任コンサートを聴く


モントリオールコンクール、どうなったんだろう。ファイナルは時間的に全く聴けないのだが。何にしろ、もしルービンシュタンコンクールのファイナリストの誰が出場たとしても、ぶっちぎりで優勝できるレベルかなと。

時期的に重なってしまったので、結局上手な人はルビコンに出てしまったのかなあ。よく知らんが。このところルビコンの演奏がyoutubeにUPされているので、ちょろちょろと見聴きしているのだけど、モントリオールの予選を聴いたあとだったから物凄くみんなうまく聴こえる・・・ギンタラスさんとか。早くファイナルのコンチェルトがUPされないかなあ。たまたま「盗み撮り」のトリフォノフのショパコンを見たのだが(すぐ消されそう)、こんなガタガタのコンディションの悪い映像でもピアノの素晴らしさ、イスラエル・フィルの抜群のうまさはわかってしまう。たかがコンクールで・・・何て思ってたけど、コンクールでこんな豪華な伴奏、ファイナリストも弾いてて気分がいいだろう。

イスラエル・フィル、次回来日の時は行ってみようかなと思った。曲によるけど。

で。こないだのルービンシュタイン・コンクールで我が国のファイナリストが弾いてるのを見て、曲の素晴らしさに感銘を受けて、コンクール終了後にすぐさま渋谷に向かったブラ2。

が。

古今東西、ピアノ協奏曲の代表的な名曲の一つである。おっそろしい数のCDが並んでた。50枚くらいあったかな。

こりゃ選べない。何も考えてなかった。

過去記事で書いた、ワルシャワ・フィルとの共演のはHMVで「入手困難」であるようで、塔にもない。世界遺産的なこの大名演が入手できんとはなんといかがわしい・・・じゃなくて嘆かわしいことだ。ま、ラジオででも聴けてラッキーだったのかな。で、「イスラエル・フィルが気に入ったのならイスラエル・フィルのにすればいいじゃない」と思ったものの、今度はピアニストがあんまり知らない人だ。名前くらいは聞いたことあっかなくらい。

ルービンシュタインに敬意を持ってルービンシュタイン盤にしようと持ったら、4種類くらい?ある。物凄い古いナクソス盤はおいといて(爆演指揮者コーツの激しい指揮には興味があるものの)、はてどれがいいのやら。やっぱり若い頃のがいいかな、でも・・・モノラルだし。困ったなあ。

(普段、珍曲ばかり聴いてるから選択肢がないので楽だった。あるのを買えばいいんだもんな。見つけたらラッキーくらいな感じ)

いっそ一般的な決定盤的なのが一番いいのがいいかなと思い、ギレリス=ヨッフム盤を手に取った。

しかし。

私は過去、ヨッフム指揮の「カルミナ」を「決定盤」ときいて買いに行ったものの、意外とよくなくて困った経験があり、またあの思いをするのかと思ったら、避けたくなった。ヨッフムが嫌いなわけじゃないんだけど。

バックハウス&ベームもよさそう。よく知らんがカーゾンという人のも気になる。ケンペ指揮のも・・・ううう。

小一時間悩んで(←悩み過ぎ)、めんどうくさくなってルービンシュタインのミュンシュが伴奏したのにした。モノラルだったけど。

家にかえって聴いたら、本当に素晴らしかった。音はオケを堪能できるほどはよくないけど、ミュンシュの指揮は素晴らしいし、ルービンシュタインもスケールが大きくてすごくいい。これはよいチョイスだったと思う。聴ける限り毎日聴いてる。カップリングがグリーグの協奏曲なのがちょっと失敗したが(有名すぎてな)。こっちはイントロだけで気分が萎えてしまい一回も全部聴いてない。

次はオケの音を堪能できる新しい録音のがいいな。イスラエル・フィルかな。本当は演奏会で聴くのが一番いいんだけど・・・何か近々サントリーでやるようだけど(他の曲もオルウィンとかやるんだよね)、日にち的に無理そうな感じ。どうだろう・・・行きたいよう。

|

« モントリオール ファイナリスト | トップページ | モントリオール国際ピアノコンクール 結果 »

コメント

お久しぶりです。ブラームスを聴いているとは趣旨替えかっ!!とびっくりしましたよ。
そういう僕も6種しかないコレクション(しかもウィーンとベルリン、あとはフェルツマンだけ)ですから大きなことは言えないが・・・。
ところでヨッフム、ギレリスに触発されたのか、まるで別人です。大スケールで古き良きベルリン・フィルの響きも堪能。今度は是非お聴きになってください。

投稿: IANIS | 2011年6月 2日 (木曜日) 02時23分

はじめまして。いつも非常に楽しく読ませていただいております。ブラ2は素晴らしい曲ですね。でも、意外と自分にとってこれが最高という名盤が思い浮かばない。ブラームスのピアノ独奏曲なら僕はケンプとレーゼルが大好きですが、両者ともブラ2の録音は見当たりません。結局定評あるバックハウス&ベームが僕にとって第1チョイスです。この曲はオーケストラの活躍も大きいのでウィ-ン・フィルやボストン響が良い音で鳴っていると気持いいですね。

投稿: toutelanuit | 2011年6月 2日 (木曜日) 09時38分

>>IANISさん

いやあ、ブラームスは苦手ですがたまにすごくいいなあと思う曲もあるんですよ。まあ全体の5%くらいですけど(すくなっ)。ドッペルはもちろん好きです。ギレリスって今まであまり縁のないピアニストなので、どんななのかなあと思ってちょっと今回敬遠してしまいました。ベルリン・フィルねえ・・・。シンフォニックなコンチェルトを期待できそうですね。

投稿: naoping | 2011年6月 2日 (木曜日) 22時05分

>>toutelanuitさん

はじめまして。いつも読んで頂いてありがとうございます。
ブラ2コンチェルトには本当に沢山の名盤があり(とは言え大部分のものは聴いたことはないんですが)、さすがは音楽史に残る名曲なんだなあと思いました。自分はベルリン・フィルよりウィーン・フィルが好きなので(とはいうものの生でBPO聴いたことないんですが)、どうしてもベーム盤に惹かれてしまいます。でも・・・ボストン響もなかなかいいですね。何しろオケにソロ的部分が多いので、上手いオケじゃないとこの曲は聴きたくない感じです。

投稿: naoping | 2011年6月 2日 (木曜日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/40226208

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/ピアノ協奏曲第2番 ルービンシュタイン&ミュンシュ:

« モントリオール ファイナリスト | トップページ | モントリオール国際ピアノコンクール 結果 »