« チャイコフスキー国際コンクール(声楽)第3次 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール 結果発表 »

2011年6月30日 (木曜日)

チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次四日目

東京は昨日今日と恐ろしく暑いけれど、画面で見るとロシアも結構暑いみたいだね。熱気っていうのと、また違う気がする。冷房ねえの?

ダニイル・トリフォノフ(ロシア)
ショパン:ピアノ協奏曲第1番

リハーサルの状況を見ていて、トリ君の思想の半分も理解されぬまま終わってしまうのでは、と危惧していたのだが、全然杞憂だった。結果的にはどんどん進化するトリ君を聴くことができた。こないだのルビンシュタインのときのショパンはオケもピアノも最高によかったけれど、今回は何と言うかロシアのショパンみたいな感じ(いい意味で)。ゆったりとしたオケが(リハの最初は鈍重な感じだったが)、ロシアの雄大さを思わせる。まるでチャイコフスキーみたい。そんなオケの上で、トリ君のピアノはガラス細工のように細やかで美しい。なんて幸せなコラボレーション。チャイコフスキーも「な、なんでショパン???」とか思ったかもしんないけど、きっと納得しているに違いない
。ジジイ、本当はできるじゃないか。ほっとしたよ。今日はよく眠れそうだ。

ソン・ヨルム(韓国)
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

なるべく公正な耳で彼女の演奏を聴いてみようと思うのだ。赤いドレスが可愛いねえソンちゃん。冒頭から親の敵みたいにピアノをぶったたく。ヤマハが悲鳴を上げてるよ。もっと優しくしてよソンちゃん。ピアノは楽器なんだからね。これ、チャイコフスキーだよね。ピアノ素人のあたしでさえ「うああああ」って声をあげちゃうレベル。ソンちゃんはピアノの練習ばっかりしてないで昨日の声楽の部のバービーちゃんの血の通った歌唱を聴いてくればいいと思うの。同じ韓国人だってこれだけの歌心があるんだから。ソンちゃんがもし優勝したら、あたしはもうチャイコフスキーコンクールを信じない。でも。こーゆーのが好きな人もいんのかな。ヘッドフォンで聴いてたら頭が痛くなってきた(マジで)。でも・・・早送りしないでちゃんと聴いたぞ! バシン!!バン!!ドカン!!終わった!!花を貰ったり、サインをしたり。人気者だな。優勝決まったな。おめでとう!!(←え)

----

昨日。声楽の部のファイナルをやったのはマリインスキー劇場じゃなくてマリインスキー・コンサートホールですって。違うのね。

|

« チャイコフスキー国際コンクール(声楽)第3次 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール 結果発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/40618203

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ) 第3次四日目:

« チャイコフスキー国際コンクール(声楽)第3次 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール 結果発表 »