« 新国立劇場・ヴォツェック | トップページ | このマンガ家にマンガ化してもらいたいオペラ »

2009年11月27日 (金曜日)

可愛い花にはトゲがある。

会社の駐車場のお掃除をしていたら。まあなんて可愛らしい。

Pa0_0441_3 これから12月にもなるというのに、花壇にこんな可愛いお花が咲いていました。なんか凄い大発見みたいな気がする。誰も気にしてなかったかもしれない。
.

.

.

.

.

.

が。よく見ると。

Pa0_0440 むぎゃ~。
何この茎のとげとげ。こんな可愛いお花ちゃんには似つかわしくない。
.

.

.
例えて言えば・・・そうだなあ、ウエトアヤちゃんみたいな清純でかわゆい女の子の顔に、首から下はアーノルド・シュワルツェネッガーみたいな超ムキムキなボディがくっついてるみたいな。そんな恐ろしい違和感。

.

えーと。それで、調べましたわ。
この植物の名前は「ハナキリン」。または「キスミークイック」。
トウダイグサ科ユーホルビア属、トゲを持つ多肉植物。トゲのある茎にはやっぱり毒があるみたいで、触ると皮膚炎になるそうな・・・というか、こんなの見たら絶対触らないべ。鉄条網に囲まれた箱入り娘ウエトアヤちゃんってとこか。「一人っ子同士の結婚は許さねえ」ってか。
.
Pa0_0442 全体像はこんな感じです。いや~、こんな植物初めて見ました。ちょっとお勉強になりました。

------

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 新国立劇場・ヴォツェック | トップページ | このマンガ家にマンガ化してもらいたいオペラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/32388086

この記事へのトラックバック一覧です: 可愛い花にはトゲがある。:

« 新国立劇場・ヴォツェック | トップページ | このマンガ家にマンガ化してもらいたいオペラ »