« パデレフスキコンクール 優勝者はやっぱりロシア人 | トップページ | ポーランドラジオで色々と聞く。 »

2010年11月21日 (日曜日)

語るほどでもない話3

最近、少しだけイラっとしたことについて。

.

・私は以前版画をやってたのだが(今は休止中)、こないだ高校時代の友人に久しぶりにあったところ、「naopingさんまだ絵はやってるんでしょ?」と聞かれ「いや、今やめてる。不景気だからずいぶん前にやめた」と答えたところ、「え~??うそーーー!!もったいないよーーー!!」とか叫ぶので「だって、どうやって食ってくの?絵なんて今時買う人いないよ~、それに制作にいくらかかると思ってるの?」と答えた。そしたら「え~~??私買うのに~~~~!!」などと叫んだ。

彼女、一度も展覧会に来たこともなければ、私の絵を見たこともない。どんな絵をやってたかも知らない。年賀状もやりとりしてない。何か「絵を描いてる友人がいるのってステイタス」とか「ハイソサエティ」とか勘違いしてる主婦にしか見えなかった。

まあ、普段付き合ってる友人にはこういうのはいないけんどもね。

--

・先日。音楽好きの友人らと飲んでいたのであるが、モーツァルト好きの人にちょっと話題を振ろうとして「あ、私こないだ『魔笛』を見に行ったんだぁ、二期会の。ウルトラ怪獣とか出てきて・・・」と口を開いたとたん、「あ!! 僕は『魔笛』だけは大っきらいなんで。あれって宗教入ってるでしょ、あれだけは聴かないことにしてる・・・。」

あ・・・。話の腰を折られちゃった。見事に。ポキポキっ。あたしの心も折れた。

あたしはその日から、もう金輪際モーツァルトは「魔笛」以外観に行かないって心に決めたのさっ。

P1110567
葉書送ってきてくれたけど、ごめん二期会。

--

・イラっとしたわけではないけど、最近ポリーニの演奏会で大惨事があったとか。遭遇されたここの読者の方、ご愁傷様でした。(この話を知ってあたしは反省した。隣でペットボトルの茶を飲もうと、スコアをペラペラめくろうと、これに比べたらまあ・・・怒らないで我慢しなきゃと思った次第。)

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« パデレフスキコンクール 優勝者はやっぱりロシア人 | トップページ | ポーランドラジオで色々と聞く。 »

コメント

こんばんは、またまた来週は、大津に宿泊します。
「絵をかいたーい!」とか軽く言う人は、ホームセンターなどで安価に売っている油絵を想定しているのでしょう。それか、買う気がないからこそ軽く口に出せるのです。買うって言うんだったら、10万円単位で考えていただかないと。

その二期会のハガキ、ウチには来ていません。とんと行ってないから。モーツァルト好きですが、劇場で見るのは、そりゃワーグナーやシュトラウスの方が圧倒的に満足します。よっぽどのことがなければ、魔笛もフィガロも行かないと決心しています。たいていつまんない。

投稿: にけ | 2010年11月22日 (月曜日) 19時28分

ポリーニのリサイタルのアクシデント、モロ見える場所ににいました。驚きましたが、ポリーニの演奏はこのアクシデントがあってから、冷静になったみたいでかえって彼には幸いしたと思いました(人はどういうかは知らないが、フーガの演奏、前半はアッチェレランドしちゃってて、フーガーの線、構造が無残なものだった)。
それにもまして、ホール・スタッフの方々の適切な対応には目を瞠らされた一件でした。
なお、モーツァルトに関しては、やっぱり天才の書いたすげーオペラだということですね。ダ・ポンテ三部作、あれはずばぬけてます。ただし、演奏と演出がよくなければへたることだけは保証します。ヴェルディやワーグナー、シュトラウスはある程度ごまかせても、モーツァルトにごまかしは利かない。よくピアノでも言われますが、それはそのままオペラにもいえます。
決して「魔笛」以外観にいかないと仰いませぬように・・・。

投稿: IANIS | 2010年11月23日 (火曜日) 01時57分

>>にけさん
こんにちは。コメントお待ちしていました(画家関係話題として)。
多分私の友人は絵を家に飾って、ママ友なり何なりを招待して「この絵、私の高校のクラスメートが描いたのよ~」「まあ、画家の友達がいるなんてステキ~」などと言われるのを一瞬夢見たんでしょうね。なら、活動してるときに買ってほしかったと思うんですけど。版画は現役作家で今いくらなんだろう。私が売ってたときはせいぜい一枚2~3万くらいでした。

モツのオペラ「魔笛」しか行ったことないんですが、フィガロも一番いいもの(ポップやプライが歌い、ベームが指揮したりしてる)を生で観たら感動するかなあと思うんですが・・・みんな天国ですから。来日オペラでも歌手が小粒で今はなかなか惹かれるものが・・・。

晩秋の京都いいですね。紅葉も見事かと。こないだ泊まった京都ハートンにまた泊まりたいです。


投稿: naoping | 2010年11月23日 (火曜日) 11時34分

>>IANISさん
あー、IANISさんが遭遇してらしたとは。
実はピアノのコンサートに行ってみたいなと思い、ネットで色々評判を見てたところそういった事があったと知りまして。しかしかえって冷静に・・・というのは凄いですね。アクシデントといえば、今回のショパコンで演奏中に停電になったりしましたけど(たしか優勝者の演奏中)。やっぱり一流演奏家ってそういう強心臓とか図太さも必要なのかも。さすがポリーニ。

モーツァルトは確かにピアニストさんは一番弾くの難しいって聞きますね。
モーツァルトのオペラは(書きましたけど)よっぽどの上演じゃないと観に行く気が起こりません。観に行くのもお金がかかりますし。とは言え、こないだの「魔笛」では「何かちょっとモーツァルトいいかも。他のも観てみようかな」って気に暫くなっていたのは事実で・・・(はあ)。

投稿: naoping | 2010年11月23日 (火曜日) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37772404

この記事へのトラックバック一覧です: 語るほどでもない話3:

« パデレフスキコンクール 優勝者はやっぱりロシア人 | トップページ | ポーランドラジオで色々と聞く。 »