« 青ざめた節電女 | トップページ | ルービンシュタイン・コンクール その2 »

2011年5月11日 (水曜日)

ルービンシュタイン・コンクール その1

ライブ配信
http://arims.org.il/competition2011/pages/english/competition_live.php

ということで。
よくわからないまま、イスラエルにて開催のルービンシュタインコンを視聴。
ピアノ・コンペ視聴はは3回目になり、ずいぶん知ってる顔も増えてきた。今回優勝候補?のトリフォノフはもちろん、ショパコンで活躍のティスマンやギルバート(ちょっと阪神城島似)も出る。昨年パデコン優勝のクンツはパデレフスキを弾くようだ。

最初全く画面が見えなくて、悪戦苦闘。いろいろいじってるうちにちゃんと見えるようになった。昨年より3~4つほどコンクールの中継を見てきたが、全く画面が動かないのとかパラパラマンガみたいなのが多い中で、今回は音質・画質ともにかなりよい。画面が止まることがないので非常に見やすい。カメラもたった一つというわけでもなく、まるで刑務所の監視カメラの前で弾いてるみたいな殺風景な感じ(どのコンクールだか忘れたがそういうのもあった)はない。お客さんのノリもよく(ブラヴォー頻発)、見ていてもとても楽しいコンペティションのようだ。まだちょっとしか見てないが。

Sasha GRYNYUK  Ukraine

途中まで配信の調子が悪く、ベートーヴェンの途中くらいから視聴。
なかなかジャズィな音楽の最後の曲は(グルダの曲かな?)かっこよくて盛り上がってた。盛大にブラヴォー。アレレ、最初からレベル高いぞ。

Boris GILTBURG  Israel

自国の出場者というわけか。 なんかうまいな。ベートーヴェンのソナタ素敵。普通に二人とも楽しめた。二人ともなだぎ武のような顔だ。

Dinara KLINTON  Ukraine

またウクライナ人。女性。写真では大変美しいが・・・誰? 女だてらにプロコフィエフ(←性差別?)。腕っ節が太い。緊張感が画面から伝わってしまう。弾き方が堅い。前の二人があまりに余裕ぶっこいてたからか? 弾き終わって最後にホッとした顔。

11時過ぎと眠い時間になったのでこのへんで。

|

« 青ざめた節電女 | トップページ | ルービンシュタイン・コンクール その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/39953933

この記事へのトラックバック一覧です: ルービンシュタイン・コンクール その1:

« 青ざめた節電女 | トップページ | ルービンシュタイン・コンクール その2 »