« アルミンク&新日本フィル/抒情交響曲 | トップページ | フェリアー/四つの厳粛なる歌 »

2010年9月 5日 (日曜日)

なぜか赤羽

甥の誕生パーティと称して姉夫婦に連れて行かれた(甥は未成年で全く飲めないのに・・・ただ何か理由をつけて行きたかっただけでしょうそうでしょう)。何故赤羽まで。赤羽そういえば用事がないので降りるの初めてだ。「すごいところに連れてってあげる」とな。何だろう、すごい所って(わくわく)。

Pa0_0500_2
飲み屋街の入口はなんかすげえ門構え。ドイツで言えばブランデンブルグ門くらいの期待感。「1番街」ってことは「2番街」とかあるのか?五番街のマリー。

通りは何だか昭和っていうか、ちょっと何これ戦後?みたいな感じでレトロ。ちょっと上野の飲み屋街に近い雰囲気かな。

で、わざわざ行った店がこれだ~。

Pa0_05021
屋根が暗くて写らん。「鯉とうなぎのまるます家」という店みたいですよ。店の中は本当に昭和初期みたいな感じ。二階に通された。二階は畳の部屋で落ち着く。くるまだんきちさんのとか有名人のサインがたくさん貼ってある。寅さんの映画に出てきそうな風情。店内写真は撮らなかったすいません。

タイトルロールの一つである「鯉のあらい」が名物みたいだけど、あたしはあんまり・・・。どっちかっつーと脇役の「馬刺し」と「ナマズの唐揚げ」のほうが滅法ウマかった。もうひとつのタイトルロールのうなぎの蒲焼は食べなかった。うなぎのアラ?か何かの酢の物みたいなのは食べた。美味しかった。

ここ有名みたいだな赤羽界隈では。

「あたしたちはすごく呑みます」という匂いを察したのか、グレープフルーツサワーを頼んだらサワー(酒がすでに入ってる)を一瓶とグレープフルーツ二つ分(半分に切ってある)と氷いっぱいが出てきた。こんなダイナミックな出方は初めてだ。

全体的に安く、なんでも美味しい。私の愛する上野市場といい勝負かも。しかし一階は(比べると)上野市場がお上品に見える感じがするほど・・・アレだな。女だけではあたしは入れない。

Pa0_0501

鯉とうなぎのまるます家
http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13003778/

帰りに酔っぱらって買ってもらったパン屋は結構美味しかった。
http://www.edmont.co.jp/delica_bakery/index.html

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« アルミンク&新日本フィル/抒情交響曲 | トップページ | フェリアー/四つの厳粛なる歌 »

コメント

こんばんは~
ここ、イイ(◎´∀`)ノ
赤羽、十条、北千住、上野、御徒町、浅草、神田。
大衆居酒屋の聖地といえよう。

投稿: yokochan | 2010年9月 7日 (火曜日) 22時29分

>>yokochanさん
よっぱらい記事に反応して頂きありがとうございます。ホントこの店は素晴らしいです。ですが・・・私は女友だちを連れて行く勇気がありません(怖くて入れません)。赤羽はこういったハイレヴェルな?お店が多いですね。

投稿: naoping | 2010年9月 7日 (火曜日) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/36556996

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか赤羽:

« アルミンク&新日本フィル/抒情交響曲 | トップページ | フェリアー/四つの厳粛なる歌 »