« 大津祭その1 | トップページ | ショパン・コンクール 3rd Stage 最終日 »

2010年10月14日 (木曜日)

ショパン・コンクール2nd 通過者

Leonora Armellini
Yulianna Avdeeva
Evgeni Bozhanov
Wai-Ching Rachel Cheung
Fei- Fei Dong
François Dumont
Lukas Geniusas
Jayson Gillham
Claire Huangci
Nikolay Khozyainov
Marcin Koziak
Miroslav Kultyshev
Yury Shadrin
Mei-Ting Sun
Danil Triifonov
Helene Tysman
Andrew Tyson
Irene Veneziano
Paweł Wakarecy
Ingolf Wunder

日本人は・・・残念だったみたいですね。
やはり名だたるコンクールとあって、凄く厳しい世界ですね。で、ぶっちゃけ渡航費やら宿泊代だけでもお金が相当かかってるわけで。こんなに頑張ったのに落ちちゃうなんて。全く初めてコンクールをちょろちょろと見聴きしていて、「何でここまで、やらなあかんのやろ」とか正直思ってしまいました(そんなこと言っちゃいけないんですけど)。

さて、発表から間髪いれず(現地では一回ねんねしてから)、3rdステージなのですね。私が2ndステージで強い印象を受けたDaniil Trifonovさんは時間的に無理で聴き逃してしまいました。彼の幻想ポロネーズを見聴きするのを楽しみにしていたので残念です。是非ファイナリストになってほしいです(まあ、よく知りませんけど)。

幻ポロは大好きで(リストのロ短調ソナタととともに)、小学3年の頃にホロヴィッツのカーネギーホールライブをよく聴いていました・・・というか他の演奏はあんまり聴いたことないんですけど。3rdステージは幻ポロ祭なのね。

あと・・・関係ありませんが、関西に行く新幹線の中からヤマハの工場が見えました。コンクールでスタインウェイと並んで使用されているなんて、日本人としてなんか凄く誇らしい気分。「ヤマハ、いい楽器をありがと~~~」と心の中で叫んでしまいました。あ、カワイもありがとう。

----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 大津祭その1 | トップページ | ショパン・コンクール 3rd Stage 最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/37225067

この記事へのトラックバック一覧です: ショパン・コンクール2nd 通過者:

« 大津祭その1 | トップページ | ショパン・コンクール 3rd Stage 最終日 »