« 上岡敏之/ヴッパータール交響楽団/ワーグナー・プロ | トップページ | ショパン・コンクール・・・微妙。 »

2010年10月19日 (火曜日)

ショパン・コンクール 本選1日目

ああ・・・長い道のりであった。こんなにショパンたくさん聴いたの初めてだわ。もうね、ずいぶん知らない曲あったわ。無関心だったショパンが今では好きになってしまった。とくにポロネーズの5番は知らんかったがあれはめちゃかっこいいね(とくに左手が死ぬほどいい)。ホロヴィッツので聴きたい。

10時に寝て、1時に目ざましかけて本選コンチェルト聴く。うう眠いい。

本選となると、今までとは雰囲気がまるで違う(テレビ画面も心なしか豪華。実況スタジオ席にはクッキーが・・・うまそう)。前奏なげえ。予選まで余裕しゃくしゃくな顔だったクルティシェフの顔がやつれている・・・。目の下にクマが。演奏は平板に終わった気が。オケの音にピアノソロが埋まっててよくわからん。緊張したのかなあ。ソロ演奏ではあんなに素敵だったのになあ。トップバッターってかわいそう。

しかし、私の応援している(単に2次予選生中継でたまたま聴いてよかったのでそこらへんのチラシのウラにメモってただけなんだが)クルティシェフとトリフォノフが1番目と2番目なのね(演奏順)。優勝候補はラストに弾く人だよなあ(そんなことないのか?)。

演奏前、トリフォノフもなんか緊張してる~~~~。「わてにはプレッシャーなんてありまへん」みたいなトリフォノフが。しかし演奏が始まればいつものトリフォノフ。音が相変わらずキレイですな。今度はちゃんとピアノが歌ってるよ。ちゃんと自分の世界を作ってる。そして弾く表情が相変わらずキモイ(そこがいいのだが)。是非来日してほしい。

ブラヴォーよかったトリフォノフ。今日は寝ます。

10月18日
(日本時間19日午前1時)
18.00  -  Miroslav Kultyshev (ロシア)
協奏曲第1番、ピアノ:スタインウェイ

18.50  -  Daniil Trifonov(ロシア)
協奏曲第1番、ピアノ:ファツィオリ

20.00  - Paweł Wakarecy(ポーランド)
協奏曲第2番、ピアノ:スタインウェイ

20.50  -  Evgeni Bozhanov(ブルガリア)
協奏曲第1番、ピアノ:ヤマハ

ポーランドラジオ第2(生中継)はこちらから。
http://www.polskieradio.pl/Player/Stacja/2,Dwojka

映像の生中継はここで。
http://konkurs.chopin.pl/pl/edition/xvi/online/broadcasting

今までの演奏をノンストップで聴ける。お休み時間にどうぞ。
http://moje26.polskieradio.pl/StationDetails.aspx?id=12

ビデオ・アーカイブ。見逃した方どうぞ。
http://konkurs.chopin.pl/en/edition/xvi/video/archive

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 上岡敏之/ヴッパータール交響楽団/ワーグナー・プロ | トップページ | ショパン・コンクール・・・微妙。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37295964

この記事へのトラックバック一覧です: ショパン・コンクール 本選1日目:

« 上岡敏之/ヴッパータール交響楽団/ワーグナー・プロ | トップページ | ショパン・コンクール・・・微妙。 »