« 新国立劇場/アラベッラ | トップページ | ショパン・コンクール3日目 »

2010年10月 4日 (月曜日)

ネットラジオでショパンコンクールを聴く(よくわからんが)

今日は二日目。昨日も少ーしだけ聴いたんだが、正直ピアノは誰がうまいんだかさっぱりだ。声楽とか指揮だったらまだしも。

だって・・・みんな上手だもん、ショパンコンクール出るくらいだもん。生中継の緊張感がひしひしと伝わってきます。
本日は片田愛理さんの幻想曲から観賞。素晴らしい演奏で(それよりも何よりもいい曲だな)、拍手喝さいブラヴォーを浴びてましたよ。(みんなそうなのか?)

残念ながら、夜中は無理なので全部は聴けません。

(二日目の出場者・曲目一覧 演奏スケジュールは現地時間)

(日本時間午後5時)
10.00 - 10.30 Shih-Wei Huang (台湾)
Etiuda a-moll op.25 nr 11
Etiuda e-moll op.25 nr 5
Nokturn c-moll op.48 nr 1
Ballada g-moll op.23

10.30 - 11.00 Hélène Tysman (フランス)
Etiuda C-dur op.10 nr 1
Etiuda a-moll op.10 nr 2
Nokturn H-dur op.9 nr 3
Ballada g-moll op.23godz.

11.00 - 11.30 Anna Fedorova (ウクライナ)
Etiuda A-minor op. 25 nr 11
Etiuda B-minor op. 25 nr 10
Nokturn B-major op. 9 nr 3
Ballada F-minor op. 52

11.30 - 12.00 Leonora Armellini (イタリア)
Etiuda cis-moll op.10 nr 4
Etiuda Es-dur op.10 nr 11
Nokturn cis-moll op.27 nr 1
Scherzo E-dur op.54

***

(日本時間午後7時30分)
12.30 - 13.00 片田愛理 (日本)
Etiuda Ges-dur op.10 nr 5
Etiuda gis-moll op.25 nr 6
Etiuda cis-moll op.25 nr 7
Fantazja f-moll op.49

13.00 - 13.30 Aljoša Jurinić (クロアチア)
Etiuda F-dur op.10 nr 8
Etiuda gis-moll op.25 nr 6
Nokturn cis-moll op.27 nr 1
Ballada g-moll op.23

13.30 - 14.00 Fei-Fei Dongh (中国)
Etiuda C-dur op.10 nr 1
Etiuda gis-moll op.25 nr 6
Nokturn Des-dur op.27 nr 2
Scherzo E-dur op.54

14.00 - 14.30 Claire Huangci (アメリカ)
Etiuda Ges-dur op.10 nr 5
Etiuda a-moll op.10 nr 2
Nokturn Es-dur op.55 nr 2
Ballada F-dur op.38

***

(日本時間午前0時)
17.00 - 17.30 Da Sol Kim (韓国)
Etiuda cis-moll op.10 nr 4
Etiuda h-moll op.25 nr 10
Etiuda cis-moll op.25 nr 7
Ballada f-moll op.52

17.30 - 18.00 Soo Jung Ann (韓国)
Etiuda C-dur op.10 nr 1
Etiuda As-dur op.10 nr 10
Etiuda cis-moll op.25 nr 7
Scherzo E-dur op.54

18.00 - 18.30 Ching-Yun Hui (台湾)
Etiuda C-dur op.10 nr 1
Etiuda a-moll op.10 nr 2
Nokturn Es-dur op.55 nr 2
Barkarola Fis-dur op.60

18.30 - 19.00 クドウナオミ (日本・アメリカ)
Etiuda C-dur op.10 nr 1
Etiuda As-dur op.10 nr 10
Nokturn Des-dur op.27 nr 2
Scherzo cis-moll op.39

***

19.30 - 20.00 Nimrod David Pfeffer (イスラエル)
Etiuda cis-moll op.10 nr 4
Etiuda C-dur op.10 nr 7
Nokturn H-dur op.62 nr 1
Ballada g-moll op.23

20.00 - 20.30 須藤りな (日本)
Etiuda F-dur op.10 nr 8
Etiuda e-moll op.25 nr 5
Nokturn E-dur op.62 nr 2
Scherzo cis-moll op.39

20.30 - 21.00 Paweł Wakarecy (ポーランド)
Etiuda F-dur op.10 nr 8
Etiuda a-moll op.10 nr 2
Nokturn Es-dur op.55 nr 2
Scherzo b-moll op.31

21.00 - 21.30 Yaron Kohlberg (イスラエル)
Etiuda a-moll op.25 nr 11
Etiuda e-moll op.25 nr 5
Nokturn Des-dur op.27 nr 2
Barkarola Fis-dur op.60

↓ポーランドラジオ第2はここから

http://www.polskieradio.pl/Player/Stacja/2,Dwojka

------

ちなみに(うちの翻訳ソフトが正しければ)一日目はヒョン・ミン・スー?って韓国の方が良かったようだよ。

(ポーランドラジオの記事より)
Hyung-Min Suh - objawienie

Bezkonkurencyjną gwiazdą pierwszego dnia przesłuchań Konkursu Chopinowskiego okazał się dwudziestoletni pianista z Korei.

ヒョン・ミン・スー - 黙示録
ショパンコンクールの公聴会の最初の日の比類のない星は、韓国の二十歳のピアニストであることがわかった。

|

« 新国立劇場/アラベッラ | トップページ | ショパン・コンクール3日目 »

コメント

ショパンコンクールで須藤りなさんのが、二日目の最後に放映されました。
凄い、の一言につきます。現在一流のピアニストに肩比できる素晴らしい解釈の演奏。普通、人は気づかないけれど、演奏と自分の呼吸がぴったりと合うというのはほんとに希なのですね。彼女の演奏はそうなっている。作品の意味が陰影をもって浮き彫りされる表現の天賦の才。楽譜と言うのは目の粗いざるみたいなもので、それを足がかりにして、りなさんのショパンがはっきりと立ち上っていました。観衆の反応も抜群。まもなくAngela HewittやFrancesco Libetta等と言う人たちと共に語られる様になるでしょう。

投稿: しもみせいいち | 2010年10月11日 (月曜日) 05時07分

>>しもみせいいちさん
こんばんは、コメントありがとうございます。
実は旅行してたので2日目を聴いてないのですが・・・須藤さんは素晴らしかったのですね。

実はこのブログ、出場者の中では須藤さんは2番目の検索数です(トップは片田愛理さん)。あまり私、ピアノ奏者に詳しくないのですが(すいませんあげられたピアニスト私存じ上げないのですが、チェックしてみます)、コンクールでは彼女にも注目しようと思います。

投稿: naoping | 2010年10月11日 (月曜日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37074737

この記事へのトラックバック一覧です: ネットラジオでショパンコンクールを聴く(よくわからんが):

« 新国立劇場/アラベッラ | トップページ | ショパン・コンクール3日目 »