« Let's 金目鯛。 | トップページ | ブルックナー/交響曲第9番 パーテルノストロ »

2010年4月11日 (日曜日)

ポーランドラジオは喪に服す。

800pxwarsaw_national_tragedy_201004 ご存じのとおり、「カティンの森事件」の追悼式典に向かう大統領特別輸送機Tu-154M機が墜落、カチンスキ大統領夫妻他政府要人を含む少なくとも96人が死亡されたという事件があり。

休日楽しみに聴いていたポーランドラジオはすっかり追悼モードになってしまいました。第一ラジオさえ、朝から(現地では夜中だ)あのグレツキの「悲歌のシンフォニー」が流れていました。

HPもカラフルだったのにすっかり白黒になっています。喪章も付き、華やかだった広告もなくなりました。普段やってると思しき番組はほとんど違うものに変えられています。毎週日曜にやってる楽しいアフリカ音楽とかジャズはやってません。

楽しみにしていた「ファンタジア・ポルスカ」は・・・一応やってました。ポーランドラジオのHPの番組表がすっかり違うものになってたので選曲の変更があったのかはよくわかりませんが・・・そもそも楽しい曲の放送が少ない番組なもんで。一曲だけ知ってるカルウォーヴィチの「悲しい物語」は放送していました。この事態にはぴったりの曲だったのでなんか聴いていてしんみりしてしまいました。しかしいい曲だなあ。

思い出す、昭和天皇の崩御の時を。NHK-FMはマーラーの9番ばっかりやってましたっけ。ポーランドは・・・その悲しい歴史のせいか悲しい音楽には事欠かない。まあ・・・普通に半分くらい追悼音楽かなという気はします。

その現地の悲しみが一番よく伝わってくるのは、音楽もなんだけど、やっぱり普段聴きなれているアナウンサーの声が男性も女性もワントーンもツートーンも低く、暗くなっていることです。普段もそんなに底抜けに明るい感じじゃないんですけど。もう何か・・・悲しみに声を振り絞ってる感じで、どんなにポーランドの人がこの大惨事を悲しんでいるかが伝わってきますね。なんだか一緒になって胸が詰まってきてしまう。ううう。

日本はポーランドはさほどーなじみのない国なので(でしょ?)、こんな大事故でもニュースでもあまりやらないし(今日ニュースあまり見てないんだけど)そんなに大事件としてとらえてないけれど、たまたま自分がこんなに身近に感じるのってタイムリーでちょっとびっくりしています。親類がいるわけでも友達がいるわけでもなく、自分とは全く関係ない国なのに・・・悲しいです。しかも、ポーランドで一番有名人のショパンの記念の年にこんな悲劇が起こってしまって・・・。(これ書いてるときにちょうど「葬送」が流れてきて・・・これはいやだなあ)

で、夜の「レッドカーペット」でさえあんまり笑えなかったのでした。

|

« Let's 金目鯛。 | トップページ | ブルックナー/交響曲第9番 パーテルノストロ »

コメント

こんばんは
昭和天皇が崩御された夜、新宿のレストランに行きましたが、ショパンの『葬送』が流れていたのを覚えています。大分昔のことですね。

今日はオペラではないんですが、大規模声楽曲ということで、ウォークマンに『グレの歌』を追加しました。

投稿: 蜜 | 2010年4月11日 (日曜日) 23時47分

 古い話ですが、吉田茂元首相が亡くなられたとき、ずっと「悲愴」を流していました。
 こういうとき、日本のなにか相応しい曲はないものかと思っています。悲しいことがあって良いということではなくて。

投稿: 面久院滅多坊 | 2010年4月12日 (月曜日) 21時58分

>>蜜さん
えええ、いくらなんでもレストランで「葬送」はないですな。この曲、クラシック音楽でもかなり破壊力があると思うです。
天皇崩御というと、葬送行進のときに流れたエッケルト作曲「哀の極(かなしみのきわみ)」がどうも忘れられません(まあ、曲名知ったのかなり後ですけども)。あの作曲家も現ポーランド領の作曲家ということです。

グレはいいですね。あれもかなり破壊力があるかと。
.
.
.
>>面久院滅多坊さん
吉田茂の死去の記憶は・・・いくらなんでも私はないですね。悲愴はかなりストレートですが結構好きな曲なのでいいかもしれません。
.
.
.

・・・なんてコメント書いてる時もポーランドラジオ聴いているのですが、「あ。大好きなザレンプスキが流れてきた!」なんて喜んでしまう不謹慎なリスナーなのです。

投稿: naoping | 2010年4月12日 (月曜日) 22時36分

パヌフニクの「カティンの墓碑銘」自演盤を聴いて弔意を表したいと思います。
この曲は以前、尾高先生もN響で振ったことがあるので、ご存知の方もいるかと思います。

投稿: フィディ | 2010年4月13日 (火曜日) 17時55分

>>フィディさん
尾高先生パヌフニク振ったんですか・・・全然知りませんでした。パヌフニクの娘さん(イギリスの作曲家)繋がりかしらん。おそらくこのカティンの曲はポーランドラジオでも放送したんじゃないかなあと思います。かのグレツキもカティン関係の曲を書いていると思われ、ラジオでもやったようなのですが、聴き逃してしまいました。

----
追加。
ポーランドラジオでは今回の惨事を悼んで今度の日曜日に急遽コンサートをするようです。もちろんラジオでも放送されますが日本では夜中ですな(泣)。

アンジェイ・パヌフニク/カティンの墓碑銘
ヘンリク・ミコワイ・グレツキ/悲歌のシンフォニー

投稿: naoping | 2010年4月13日 (火曜日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/34180977

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドラジオは喪に服す。:

« Let's 金目鯛。 | トップページ | ブルックナー/交響曲第9番 パーテルノストロ »