« ショパンの幻想ポロネーズについて語る。 | トップページ | ポゴレリチの「葬送」を聴きながら、悲しみについて語る。 »

2010年11月 8日 (月曜日)

関西風お好み焼きの定義とは。

音楽の記事を更新するのが難しくなってきた。何と言っても最近はショパン以外ほとんど聴いてないからである(今これ書いてる時もそうだし。いまだにショパコンのプレイバックしてるし)。ここの恒常的な読者さんは「ショパンなんて、ケッ もううんざり」とか思ってらっしゃる方がほとんどだと思う。

私だってそんな風に思っていた時期がありました。ショパンなんかより、ショパン猪狩さんのほうがよっぽど面白いと。レッドスネイクカモォ~~~ン!!



Images_3



ということで、たまには食べ物の記事など。

.

私はお好み焼きが好きである。嫌いな人はあんまり見たことはないけど。

ウチから徒歩圏内で行ける「まいど」というお好み焼き屋さんは大のお気に入りである。なかなか美味しいし何しろ安い。たまーに凄く値段の張るお好み屋さんにうっかり入ってしまい、「いつからお好み焼きはブルジョワジーの食べ物になったんじゃい~~~」と怒りに震える時もあるが、「まいど」はそんな心配はない。安心してお腹いっぱい食べれる。

しかし。

「まいど」はその名の通り「関西風」のお好み焼き屋である(たぶん)。私はこの「関西風」という定義がいまいちわからない。関東風との違いはなんだろう。Wikipediaを見てもいまいちわからない。

広島風ならわかるんだわ、作り方が独特だから。アレは私も作れるし。

関西風も関東風も具と生地をごちゃごちゃまぜて鉄板に載せて焼く、というのには変わらないのではないだろうか。

何でこんなことを悩んでいるのかというと。

先日、友人の友人である性転換した女の子と飲んでいたのであるが(このさい性転換は全く関係ないのだが・・・)、彼女は関西の出身であり「どこか美味しい関西風お好み焼き屋は知りません?今度連れて行って!!」と言われ、「まいど」しか思いつかず。

昨日、別の友人(←生まれてからずっと女だ)と改めて「まいど」で飲んでいたのである・・・色々考えながら。で、よく考えてみるとここの店主は確かに関西人のような感じだが(単に阪神タイガースファンなだけってわけでもなさそうだし)、実は料理を黙々とこさえているのは大阪のオバチャンでもなんでもなく、いかにも鉄板が似合わない、おとなしそうなチャーミングな女性である。たまに聞く言語からしておそらく韓国か中国の方かと。多分、店主の人の奥様なんだと思う。でも、彼女の作るお好み焼きや鉄板焼きは丁寧に作られていてとても美しく、美味しい。(大体友人としゃべるのに夢中で焼いているところなどじっくり見たことないのだけれど)

私の思う「関西風のお好み焼き」の定義は、「美しく円を描き、へらで回りを整えてあってほぼ欠けるところはない。そしてマヨネーズを波のように美しく表面に絞り出してある。」である。

Pa0_0522_2以前、奈良に旅行に行った時に、たまたま入ったお好み焼き屋はとても美味しかったんだけど、一番おどろいたのは客の前で仕上げに給食用?のキューピーマヨネーズの袋のはしっこをちびっとだけ切って、お好み焼きの表面に波のように「ピャーピャー」と絞り出した時である。

それ以来、自分の中での「関西風」は以上のような定義になっている。

しかし。心配である。もしも前記のお友達を連れて行って「違う!!コレ関西風やないわ!!」とか言われたら。彼女凄いグルメな感じなもので。ああ、自信がない・・・。

というわけで、誰か私に正しい「関西風お好み焼き」を教えてくれないだろうか・・・。

----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ショパンの幻想ポロネーズについて語る。 | トップページ | ポゴレリチの「葬送」を聴きながら、悲しみについて語る。 »

コメント

こんばんは。

ピアノ音楽は結構聴くのですが、ショパンやリストは食わず嫌い?なのかあまり聴いてないんです。

とはいえ、ショパンのピアノソナタ第2番と第3番は好きで良く聴きます(リストのロ短調も)。

ショパンでこれだけは聴いとけ見たいのはありますでしょうか?

(作品が多すぎてイメージがつかめないのかも・・・とはいえブラームスのピアノ曲は平気で全曲聴きますが)

投稿: 蜜 | 2010年11月 8日 (月曜日) 21時52分

>>蜜さん
こんばんは。
私もショパンはずっと食わず嫌いでここ一カ月くらいのうちに開眼した感じなんで、逆に誰かに教えてもらいたいくらいです。コンクールでよく弾かれたものはやっぱり思い入れが大きくてよく聞きます。「葬送」ソナタも最近よく聞きますが、会社でついつい第3楽章を口ずさみながら仕事をしてしまうのは自分でもヤバイかなあと思います。

とりあえず、過去の入賞者のショパコンでの演奏を集めた5枚組を買いまして(安いし)、アルゲリッチやポゴレリチの若い頃の演奏に驚いたり感激したりしております。

投稿: naoping | 2010年11月 8日 (月曜日) 22時13分

 こんばんは、コテコテの大阪生まれの大阪育ちですが、お好み焼きの
関東風と関西風の違いの分からない、「オペラの夜」です。
あれはこちらでは、家で作って食うもんなんですよね…。

投稿: Pilgrim | 2010年11月11日 (木曜日) 22時04分

>>Pilgrimさん
いらっしゃいませ。そうそう、関西の方でしたね。
大阪の方がわからないのなら、私は余計わからない・・・(泣)。
そういえば、関西の方がお好み焼きをおかずに御飯を食べるというのは不思議です。

投稿: naoping | 2010年11月13日 (土曜日) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37585098

この記事へのトラックバック一覧です: 関西風お好み焼きの定義とは。:

« ショパンの幻想ポロネーズについて語る。 | トップページ | ポゴレリチの「葬送」を聴きながら、悲しみについて語る。 »