« ルービンシュタイン 第2次 通過者 | トップページ | 検索ワード・フレーズにお返事してみる。 »

2011年5月21日 (土曜日)

ルービンシュタイン・コンクール ファイナル室内楽2日目

昨日の室内楽1日目は仕事で11時半帰宅のため全く聴けず。今日、アーカイブで福間さんのシューマンを聴いた。とてもよかった(この曲が好きだから?)。福間さんという人は外国の人がこの震災による報道等で見た、典型的な「佳き日本人」の姿を表しているような気がする。真面目で実直、時間や順番は絶対に守る、派手さはないが穏やかで協調性もありそうな(←私の勝手な想像だが)。

さて、ファイナルに残った6人は自国枠、ヘンタイ枠、似非ラーンキ枠、震災枠等々と様々である。曲はブラームスかシューマン(やめブラ!)とドヴォルザークの人が一人。私はピアノのコンクールで何故室内楽をするのかよくわからない(ソロかコンチェルトのほうが個性は出るんじゃないかと)んだけど、審査あまり関係なく演奏を楽しもうと思う。

ところで、この四重奏団はうまいのか?

Ilya RASHKOVSKIY
Russia
Brahms Piano Quintet in F minor, op. 34

ブラームスの5重奏曲自体、よく理解してないので・・・。いいんでねえの。

Eric ZUBER
USA
Brahms Piano Quintet in F minor, op. 34

ズーバーて日本の英会話教室の外人先生みたい。イーオンとか。
さっきの人より観客の反応はものすごくいいな。大ブラヴォー。本人も大満足の出来と見た。

Daniil TRIFONOV
Russia
Schumann Piano Quintet in E-flat major, op. 44

室内楽をするトリフォノフを初めて見た。もったいない、彼はソロがいいな。他の人が混じるとヘンタイが薄れてしまう。同じ編成でもっとヘンタイ曲があればいいのに。しかしあとのほうの楽章はトリフォノフの美音になってたかな。さっきより大ブラヴォーだな。

|

« ルービンシュタイン 第2次 通過者 | トップページ | 検索ワード・フレーズにお返事してみる。 »

コメント

こんばんは。五重奏あっという間でしたね。
ヴァイオリンのおネェさんが舞台袖で
「また絶対一緒に弾きましょうheart04
などと言ってましたな。
すごくアンサンブル向きかというと??ですが、
今日の弦楽奏者たちはとても弾き易そうに弾いてたと思いますよ。
まあ、確かに、もう少しヘンタイ曲希望!ですけどね。
ストラヴィンスキーの七重奏、ショスタコのトリオ
なんて、どうなんだろう?聴いたことないけど(笑)。

投稿: よこよこ | 2011年5月21日 (土曜日) 22時46分

>>よこよこさん

こんばんは。また一緒に弾きましょう、なんて言ってたんですか・・・(インタビューあんまり見てなかったんですが)。私シューマンの曲好きなのに、これはなんかあまり面白くなかったです。とくに今日は2次で弾いたスクリャービンをアーカイブで見たので(切れ切れながら)、やっぱりトリ君はこういうんでないとなあと思ってしまいました。ことに4分め前後のヘンタイ顔は何かイケナイ物を見ているようでとてもよかったです。トリ君にはショパン集とかじゃなくスクリャービン&プロコフィエフ・ソナタ集とか録音して欲しいです。

投稿: naoping | 2011年5月22日 (日曜日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/40075380

この記事へのトラックバック一覧です: ルービンシュタイン・コンクール ファイナル室内楽2日目:

« ルービンシュタイン 第2次 通過者 | トップページ | 検索ワード・フレーズにお返事してみる。 »