« ケチケチ生活の極意。 | トップページ | (勝手に)演奏会のお知らせ »

2010年1月 3日 (日曜日)

年末年始のテレビ視聴について。

あけましておめでとうございます。
年末年始は実家に帰ってたんですが、ほとんどコタツでテレビ見てました。で、印象に残ったものを書いていきます。

・12月31日 
年忘れ日本の歌 
紅白に出るメンバーが最初のほうに出て、それが終わると「どうせもう誰も見てないし、テキトーにやろうぜ」っぽくなって内輪でカラオケ大会とかやってる。(たまに)見てる人もいるんだけど。もっと古い歌手の映像もやってほしい。

紅白歌合戦
正直あんまり好きじゃないので、全部見たわけではないが。
目当てはスーザン・ボイル、aiko、平原綾香、絢香、こども店長くらいか。スーザン・ボイルのウラでポール・ポッツもフジテレビに出てたぞ。毎年お風呂タイムになる苦手な歌手の出演が今年はなくよかった。あと布施明さん好きなので来年からでないのは辛い。

ガキの使いじゃあらへんで
まだ録画を見ていないが、リアルタイムでちらちらと見たところでは大地真央の怪演、楽天のマー君の漫才とかが良かった。

・1月1日
爆笑ヒットパレード
まあ、毎年テキトーに見ているのだが、ヘリコプターに乗って元日の東京地方の中継をしている若手アナウンサーのテキトーな実況が大変素晴らしかった。来年もやってほしい。

新春かくし芸大会
クレージー・キャッツとドリフターズが頑張ってる頃が一番面白かったなあ。

箱根駅伝
昨年も見たが、こないだ「風が強く吹いている」の映画を見てその勢いで原作本まで読んでしまったので今年も見た。でも・・・去年とそんなに変わらなかった。昨年に続き大活躍の東洋大の柏原君はいずれかオリンピックに出たりするんだろうか・・・それともあっさり「やっぱりこのご時世だし、すっぱり陸上はやめて普通の会社員になりました」とか言っちゃうのかなあ、とか考えてしまった。しかし、彼の人生だから・・・ね。
日大のダニエル君はコニカミノルタとか日本の企業に入社してマラソンに出たりすんのかな。カワイイなダニエル君。

こいつぁ春から
歌舞伎座の生中継。福助さんと染五郎さんの「与話情浮名横櫛」(「お富さん」のやつね)では、前に見て知ってたはずなのに「お富さんをかこってた男は実はお富さんの実の兄だった」っつー結末に母と二人で「えー!こんな結末だったとは!!」と驚いた。

笑いの祭典ザ・ドリームマッチ
歌舞伎ばかり見てたので、あとのほうの2~3組しか見てないが、優勝した千原ジュニアの組の出し物はすごく面白かったしセンスが良かったと思う。

・1月3日
第53回NHKニューイヤーオペラコンサート2010
演出が例年に比べて変わっていた。楽しみにしてた「薔薇の騎士」も演出はナンジャコリャと思ったけどキャストは良かったな、うん。
で、実はベルリオーズの「ファウストの劫罰」が昔好きだったので(インバル盤を聴いてた)久しぶりに懐かしく聴いた。

で。

年賀状と一緒に東京二期会のハガキが来ていて、「ファウストの劫罰」を7月にやるらしい。キャストも林みっちゃんと福井さん、小森さんとかなかなかよろしい。何より指揮者がプラッソンというのもいい。で、行こうかなどうしようかなと思ったら・・・な、ナヌ??アール・カ・・・おや誰か来たようだ。

.

本年も宜しくお願いします。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ケチケチ生活の極意。 | トップページ | (勝手に)演奏会のお知らせ »

コメント

 人のブログにへばりつくパラサイト生活、本年もよろしくお願いいたします。二期会、ファウストの劫罰、案内が当家にも届いておりました。クラシックの道への入り口、小生「ラコッツィ行進曲」なんでね、これを幼少時聞かずにおけば資産はもっと残っていたのだろうと思っておるのですが。この演奏会、どうするべえかのぉ。
 今年は、去年の若杉さんのこともあるし、後悔先に立たず、生にかようことにしょうっと決めております。
 ちなみに、飯守さんの英雄の生涯、オペラシティに行っておりました。英雄の生涯、生2度目、前回はハイティンクのアムステルダムで、もう30年以上も昔のこと。途中ペット吹きが3人ぞろぞろ外に行ってしまうので、なんだよな、出すべきものは演奏する前にやっておけよな、つれショ〇はないだろと思ったのですが、すぐに誤解と分かり、ここにアムステルダムのペット吹きの方々、改めてごめんなさい。今回はちゃんと外で吹くと知っておりましたので、近隣に座っている人に誤解のないよう説明してあげようとおもったのですが、誰もそんなことを思っていないようでした、慶賀の至り。
 昔、よく聞いた、山岡重信さん、黒岩英臣さん、最近、聞いていなくてごめんなさい。案内を見れば、行きますよ。
 小澤征爾さん、もう日フィル、新日フィルの当時のように当日売りでぶらりと入って聞けるというような状態でなくなってなによりです(小澤さんのはボストンタングルウッドまで行ったからね)。ほんとは残念なんだけと。
 そんなことよりまず自分、残された人生、平均寿命より20年長く生きることにしているが、それにしても残された余命30年しかない、多分。生きているうちに生をもっと聞いておきましょう、死んでも死に切れないということのないように。そうだ、新年ですね、今年こそ、生をいっぱい。

投稿: 面久院滅多坊 | 2010年1月 4日 (月曜日) 20時34分

>>面久院滅多坊さん
毎度どうもです。こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。
「ファウストの劫罰」、昨日のテレビでやってたシーンが凄く好きで、合唱の「サンターマリーアーー、ヒイイイイーーーーー!!!」の所なんか一緒に歌ってしまったくらいです。隣近所に聞こえてたらショッカーかと思われたのではとあとでヒヤヒヤしました。ただ二期会のはねえ・・・あの怪しい踊りがまた繰り広げられるのかと思うと(○ップレスのねーちゃんが踊りまくるのかな?)どうも気が進みません。女のアタシでもちょっと恥ずかしいです。

飯守さんの「英雄の生涯」に行かれてたのですね(それにしてもハイティンクの生ヘルデン羨ましいです)。しかし○れションは初ナマ(サヴァリッシュ)のときでも私は思いつかなかったですなあ。

高齢の名指揮者はできれば元気なときにたくさん聴いておくべきだなあと思います。プレートルも正月頑張ってたけどもう85歳。それに比べたら飯守さんはまだ今年70歳。飯守さんにはあと20年は現役で頑張って頂きたいなあと思う今日この頃です。

投稿: naoping | 2010年1月 4日 (月曜日) 23時00分

あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします。

>○ップレスのねえちゃんが・・・
ああ、たぶん当たっていますよぉ~きっと。残念ながら。
ヴェーヌスブルクならまだしもアレはねぇ~(/ω\)ハズカシーィ

ちなみに11月のMETでも「ファウストの劫罰」観ましたよ!
とっても“品”の良い、保守的なNYの市民にも受け入れられる、でもビックリな演出でした。かつてサイトウキネンでサッバティーニなんかが出演した「ファウストの劫罰」でも繰り広げられた演出のようです。

「ガキの使い・・・」を録画してまでぇ~すごい!すごい!けたたましい笑い声をあげて写真撮りまくる大地真央、ありゃ往年の真央ファンなら大ショックものだと思います。
これを録画してまでチェックしているあたりさすが、お笑い好きですなぁ~(*^_^*)

私自身は紅白、嫌いじゃないんですよ。
かぶりつきで思いっきり楽しんでしまう方です。
スーザン・ボイルさん、1曲歌うと数百万稼いじゃうらしいですよぉ~やらしい話。

それに引き換え、今回のニューイヤーオペラコンサートは、アノ寺田農の怪しいナビゲートはいったい?
以前は短いアリアを1人順番に歌うことが多かったですが、今回はかなりアプローチを変えていましたねぇ~・・・。
これに数回出演されている歌手さんに「おめでとうございます!」とメールしたら、「時間的な制約の中で生放送で歌うことは大変なので、実のところあまり“おめでたい”気分では無いのですよ」とお返事がきたことがあります。
そうですよねぇ~制限時間の大食い選手権でもあるまいし、2時間という時間内にちょうどよく演奏を終えるのはマエストロもオケもさぞ大変なことだろうと思います。

投稿: えーちゃん | 2010年1月 5日 (火曜日) 00時46分

あけましておめでとうございます。

ダウンタウンのおなじみ「笑ってはいけない」は、全部見てしまいました。まあ、ちょっと、長すぎるかな。
新年は、やはりレッドカーペットと、イロモネアが、安定して面白かったです。
鳥居みゆきの漫談は、やはり、天才的でした。2回めだけど、柳原可奈子扮する、ガリガリガリクソンとか。

年末から借りている、マゼールのバイロイト・リングが重くのしかかっています。

投稿: にけ | 2010年1月 5日 (火曜日) 00時59分

>>えーちゃん さん
本年もどうぞよろしくお願いします。

やっぱり・・・・>○ップレス
二期会はあのダンサーを気に入っているんでしょうかね。ダフネの悪夢再びってとこでしょうか。曲はすごく聞きたいんだけどな。

「ガキの使い」は、私は実家では見れないんですよ。母親があの番組大嫌いで、その前に放映した今までのハイライトを見てるだけで文句タラタラです。一人暮らし独身の友人の何人かは実家に帰る年末元日は「ガキ」を録画セットして行くということです。

スーザン・ボイルさんは紅白のギャラが5百何十万って聞きました(ほんとかな?スポーツ新聞にて)。いいんじゃないかなあ・・・彼女ポール・ポッツよりはいいと思います。CDは買わないですけど。

「ニューイヤーオペラコンサート」は今年どうしちゃったんでしょうかね。
まあ、私の好きな歌手の一人の望月さんがモーツァルトだったのが少しがっかりでしたが、全体はまあ良かったんじゃないかなと思います。何年か前に実際にNHKで見に行ったときは確かに時間内に収めようと必死な感じでしたね(以前このブログにも書いたと思うんですが)。歌手の歌唱中に行われた黒柳さんの玉ねぎ頭のセットと、黒柳さんの早口の司会しか覚えてないんですけど。
.
.
.
>>にけさん
おめでとうございます。

ダウンタウンのあのシリーズは、私にとっては以前に病院を舞台にやったときの「板尾創路のブラックジャ~ック」を超えるものがいまだにないので今回は・・・どうかな? まだ全部見てないんですけど。

可奈子ちゃんのガリガリガリクソンは本人会心の出来でしたが、私がリスペクトする黒沢かずこ嬢の伊藤みどりも忘れられない名演でした。

マゼールのリング・・・私からすると拷問かもしれません(ファンの方ごめんなさい)。

投稿: naoping | 2010年1月 5日 (火曜日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/32844489

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始のテレビ視聴について。:

« ケチケチ生活の極意。 | トップページ | (勝手に)演奏会のお知らせ »