« ショパン・コンクール 2nd stage 5日目 | トップページ | ショパン・コンクール2nd 通過者 »

2010年10月13日 (水曜日)

大津祭その1

「トリスタン」の前に、その日に行われた大きなお祭り、大津祭を見物。両親に見せようと思い撮った写真をみんなにもお見せしようと思います。(たぶん期間限定)

P1110485新幹線京都駅からJR膳所駅へ。何と読むかお分かりかしら?

「ぜぜ」駅と読む。これは普通読めないねえ。あたしは下調べばっちりだったから知ってたけどね。なんかダダイズムに溢れたいい響きだと思いませんか?

JR膳所駅から京阪膳所駅へ乗り換え。ここの乗り継ぎは結構目の前なので心配はない。
実は滋賀旅行が決まってからネットで見ていて、ずっと京阪電車に乗ってみたかった。なんともローカルな魅力に溢れた感じがしたもんでな。駅の雰囲気もなかなかいい感じだった。

P1110486_2 京阪石山坂本線(「いしやまさかほんせん」ではなく、いしやまさかもとせん)。大津祭のマスコット「ちま吉」のラッピング電車である。駅の反対車線のほうに来たのをパチリ。あたしは普通の電車に乗った。普通のほうがちょっとレトロで風情があるぜ。

ところで、このゆるキャラ「ちま吉」の着ぐるみは滞在中に一度も出っくわさなかった。 残念だな。しかしゆるキャラ的に可愛いのかどうか少し微妙・・・。

そうそう何かに似てるなあと思ったら、遠い昔に流行った「ウーパールーパー」だ。ちま吉には色々と仲間や家族がたくさんいるみたい。

Pa0_0515目的地「浜大津」駅へ。私が時間的に「大津祭」の山車(だし)を見られるのはここがぴったりだったので。もうね、前勉強はばっちりだから。

京阪電車は線路だけじゃなく、市電みたいに普通に道路を走ったりする。どうもマニアにはたまらない電車らしく、みんなこの←ショットをわらわらと撮影してた。「そんなに珍しいんかい」とか思い、みんなに混じって撮影。

なんとな~く人の流れを見て「お祭りはこのへんを通るのかな」みたいな感じでテキトーに場所取り。意外とここらへんは穴場のようで、さほど・・・大きな祭りにしては人の集まりは少ない。例えば、渋谷のスクランブル交差点なんかに慣れていれば、「ちょっと通りに人いるかな」くらいの感じである。

と思ったら、やや騒がしくなってくる。袴をきたオジサンとかがうやうやしく(いや、結構普通に)現れた。祭りっぽくなってきた。お天気が良すぎて眩しくてあんまりカメラをうまく使えない。画面が見えないくらい。

  P1110492_4 

いろんな山車がたくさんきたきた。乗ってる人は楽器を鳴らしながら、山車は男の人たちに引っ張られてくる。全部で13種類あるそうだ。きらきらしてキレイなのもあれば、ちょっと古めかしいくすんだ色合いのもある。

P1110491_3何でも、一つ一つの山車(曳山っていうんだが)には中国の故事とか能や狂言から採られたという「からくり」が仕込まれている(らしい)。からくりが動くのはどこでもってわけではなくて「所望」と言われるある一定の場所でしか見れない。

←天井の絵もとってもキレイですね。鳳凰の絵かな?お囃子の子供たちがとってもキュート。
.

P1110489_3 外人さんも頑張ってるねえ。この曳山には沢山外人さんが参加してたよ。

.

.

.

.

.

.

.

.

P1110510
曳山を方向転換させているところ。掛け声をかけながら、とっても大変そうだ。
.

.

.

.





P1110504_3 曳山を後ろから見たところ。このキレイな飾り物は「見返り」というんだっけかな。色んなのがあってここだけ見てもなかなか面白い。こんなキレイな色彩のもあれば・・・お経?みたいなのが書いてあるだけの地味~~なのもあって面白い。


P1110524_2

.

.

.

.
.

.

.

その2に続く(たぶん)。

.

|

« ショパン・コンクール 2nd stage 5日目 | トップページ | ショパン・コンクール2nd 通過者 »

コメント

浜大津ですか。
確か、京都から比叡山に登って、琵琶湖側に下りてきて、これに乗った記憶があります。浜大津あたりでは、路面電車風になり、道路の真ん中みたいな所で、京都行きに乗り換えました。これは珍しい電車でしょ。
最近見たのでは、松江、岡山、広島、長崎、松山にも、こんな感じの電車、ありました。

秋の京都のホテルが取れないときは、大津から通うのがいちばんか2ばん。
あっ「こびと」見たときも、泊まりました。

投稿: にけ | 2010年10月13日 (水曜日) 23時36分

ハレらしい華やかな色彩ですね~。
その2に大いに期待です!

投稿: TM | 2010年10月14日 (木曜日) 09時45分

>>にけさん
そう、石山坂本線は途中から路面電車になるわけですが、私が降りたとこからそうなるので、残念ながらその気分が味わえませんでした。京阪膳所から浜大津しか乗ってないので・・・もっと乗りたかったです。大津っていいとこですね。来年の大津祭もチャレンジしたいです・・・まあオペラでもない限りわざわざ行かないとは思いますけど。

私は大津に用があるのに逆に京都に泊まりました。3連休なのによくホテル取れたなあと思いました。

投稿: naoping | 2010年10月14日 (木曜日) 20時44分

>>TMさん
ありがとうございます!!続きは近日公開予定です。しかし、朝の陽ざしがまぶしくて意外とあんまりうまく撮れなくて残念でした。

投稿: naoping | 2010年10月14日 (木曜日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37220390

この記事へのトラックバック一覧です: 大津祭その1:

« ショパン・コンクール 2nd stage 5日目 | トップページ | ショパン・コンクール2nd 通過者 »