« ストヨフスキ/カンタータ「ポーランドのための祈り」 | トップページ | ネットラジオでポーランド音楽を聴く5 »

2010年1月18日 (月曜日)

Let's あん肝。

去年から毎週通ってる、隣町の魚屋さんはとってもマニアックで大好き。

このところいつ行っても「くじらの刺身」(500円くらい。すごく美味しそう)を常備してるし、カワハギはいつも売ってる。「はたはた」を丸のまま売ってるときもある。こないだは「せいこがに」を売ってた(美味しいのかな?)。身近でコンパクトな築地って感じ。お刺身も捌きたてでものすごーく美味しそうで、魚好きは眺めているだけで楽しい。しかもとっても安い。

で。

こないだの土曜日行ったときは「あんこうフェア」だったっぽい。お鍋に入れる用に切ってパックにして300円くらいで売ってた。あんこう鍋美味しいんだよね。でも、「一人あんこう鍋」ってなんか嬉しいだか悲しいんだか微妙で。

そんで。隣に売ってたのがコレで。

P1110320

あんこう肝。

あら、あん肝ってこんなに安かったっけか。飲み屋で食べたらもっとしたような気がするけど156円で買えるのね。今日はこれで一杯やりましょう。

・・・と思って超お手軽な感じで買って帰って、どうやって食べるのかネットで調べたら・・・・自分の考えの甘さを思い知らされた。お料理上手な私だが、これって料理っていうより職人的な何かを必要とする作業のようだった。

だいたい。

お店で「あん肝」食べたのって凄い前のような気がする。どんな味だったのか(また、どんな形状だったか)あんまり覚えてなくて。

まず、「あん肝」って蒸した状態で食べるということをすっかり忘れていた。買ってそのままポン酢で頂くもんだと思ってたので。

もうね、ほとんど手術みたいな手順を踏むわけだわ。脳外科医福島先生みたいな。

(おとといの話なので、あまり詳しくは覚えてないけど、こんな感じ)

1、あんこうの肝の、血管や赤い部分を取り除いて綺麗にする。(血管なんてあるのか、これが一番スプラッタでめんどくさい。)

2、ほとんど白い状態まで綺麗になったら(そこまでやったらバラバラに解体しそうだったので中途半端)、ビニール袋に入れて醤油に漬ける。2分くらい待つ(本当は塩をして1時間ぐらい冷蔵庫に入れておく説もあったのだが、楽なほうで)。

3、お酒で洗う。

P1110321 きもちわるい。

アルミ箔でくるくる巻いて棒状にする。

.

.

.

.

P1110322 こんな感じで、ルクルーゼで蒸す。20分くらい。

.

.

.

.

.

蒸しあがったら、冷まして冷蔵庫へ。
翌日、輪切りにして万能ネギともみじおろし(築地で買った「鬼おろし」を使用)とポン酢(お歳暮解体バーゲンの高級なやつ)を添える。

P1110325_2こんな感じ。

味は・・・普通こんななんだろうか。クリームチーズにタラコを混ぜた感じ。少々ウニっぽいかも(そんな高級な感じもしないが)。期待してなかったけど意外と美味しかった。
.

.

.

.

もう作りたくないけど。 

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ストヨフスキ/カンタータ「ポーランドのための祈り」 | トップページ | ネットラジオでポーランド音楽を聴く5 »

コメント

あん肝って、こんな複雑な製造工程を経た加工食品だったのですね、知りませんでした。
先週も居酒屋で旨え旨えと言いながら摘んでいたのですが、生をスライスしてポン酢を付けただけと思っておりました。
飲んだ時皆知っているか聞いてみましょう。
本当は、尿酸値高いのであまり食べちゃいけないのだけれど、あるとついつい頼んでしまいます…。

投稿: golf130 | 2010年1月18日 (月曜日) 21時29分

>>golf130さん
こんばんは。
golf130さんはあん肝好きでいらっしゃるのですね。しかし工程はよく知らないほうが美味しく召しあがれるかもしれません。
私も、もし友人家かなんかでこんな「手作りあん肝」を出されたら感動して「美味しい美味しい」って食べたと思うんですけど、自分で作るとなんか色んな工程が走馬灯のように思い出されて、なんか気もちのいいものではありません。でも出来上がりは普通に美味しそうだったのが我ながら意外でした。いや、本当に美味しかったんですよ。

投稿: naoping | 2010年1月18日 (月曜日) 21時57分

こんにちは。以前におそるおそるトラバさせて頂いた者です。その節はトラバ承認して頂き、有難うございました。
あんこうは地元の名物食材なんですが、当地ではあん肝は「どぶ汁」にして食べます。肝を炒ってスープの出汁にします。あんこう鍋の出汁として有名ですが、普通のスープとして食しても美味しいです。手間は、所謂蒸したあん肝よりずっと楽だと思います。作り方は検索すると色々見つかります。またあん肝を入手したらお試しください。

投稿: starboard | 2010年1月19日 (火曜日) 23時35分

いや、流石はnaopingさん。

あーだこーだ書きながらも、仕上げは上々。
もんのスゴくうみゃそう!

投稿: frosch | 2010年1月20日 (水曜日) 20時20分

>>starboardさん
こんばんは。コメント(と、以前のTB)ありがとうございます。TBは商用・ア○ルト・政治でなければ大丈夫ですので(このところ結構多いので承認制にしてあるのです)、どうか御遠慮なくしてくださいませ。

「どぶ汁」って初めて聞きましたが、なんか名前も作り方も豪快ですね。なんか元気が出そうな気がします。

「あん肝」は3日間毎晩食べましたが、最後にはニンニクの薄切りとともにオリーブ油で焼いてみました。ネットで見たら「フォアグラっぽくなる」ということでしたが、肝心のフォアグラを食べたのってかなり遠い昔のことなので比較ができません。
.
.
.
>>froschさん
ありがとうございます。しかし・・・正直「もんのスゴく」ってほどでもないかも。とにかく・・・工程がグロイですな。でも、出来上がりはちゃんとなるのは不思議でした。

投稿: naoping | 2010年1月21日 (木曜日) 22時18分

できあがり、その大変な工程を感じさせないものに見えるところは、さすがお料理上手。

でも、この「レッツ」って他の人にもアン肝調理を勧めている、ってことでしょうか。。。

投稿: ガーター亭亭主 | 2010年1月31日 (日曜日) 08時26分

>>ガーター亭亭主さん
こんばんは。
ネットで見ますと、結構あん肝を手作りされる方は少なからずいらっしゃるようです。自分で作ればたくさん食べられますしね。あん肝お好きな方は一度トライしてみる価値はあるかと。私は暫くはいいです。

投稿: naoping | 2010年1月31日 (日曜日) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/33034208

この記事へのトラックバック一覧です: Let's あん肝。:

« ストヨフスキ/カンタータ「ポーランドのための祈り」 | トップページ | ネットラジオでポーランド音楽を聴く5 »