« ショパン・コンクール 本選1日目 | トップページ | ショパン・コンクール入賞者コンサート »

2010年10月21日 (木曜日)

ショパン・コンクール・・・微妙。

ごめん、ちょっとショック隠せない。

自分の予想では一位は(勝手に・・・好みで?)ヴンダーかトリフォノフだと思ってたもんですから。
ユリアナ優勝とは。なんか釈然としない風景が現場から生中継されてきました。大きな拍手もあまりなし。裏で何があったのでしょうか?

正直、彼女の演奏はあんまり聴いてないので(アーカイヴでところどころ聴いた程度)何とも言えませんけど。

<結果>
1位 Ms Yulianna Avdeeva (Russia)
2位 Mr Ingolf Wunder (Austria)、Mr Lukas Geniusas (Russia/Lithuania)
3位 Mr Daniil Trifonov (Russia)
4位 Mr Evgeni Bozhanov (Bulgaria)
5位 Mr Francois Dumont (France)
6位 なし

ポロネーズ賞 Lukas Geniušas
マズルカ賞 Daniil Trifonov
コンチェルト賞 Ingolf Wunder
ソナタ賞 Yulianna Avdeeva
幻想ポロネーズ賞 Ingolf Wunder

-----

(帰宅してから追記)

朝は興奮しすぎてヘンなこと書いてしまった(反省)。でも、本当に会場の空気は微妙だったのですよ。大体、優勝者から発表するなんて・・・不思議じゃね?
先日NHKスペシャル(再放送)でユンディ君の時のショパン・コンクールの模様をやっていて、優勝者発表のときみんなが「うぉ~~~」みたいに叫んでその場にいたみんなが「ユンディ君おめでとう!!」みたいに祝福してて・・・。あんな瞬間を生で体感したかったんですよ。嬉しさにはじけるヴンダー君やトリフォノフ君の顔、いや本当は誰でもいいのよ。みんなで「おめでとう!ここまでよく頑張ったね!!」って言ってるみたいなのが・・・見たかったのだわ、私は。

でも・・・ポーランド・ラジオのトップ写真がこんなの。微妙すぎてびっくり。普通優勝者の満面の笑顔じゃないの?トップ写真は。ユリアナ少し困惑顔。普段書き込みの少ない視聴者投書欄も微妙な意見でちょっと賑わってる。

http://www.polskieradio.pl/8/192/Artykul/269600,Yulianna-Avdeeva-zwyciezczynia-XVI-Konkursu-Chopinowskiego

あまり優勝者のことは悪くいいたくないし・・・彼女は確かにすごく頑張った。それで十分。気にいらない演奏ならば聴きにいかなければいいだけのこと。(私は正直彼女の演奏は「うっふん、うっふん」って言いながら弾いてるようなリズムがどうも苦手・・・気のせい?)

でも、今回は沢山色々な人の演奏が聴けて本当に楽しかったし、普段あまりピアノ曲を聴かないので自分がどんな演奏が好きなのかが再確認できてよかった。私が好きなのは(多分)音楽をするのが大好きな人の演奏・・・なのかなと思った。いろんな意味で。ヴンダー君のコンチェルトは本当に聴いている人を幸せにしたし、オタッキーでマニアックな印象のトリフォノフ君の演奏も「本当にこの人はピアノが好きなんだな」と思わせて、聴いている私はとても幸せになったよ。あと、コンチェルトでは惜しかったけどクルティシェフ君のポロネーズ5番は何十回も聴いてしまった。本当にカッコよかったよ。

トリフォノフかヴンダーが来日したら(ガラでなく)、コンサート行ってみたいなあという気になった。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ


しつこいようだが・・・。

現地の反応はこんなでした↓ 「ポカ~ン?」な、優勝者発表の様子も録音で聞けます。

Największy skandal od czasów afery Pogorelicha?

(ポゴレリチ以来最大のスキャンダル?)
http://www2.polskieradio.pl/chopin/wydarzenia/artykul191619.html

なんかだんだんユリアナ可愛そうになってきた。彼女は一生懸命やっただけなのに。ポーランドでは今年は大統領の乗った飛行機が落ちたのに次ぐ大事件・・・なのかな。

|

« ショパン・コンクール 本選1日目 | トップページ | ショパン・コンクール入賞者コンサート »

コメント

ショパン国際コンクールの話題をブログにしてみました。
→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-09-18

「のだめカンタービレ」でクラシックやピアノに
はまった即席ファンですが、
10月2日から始まったコンクールを楽しみにウォッチしています。

ますますのご活躍を祈念いたします

     Holyland

投稿: Holyland | 2010年10月21日 (木曜日) 21時33分

>>Holylandさん
はじめまして。コメント&拙ブログの記事紹介ありがとうございます。凄いいろいろと調べられてて、勉強になりました。あんまり私、ショパンもコンクールも詳しくないんですけど、素人ながらなかなか楽しめました。終わっちゃうとなんだかさみしいです。5年後が待ち遠しいです。

投稿: naoping | 2010年10月21日 (木曜日) 23時24分

ショパン・コンクールをずっと聴いてきたnaopingさんの書き込みを読んでいて、ポーランド音楽を愛する想いがここまで・・・!と思ってニヤニヤでした。
優勝者がかならずしも演奏家としての才能でないことは、過去の非優勝者たちの大成ぶりが証明しております。そんなに気にする必要もないでしょう。わたしが愛するポゴレリチも落選組のひとりでした。ま、確かに奇人変人でありますが。
それと、嬰へ短調のポロネーズ、ホロヴィッツのカーネギーホール復帰リサイタルの映像を、大昔、ほぼリアルタイムで観てました。もの凄ゲー演奏でしたね。嬰へ短調に関する限り、ホロヴィッツのあの衝撃に勝るものはありません。ショパンの作品の中でも屈指の名曲(後、夜想曲ハ短調Op.48-1も)なのに、変イ長調がなんでもてはやされるのだろうといういう気持ちを持ってましたから、naopingさんの意見、嬉しかったです。
ありがとうございました。

投稿: IANIS | 2010年10月22日 (金曜日) 00時28分

>>IANISさん
まあどうも、読んで頂いてたのですねオペラだけでなくショパコンも。恒常的なポーランドラジオ第2リスナーとしてはどうしてもみんなに聴き方を教えなければ!といらぬ使命感に燃えてしまったわけですが、実際は自分が一番ハマってしまったという結果です。

ポロネーズ5番はショパンが標題をつけてくれなかったおかげで「英雄」や「軍隊」「幻想」よりもイマイチ有名じゃないのですが、負けず劣らずの名曲だと思います(ですよね~)。もったいないので何か標題付けたいなあとか思ってしまいました。「ポーランドの憂愁」とか(ク、クサ~~~)。クルティシェフ君の眉間にしわを寄せながらのクールな演奏はちょっとクラッと来てしまいます。

http://konkurs.chopin.pl/en/edition/xvi/video/41_Miroslav_Kultyshev/stage/2

ホロヴィッツ(in カーネギー)のポロ5はYouTubeにもあったのですがやっぱり格が違いますね。
http://www.youtube.com/watch?v=Lq-ScKoB_BY
で、久しぶりにホロヴィッツのCD欲しいなと思ったのですが、HMVで見たら何十枚組のホロヴィッツ全集にしかこの曲入ってない・・・ような。中古屋に走るかなあ・・・。

投稿: naoping | 2010年10月22日 (金曜日) 21時05分

記憶を辿って検索。
「ホロヴィッツ・オン・テレビジョン」に入っていました。
国内盤SICC169。テレビで観た、まさしくあの演奏です。

投稿: IANIS | 2010年10月22日 (金曜日) 21時59分


失礼。ソニーミュージックです。

投稿: IANIS | 2010年10月22日 (金曜日) 22時00分

>>IANIS さん
そう・・・・まさにそれなんです。


ホロヴィッツ・オリジナル・ジャケット・コレクション全集(70枚組)に入ってます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3673059

この一枚のために70枚買うかって・・・・(泣)。

バーンスタイン60枚組と共に悩みです(聴きたいのはオーソン・ウェルズ語りのエアボーン・シンフォニーだけ!)

投稿: naoping | 2010年10月22日 (金曜日) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37325736

この記事へのトラックバック一覧です: ショパン・コンクール・・・微妙。:

« ショパン・コンクール 本選1日目 | トップページ | ショパン・コンクール入賞者コンサート »