« ネットラジオでポーランド音楽を聴く6 | トップページ | ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲1  ミルシテイン&バルビローリ »

2010年1月24日 (日曜日)

オペラパレスからの手紙

P1110330_2  あら~、また来ちゃったよ。こないだセット券買ったばかりかと思ったらもう1年経ったのね。早いわね、時の経つのは。まだ2演目残ってるんだけど、私。

はあ~~、今度の演目はどうなんだろう、(赤貧の)アタシ的には。あらー、ごあいさつの写真がオタカさんになってるわ、写真がぴか~って輝いてるし。あれれ、ピーター・グライムズやんないの?私、夢でも見たのかしらん。

・アラベラ(シルマー指揮)
主役姉妹が美しければ行くかな(それにかかってるんだこのオペラは)。衣裳は森英恵さんだそうです。

・フィガロの結婚(ギットラー指揮)
伯爵夫人役のパパタナシュという名前が面白い。そんだけだが。

・アンドレア・シェニエ(シャスラン指揮)
シェニエの有名なアリアと最後の場面だけ鼻血ブーの超カッコイイオペラ。あとはあんまり・・・なのでどうかな。

・トリスタンとイゾルデ(大野さん指揮)
ツィトコーワたんがブランゲーネ役で出演。しかし彼女にはオクタヴィアンをやって欲しかったのだわ。

・夕鶴(高関さん指揮)
ここは思い切ってイレーネ・テオリンの「つう」で!(←大ウソ)

・椿姫(広上さん指揮)
この曲は短すぎてお金がもったいない。

・マノン・レスコー(フリッツァ指揮)
プッチーニの曲だが意外と私はあんまり親しみがない。

・薔薇の騎士(アルミンク指揮)
はてどうしようかなあ・・・。

・コジ・ファン・トゥッテ(カリニャーニ指揮)
・・・

・蝶々夫人(アベル指揮)
どうでもいいが、何故日本人が蝶々さんじゃないのだ!感情移入ができないだろうが~~~~~~!!

----
(以下、雑談)

話は変わるけど最近ワーグナーの記事がない・・・とお嘆きのあなた、別に全然聴いてないわけじゃないの。今日もケンペのリングを聴いてたんだけど、聴いてるうちに日が暮れてしまって「あら、夕飯の支度をしなくては」とか「お弁当のおかずを作らなきゃ」とか思って結局またポーランドラジオ聴いていました。家事をしながらワーグナーって結構アレなんで(ぶっちゃけ近所迷惑)。

・・・昨日聴いたルジツキのオペラ「エロスとプシュケ」が忘れられない。CDが欲しい、でもポーランドから個人輸入するのコワイ。なんかルジツキって「ポーランドのコルンゴルト」みたいな感じがする。あんまりCDないのも気になる。YouTubeではバレエの映像は結構あるんだが。「パン・トワルドフスキ」っていう演目が有名?みたいだ。

バレエ「パン・トワルドフスキ」より(たぶん)。
バレエなのに歌入り。女性の衣裳が(/ω\)ハズカシーィ。曲はなかなかイイ。

http://www.youtube.com/watch?v=dJzE2B0V4i0&feature=related


-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ネットラジオでポーランド音楽を聴く6 | トップページ | ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲1  ミルシテイン&バルビローリ »

コメント

会員なもので The Aret 2月号がおととい来ました。
早速書きましたよ、今年の申込書。「リング」が終わるので、来シーズンはチョイスでいきます。5公演。「アラベラ」、「トリスタン」、「フィガロ」、「コジ」、「チョーチョーさん」。9月に二期会公演「魔笛」が新国であるので、来シーズンはモーツァルトを追求するつもりです。確かに再演が多いのは気になりますが例の「仕分け」の影響で、カネのかかるものがかけられないのでしょう。後期ロマン派フェチとしてはシュトラウスとワーグナーは当然ですが、「コジ」のデスピーナに、バスティーユ・オペラの「女狐」のタイトルロールを歌ったザラコワ(ツァラコワ)が楽しみです。

投稿: IANIS | 2010年1月24日 (日曜日) 23時39分

>>IANISさん
こんばんは。5演目も行かれるのですか。いいですね。
私は・・・頑張って1~2演目見るか、もしかして全然行かないかもです。お金がないですし、「トリスタン」や「薔薇の騎士」もなんだか飽きてしまって。飯守さんの指揮だったらもー絶対行くんですけどね。二期会も「ファウストのごう罰」にもし「へんなおどり」が付いてなければ絶対行ったと思うんですけど。まあ・・・現在のシーズンみたいに「盛りだくさんすぎてどうしよう」という感じでもないので、かえって助かりました。

投稿: naoping | 2010年1月25日 (月曜日) 21時16分

こんばんは。
いつも敬愛する師匠のご意見に左右されてしまいます。本当です。今年の新国はどうしようか。去年の演目は、結果はともかく魅力的でした。悩みましたがホリデイSでエイ、いっちゃいました。大野のトリスタンを良い席で聞きたいためです。交通費がチケットよりかかります。アラベラ、アルミンク以外は処分するしかないか?ジークフリート予習中。

投稿: Mie | 2010年1月30日 (土曜日) 21時26分

>>Mieさん
こんにちは。ホリデイSとは、なんとラグジュアリーな。次シーズンは「アラベラ」以外は王道な演目ばかりですね。珍曲マニアなのでちょっとさみしいです。あとトリスタンはどうしようかなあという感じです(ここ何年かのワーグナー公演における、非力なテノールを長時間どう我慢するかがネック)。

ジークフリート、今回は二度目になるのでパスしましたがあの演出は楽しいですね。第1幕はミッドセンチュリー家具好きにはたまらんです。

投稿: naoping | 2010年1月31日 (日曜日) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/33109990

この記事へのトラックバック一覧です: オペラパレスからの手紙:

« ネットラジオでポーランド音楽を聴く6 | トップページ | ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲1  ミルシテイン&バルビローリ »