« 日本一! | トップページ | 小山由美サントリー音楽賞受賞記念コンサート »

2010年4月 4日 (日曜日)

春の桶川

Pa0_0458_2湘南新宿ラインにてちょっと旅気分(埼玉ですが)。

春なので、お花見&バーベキューということで、姉夫婦の家に呼ばれて行ったのですが・・・桜はいったいどこよ。 結局しこたま焼肉を食べて、酒飲んで泊まっただけです。

春休みで大学の寮から帰宅してた姪と同じ部屋で寝たんですけど、夜中まで姪の長電話&明け方に寝言を発した(「ラップが始まった!!」)ので、結局あまり眠れず。姪の寝言は起きているときと全く同じ感じで発せられるので、思わず耳を澄ましたんですが・・・何も起きず。何の夢を見たんだか。

ちなみに、姪の大学では「死体洗いのバイト」はないそうです・・・死体解剖は(勿論!)やってるらしいですが。やはり都市伝説? でも解剖する人がいるんだから洗う人は・・・いると思うんだけども。

過去記事:夏なので不思議話

今日は大宮で姪の買い物に付き合ったんだけど、なんか疲れましたな。眠いです。.

Pa0_0457_2 電車の中から見えた、桶川駅の桜(花見ってこんだけ)。何か、今時こんな駅のホームもレトロでいいな。

|

« 日本一! | トップページ | 小山由美サントリー音楽賞受賞記念コンサート »

コメント

こんばんは。
昨日は横浜の弘明寺の辺りに行きましたが、桜がきれいで人も沢山でした。

近況ですが、今までオペラはあまり聴いてこなかったのですが、最近(特に今年に入ってから)急に嗜好が変わって来て、ウォークマンに入れて聴いています。
今ウォークマンに入っているのは

カルメン
ペレアスとメリザンド
薔薇の騎士
トリスタンとイゾルデ
トスカ
アイーダ
トゥーランドット
青髭公の城
イル・トロヴァトーレ

です。オペラは準初心者(これまで聴きこんだのは『放蕩者のなりゆき』のみ)ですので、なんだかわくわくしつつ毎日を送っています。

昨日今日はトゥーランドット(二ルソン・コレルリ)聴いています。今更ですが、この曲の終わりのところは感動的ですね。凄い。

投稿: 蜜 | 2010年4月 4日 (日曜日) 18時42分

おひさしぶりです、こっちは先週が桜のピークでしたがまだまだ桜は楽しめますね。仕事は相変わらずバタバタとしてますが(今も夜勤中です)、この春は休日を利用して青春18きっぷの旅をしてます。

なかなかレトロな駅名板ですね、こっちでは以前に比べたら見る機会が少なくなりました・・・

死体洗いは典型的な都市伝説だけど、この業界でも面白おかしく話す人がいるのが不思議ですね・・・(^^;)

投稿: Masahiko | 2010年4月 5日 (月曜日) 02時48分

>>蜜さん
こんばんは。私の桜見物は昨日の六本木で終わりそうな気がします。

オペラはいいですねえ(今さらですが)。拝見しますと一通りいろんな国の代表曲が並んでいますが、モツアルトがないのがまたいいですね(とか書くと苦情がきそうですが)。トゥーランドットはストコフスキー(ニルソン&コレルリ)盤がおすすめです。現在店で売ってるかどうかは知りませんが。あれを超える激烈歌唱&ヘンテコ演奏はないです・・・と悪の道へ。
.
.
.

>>Masahikoさん
お久しぶりです。そうですね、九州はちょっと桜は早いんでしょうね。
レトロな感じをわざと残している駅も東京地方には近頃多い気がしますが・・・桶川駅は何も考えてないでこのままな感じもします。オケガワという響きもなんか昔っぽくていいです。

医大生はおそらく死体を洗うよりも家庭教師をしたほうがよっぽど儲かるのでは・・・という感じはします(医者の子供を相手にかなり稼いでる人がいるそうな)。

投稿: naoping | 2010年4月 6日 (火曜日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/34076655

この記事へのトラックバック一覧です: 春の桶川:

« 日本一! | トップページ | 小山由美サントリー音楽賞受賞記念コンサート »