« フランク/交響曲 尾高忠明 | トップページ | ハンドリー/ワーグナー管弦楽曲集 »

2009年11月30日 (月曜日)

トマジ/トランペット協奏曲 マルサリス

P1110299アンリ・トマジ:トランペット協奏曲
ウィントン・マルサリス(トランペット)
エサ=ペッカ・サロネン指揮/フィルハーモニア管弦楽団
.
.
.

どっちかっつーと、水槽厨・・・じゃなくて吹奏楽のほうでは有名な作曲家なんだろうか、アンリ・トマジ。コレ、自分で意識した買ったというよりは、なんか別の経由で買ったCDである。

何年か前まで仲の良かったある友達がいて、他の友人を交えてよく遊んでたのだが、その人が楽器をやってて好きな作曲家がトマジである、ということをある日聞いたのであった。

人に聞いて知らない名前の作曲家をそのままにしておけない性分。どんなもんか聴いてみたい。でもどの曲? なんかわからないけど自分がトランペットをやってたんで、この曲になった。「へえ、こんな感じなんだな」って思ったくらい。で、その人のことでよく覚えてるのは私の部屋に友人を何人か招いて、自慢の手料理でもてなしたときにその人もいたんだが、私の部屋に数多く並んでるワーグナーのCDやDVDを見て、「リ・・・チャード? 好きなの?」と発言したこと。えええ?もしかしてワーグナー知らないのか? いや、そんなことはないだろう・・・なんか悪くて聞き返せなかった。いまだに謎。

その後、何年かしてその人がutsuを病んでから会ってない。とりあえずなんとか生きてるという話は他の友人経由で聞くのだが、はて。私には色々な知人・友人がいるが、心配な友人の一人。

・・・という不思議ないきさつでウチにある、トマジのCD。ずっと実家の押入れの奥にしまってあったんだが久しぶりに聴いてみた。この曲はトランペット協奏曲はコンクールの課題曲でよく演奏されるらしい。まあ・・・そんな感じである。そもそもジャズの人・・・なんだよなマルサリス。トマジのこの曲はクラシックな感じではない。とても聴きやすくてまるでムード音楽のようでもある。吹くの難しそう、そしてすごい短い。3楽章あっても全部で14~5分くらいである。

アンリ・トマジ(Henri Tomasi、1901年8月17日 - 1971年1月13日)は、フランスの作曲家、指揮者。
コルシカ島出身の両親のもと、マルセイユで生まれる。パリ国立高等音楽・舞踊学校で、ヴァンサン・ダンディ、ジョルジュ・コサードらに師事。1927年にはカンタータ「コリオラン」でローマ賞作曲部門1位、指揮部門の1位を獲得した。1946年から1947年までの1年間モンテカルロ管弦楽団の音楽監督を務めた。(ウィキペディアより)

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« フランク/交響曲 尾高忠明 | トップページ | ハンドリー/ワーグナー管弦楽曲集 »

コメント

トマジの「12のコルシカの歌」というアカペラコーラスの曲は時々CDを引っ張り出して聴きます。トランペット協奏曲はピアノ伴奏でしか聴いたことない(笑)

話は違いますが、小山由美さんのサントリー音楽賞受賞記念コンサート(4月5日)のチケットを今買ったところです。飯盛さんのバックでワーグナーにツェムリンスキーとは楽しみですね。

投稿: 白夜 | 2009年12月 1日 (火曜日) 18時31分

>>白夜さん
トマジはおいといて・・・

小山由美ちゃんって何このプログラム。フリッカのアリアって、単独で聞いたことないです。しかも飯守さんっていうのも凄いし・・・こりゃ行かなきゃですね。でも月曜日っていうのはどうなんだろう・・・ワタシ行けるかしらん。あ、情報ありがとうございます。m(_ _)m

投稿: naoping | 2009年12月 1日 (火曜日) 21時05分

 このCD、持っている。昭和62年1月24日、購入。CD3枚目になる。購入理由はトマジではなくジョリベ。1970年代初め(72~74年の間くらい)、上野で読響か日フィルか新日フィルか、N響ではないと思う、タクトは誰かも忘れた、ジョリベを聴いた。赤道コンチェルトだったと思う(記録をとっていないころで記憶で書く)。ジョリベに惹かれた。が、ジョリベのレコードなんてそうそう見つかるものでなし、いつしか忘れて、時代はCDへ。そしたら曲は違うにせよジョリベを見つけた。当時大人気のW.マルサリスで、トランペットといえばアンドレ全盛のころ、マルサリスの翳りのある響きも耳新しかった。
 で、どなたか、1972~74年、ジョリベを演奏したオケと指揮者、ご存じないだろうか。

投稿: 面久院滅多坊 | 2009年12月 1日 (火曜日) 23時13分

>>面久院滅多坊さん
赤道コンチェルトって遠い昔にラジオか何かで聞いたことがあったのですが(ものすごく暑苦しい音楽として)、ジョリヴェ作曲だったのですね。1970年代のことはわからないのですが、コンサートで赤道コンチェルトもしやってたとしたらなんか凄いですね。

投稿: naoping | 2009年12月 2日 (水曜日) 21時21分

またこんばんは。
この曲、神奈川フィルで聴きました。
短くて盛り上がるいい曲でした。
2楽章はコルンゴルトみたいに思いました。

わたしは、ベルンハルト・ヘイティンクと読んだ人を知ってます(笑)

投稿: yokochan | 2009年12月 3日 (木曜日) 00時41分

あ、間違えた、ベルンハルトじゃなくて、バーナードでした。スイマセン

投稿: yokochan | 2009年12月 3日 (木曜日) 00時42分

>>yokochanさん
そう、トマジ結構いい曲ですよね。コンサートの時間をちょろっと調節するのによさそうです。

バーナード。そういえばレオナルド・バーンスタインって表記されてるのを見たことありますけど、普通かなこりゃ。

投稿: naoping | 2009年12月 3日 (木曜日) 20時48分


トマジはクラシックを専門的に学んでる者以外にはあまり有名でないのかもしれませんね・・・

現代のトランペット協奏曲の中でも極めて重要な作品ですよ!

投稿: 序利辺 | 2013年7月15日 (月曜日) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/32434946

この記事へのトラックバック一覧です: トマジ/トランペット協奏曲 マルサリス:

« フランク/交響曲 尾高忠明 | トップページ | ハンドリー/ワーグナー管弦楽曲集 »