« ショパン・コンクール入賞者コンサート | トップページ | スクリャービン/ピアノ協奏曲 ノイハウス&ゴロヴァノフ »

2010年10月23日 (土曜日)

大津旅行で食べたもの。

もうすっかりショパンに夢中でいつの間にかNHK杯も始まってしまったんだけど(昨日からはそっちに夢中だ)、今頃だがこないだのトリスタン旅行で食べたものの写真が残ってるので、UPしたいと思う。

P1110483
行きの新幹線の中で食べた、「東京」弁当。東京タワーのパッケージ。スカイツリーに代わるのかな、いつか。
P1110484
こういうお弁当に入ってる筑前煮みたいなのが大好き。かぼちゃ美味しかったです。ご飯は深川めし。何故かあなごのお寿司も一個ついてる。東京の駅弁って(歌舞伎座の弁当とともに)ホントに美味しいと思う。幸せを感じる。
...

P1110538_2 
びわ湖ホールの横のなぎさのカフェ?で食べたマクロビオティック・ランチ。お味噌汁もついて1300円くらい。とっても大きなお皿に体によさそうな惣菜がたくさんのってる・・・・まあまあ美味しい。でも、本当は私、別の店でステーキランチ千円を頂く予定だったんですが。普通にお店入ったら「12時からは貸し切りなのですいません・・・(出てって下さい)」って。あたしゃ東京から来たのに!

Pa0_0518結局「関西=牛」と思いつつも一度も牛肉にありつけず。「肉~!肉~!」と言いながら京都駅へ。帰りの新幹線の中で「神戸のステーキ弁当」を頂く。(実は買ってしまってから「近江牛弁当」というのを見つけて「そっちにすればよかった」と激しく後悔)

Pa0_0519結構肉も分厚く、やわらかくて美味しかったす(硬くて噛み切れないってブログもあったんだけど、あたしはさほど歯は丈夫じゃないのにちゃんと噛み切れました)。勿論冷めてるけどまあまあ美味しい。ビール500mlとともに頂く。つか飲みすぎ。

-----

(話は前後するが)トリスタン終わって京都で一泊したときは、食にありつけず駅で「柿の葉寿司」を購入。実は大好物。美味しい。写真はなし。「日曜美術館」とN響アワーを見ながらビールとともにウマウマと食べる。なんて文化的。有料テレビなんか勿論見ない。

一晩明けて、ホテルを出る。朝食なしの素泊まりなので近隣のカフェで朝食を頂こうと思う。

泊まった「ハートンホテル」より徒歩10分くらい。前もって調べておいた「カフェ・エルガー」。地図もちゃんと印刷してきたからばっちりだ。京都の古風な街並み(やっぱり東京とは全然ちがうな)から一変して、突如洋風な建物が。

P1110548
店主が笑顔で迎えてくれた。ここの店主は無論エルガー好きである。しかし、「あたしはフィンジが好きなんだけど。フィンジかけて。」とかうっかり言ってしまい、カフェ・エルガーがカフェ・フィンジになっちまっただ。でもいいな、カフェ・フィンジ。あたしやろうかなカフェ・フィンジ。リンゴのメニューでいっぱいにしたいです。(そういえば、学生時代にオケの友人と「ワグネリアン酒場『バイロイト』をやろうぜ」って話してたことを思い出す。凄く濃い人が集まりそう。)
P1110543_2
カフェ・エルガーといえばスコーン。紅茶とともにウマウマと食べる。実は私カナダ行くほどのメープル・シロップ好き(まあ、わざわざメープルシロップ購入のために行ったわけでもないけど)。ピーター・ラビットのお皿が懐かしい(昔、ロンドンのウェッジウッドのアウトレットショップで友人のお土産に買ったなあ、ピーター・ラビットの食器セット。)。

P1110544
店内に飾られた写真。やっぱりデュ・プレは英国音楽好きには基本でしょ。写真撮らなかったけど、オーディオはアキュフェーズにタンノイのスピーカー(でしたよね?)と本格的。

P1110542
お店の外観。お天気が良すぎてちょっとうまく写らなかった残念。

P1110546_2
↑店主からは「これはちょっと・・・」と言われるかもしれないけど、京都らしい住所表示とカフェ・エルガーの看板のコラボのこの写真は、結構この旅行の写真の中でもお気に入りの一つ。今回の旅行の写真を(大津祭とともに)絵葉書用紙に印刷してたんだけど。どう?素敵でしょ。いい絵葉書がたくさんできました。

P1110557
----
東京に帰宅してから。
京都駅で神戸のステーキ弁当と共に購入した、「神戸名物すきやき御飯」。紐をひっぱると温かい蒸気が出て、おんもでも暖かいお弁当が食べられるという仕掛け。
P1110549
どんだけ牛肉好きなんだよ、あたし。

P1110550
調理後。非常に底上げで食べる部分は大変に少なかったものの・・・暖かくてとても美味しかった。外出先だったらさぞ天国だろうと思う。オナゴのあたしでもお腹いっぱいになるには3倍は必要だとは思うけど。駅弁って本当に素晴らしい。

.

京都駅で買ったほうじ茶のキットカット。誰かの土産にと思ったけど美味しそうだったので自分であけてしまった。ほろ苦くて美味しい。東京に売ってないの・・・。京都駅は美味そうな菓子で溢れてて土産用に結構沢山買ったんだけど・・・半分くらい自分のものにしてしまった。

P1110558

※「カフェ・エルガー」は現在閉店中だそうです。これをご覧になって「行ってみたいなあ」と思った方、または行ってしまった方すいません。私も知らなかったので(10/31追記)。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ショパン・コンクール入賞者コンサート | トップページ | スクリャービン/ピアノ協奏曲 ノイハウス&ゴロヴァノフ »

コメント

毎年2ー3回、出張で京都に行く機会あるのですけど、まだエルガーという店に言った事ないです。
http://www.cafe-elgar.com/見ても店の場所が分からないのが凄い。
でも店の名前が名前だけにオーディオもイギリス製品でそろえて欲しいところ。DCS エルガーという
有名なDAC(CDプレーヤにつなぐ機械、200万円くらいしますけど)は絶対必要でしょうね。

投稿: シロクマ雄 | 2010年10月24日 (日曜日) 00時50分

>>シロクマ雄さん
そういえば、地図って言ってもググって印刷したくらいなのでお店のHPに地図はないのですね。オーディオの件は私よくわかりません・・・。なお、カフェ・エルガーの店主はこのブログは読んでいます(知り合いなので)、念のため。

----

※カフェ・エルガーは現在休業中です。

投稿: naoping | 2010年10月24日 (日曜日) 08時20分

食い倒れの旅(<違う)楽しそうですね!
本命(=コンサート)以外にもお祭りにお食事にお土産にと盛りだくさんなご様子がとても眩しいです(笑)
とりわけ、ホテルでの「柿の葉寿司うまうまビールぐびぐび」シーンにぐっときました(笑) 私も似たような経験があります(笑) コンサート目当ての旅行はたいてい一人旅ですので。

投稿: TM | 2010年10月25日 (月曜日) 13時38分

私「柿の葉寿司」に目がありません。
関西に出張に行くと、必ずと行って良いほどこれを買います。
新幹線の中で、ビールと供に食べる至福の時。
すぐ無くなっちゃうと悲しいので、柿の葉寿司を一つ食べては他のツマミにも手を伸ばして柿の葉の延命を図る、というのが常套手段でもあります。

経費削減で、なかなか出張に行けないのが悲しい昨今です(泣)。

投稿: golf130 | 2010年10月25日 (月曜日) 20時30分

>>TMさん
「牛肉食べまくりの旅」になる予定が「駅弁食べまくりの旅」にかわってしまいました。実質たった一日半の旅行でしたが、帰ってみるとわりと盛りだくさんだったなあと思いました。
海外旅行でもスーパーで食糧&酒買ってホテルでテレビ見ながら友達と酒盛りするのが大好きです。出不精だしアクティブな旅行があんまり好きじゃないので(一都市滞在型)、ホテルにいるのが一番落ち着きます。

投稿: naoping | 2010年10月25日 (月曜日) 22時54分

>>golf130さん
そう。柿の葉寿司はウマイです。修学旅行で初めて食べたときは美味しくてびっくりしました。そもそもバッテラが好きなんですけども。鱒ずしももちろん大好き。
今回の旅行では京都駅の柿の葉ずしヤマトさんで何種類かヴァリエーションがあって狂喜しました・・・が、どれも売り切れてて結局サバばっかりのになってしまいがっかり。でも美味しいですよね、あんまり堅くならないし。東京でも売ってると買っちゃいます。

投稿: naoping | 2010年10月25日 (月曜日) 23時07分

遅ればせながらこんばんは。
新幹線での移動は、お弁当の楽しみですよ!
あたしのトリスタン旅行は、酔ってグタグタで、情緒ゼロ。
でもあの「なぎさカフェ」はいい感じで、一度入りたいです。
隣のイタリアン?は、前回も今回も貸切でパーティをやってましたもので、近くの商業施設の焼肉屋で甘いすき焼き丼を食べました。

ちなみに、米原駅の駅弁「湖北のおはなし」は、牛肉は入ってないのですが、湖北の名物、鴨肉が入ってて、それこそ酒の肴みたいなすんばらしい駅弁ですよ。
入れ物も包みも素敵なんです!

カフェ・エルガー行かれましたね。
わたしはようやく地図なしで行けるようになりましたが、初めての時は、別の筋を何度も行ったり来たりして迷いました。
私が行ったときは、カフェ・ワーグナーになりました(笑)
ちなみに、わたし、世紀末バーをやりたいですよ!

投稿: yokochan | 2010年10月27日 (水曜日) 23時13分

>>yokochanさん
新幹線の中の駅弁は基本ですねえ。
しかし私は結構オーソドックスなのばかり食べてしまいます。「湖北のなんちゃら」は写真見てみましたけどすごく凝ってますねえ。一回食べてみたい。しかし近江牛への夢も捨てがたいです。
カフェ・エルガー何回か行かれているのですね? 私は残念ながらこの一回で終わりになりそう・・・何しろ関西に用事がありませんので(まあどこもありませんけど)。まあ、ずっと一度も行ってないってことを気にはしてたので、行けてよかったなあと思います(ホッ)。

世紀末バーですか。何か店内に「月に憑かれたピエロ」が流れているのを想像してしまいました。

投稿: naoping | 2010年10月28日 (木曜日) 21時51分

「月に憑かれたピエロ」バー最高!!!
思わず反応してしまいました。

投稿: golf130 | 2010年10月30日 (土曜日) 00時44分

>>golf130さん
考えてみたら、バー"Pierrot Lunaire"ってなんかカッコイイですな。ウィーンの裏通りなんかにありそうです。

投稿: naoping | 2010年10月30日 (土曜日) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37360175

この記事へのトラックバック一覧です: 大津旅行で食べたもの。:

« ショパン・コンクール入賞者コンサート | トップページ | スクリャービン/ピアノ協奏曲 ノイハウス&ゴロヴァノフ »