« 昨日行ったコンサート | トップページ | ハンドリー/ホルスト「惑星」 »

2009年10月10日 (土曜日)

24歳夭折・ルクーのピアノ曲&室内楽曲集

P1110250 過去記事:バイロイトで気絶した作曲家・ルクー

24歳夭折・ルクーの室内楽曲集


ギョーム・ルクー(1870~1894)のピアノ曲と室内楽曲を集めた、リチェルカール・レーヴェル(ロゴが手書きっぽいのがカワイイ)のルクー全集の分売。

以前から興味を持っていた作曲家のルクーだが(早死にという意味で)、今まで室内楽かピアノ曲かしか聞いたことがない。タワーのHPをざっと見ても、有名なヴァイオリン・ソナタか室内楽曲がちょろちょろとあるくらい。

ヤツは交響曲や声楽曲(アンドロメダとかいう)も作曲してるはずなんだが。このままずっと聴かないで我が生涯を終えそうな気がする。それとも海外の名も知らぬネットショップで買えたりするんだろうか(そこまでする気持ちもないんだが)。アマゾンで自分が持っている数少ないルクーのCDが中古で一枚一万円くらいするのを見ると、世の中は全般的にルクー不足なのかもしれないと思う。(まあこんなマイナーな作曲家のCD作るよりさー、もっと売れそうなの作るわな、普通。)

ルクーは小曲でこんなに美しいメロディを書くことができるのだから、もっと大きな編成の曲だったらきっと素晴らしい曲になるに違いない。・・・今のところ想像の域を出ないんだが。食べたことがないすっぽん鍋(奈良だか京都だかの老舗の)の味を想像したりするのと似ている。結構実際に味わってみると「なんだこんなもんか」って思うのかもしれない。すっぽん鍋っておいしいの?ところで。

そういえば私、まだ食べたことないものっていっぱいあるんだよねえ。鹿とか熊とかダチョウとか。こないだたまたま飲み屋で「くじらの刺身」が登場してきたけど、これは驚いた。美味しいね~くじらの刺身って。小学校のとき給食で出てたフライ(ほとんどゴム草履)とは全然違うのよ。でもそんなこと書くとどこかの動物愛護団体から抗議が来ちゃうからや~めた。

で。

本日のCDは1885年から1888年に(15歳から18歳だから、日本で言えば高校生くらいか)ルクーがこしらえたピアノ曲と室内楽曲を集めたものである。ルクーは1989年から有名なセザール・フランクに作曲を師事しているから、それより前のかなり初期段階の作品である。6歳から色々と楽器は習ってたみたいだったけど、当時は作曲は学校かどっかで習ってたんだろうか。ふうむ。

全体的にルクー独特ののびやかなメロディはあちこちで聴かれる。フランクに習う前からこんなだったのかと感心。形式はあるようなないような、なんとなく即興的にピアノを弾いているようなとても自由な感じがする。長さもまちまち。

しかし、聴いているうちにピアノ曲で「これってほとんどベートーヴェンの月光ソナタじゃね?」という曲が登場する。どんだけベートーヴェン好きなんだと。いや、真似したとかそんなのを超えててメロディほとんど一緒。まあ、まだガラスの10代ということで許してあげるけどさ。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 昨日行ったコンサート | トップページ | ハンドリー/ホルスト「惑星」 »

コメント

ルクールクーこんにちは!
リチェルカーレのルクー作品全集、
私も4まいもってるんですが、残りが手に入らなくて。。。
でもまあ、そのうちブリリアントからボックスがでるんじゃないかと
期待してるんですが、さて・・・。

「月光ソナタ」に激似の曲は、トラック9ですね。

投稿: 木曽のあばら屋 | 2009年10月10日 (土曜日) 18時28分

>>木曽のあばら屋さん
ようこそここへ♪ルクールクー!(く、苦しい)
4枚も持ってるのですか!すごいです。ロンドンでも一枚も見つかりませんでしたのに(よく探してないけど)。ブリリアントは一枚だけルクー出してますから、もしかして期待できるかもですね。

投稿: naoping | 2009年10月11日 (日曜日) 08時45分

ルクーのベートーベン激似、感受性の強い青少年だったということでお許しを。
たしかに、ブリリアントでルクー全集なんて出そうですね。望めば、大体叶います。

すっぽんは食べたことありませんが、鹿、熊、ガチョウ(ダチョウも)なら食べたことあります。ついでに、和歌山県の某マグロ漁港で、イルカの刺身も。血まみれでぎょっとしましたが、獣肉っぽく、特に美味しいものではありませんでした。この件は、動物愛護団体には極秘にしておいてください。

投稿: レイネ | 2009年10月11日 (日曜日) 18時39分

>>レイネさん
こんにちは。
ふうむ。ではブリリアントにお願いをかけてみるとしましょう。

ガチョウや鹿はなんとなくヨーロッパでは普通な気がしますね。私はアフリカ料理屋(新宿)でワニ肉を食べた記憶があります・・・美味しくはなかったけど。イルカはテレビで最近問題になったのをみました。日本で普通にイルカを食用にしている地方があるなんてその時初めて知りました。そんなに美味しくないんなら・・・すすんで食べなくともいいかな、と。

投稿: naoping | 2009年10月11日 (日曜日) 19時20分

 こんばんは。
 ルクーのCD、私も持っています。
 但し室内楽曲集ではなく管弦楽曲集のCDになりますが・・・その管弦楽曲CD、『交響的習作(練習曲)第1番』や『同第2番』等が入っていますが、習作っぽい感じがするかと思えばナイーヴさが充満していたりもして、聴いているうちにクセになってしまうところがあります《私にとって、ですが…》。

 それはさておき、室内楽曲集CDに入っているとのピアノ曲についてですが、ウィキペディアから、1885年に「リセ」(日本では高等学校に相当)に進学したルクーがそこで物理の先生からベートーヴェンの後期の作品とヴァーグナーの音楽を教わり、強く惹かれていたのだそうで、そうした経緯からベートーヴェンの作風がモロに反映されたピアノ作品が出来上がった・・・ということが言えそうですね。

 う~ん、ルクーは繊細な心の持ち主だったのかも・・・勝手に思ってしまう私です(自爆)

投稿: 南八尾電車区 | 2009年10月11日 (日曜日) 19時39分

ううむ。私は業務ルクーはヴァイオリン・ソナタしか聴いたこと無いなぁ。

ブリリアントから室内楽曲集が1枚もので出てますね。

作品全集も叶わぬ夢では無さそうですね。(^o^)b

投稿: frosch | 2009年10月11日 (日曜日) 19時42分

>>南八尾電車区さん
管弦楽のCDをお持ちなのですね。想像するとやはりナイーヴな感じなのでしょうね。
まあ、記事を書くにあたってウィキペディアでは一応ざっと人となりは読むのですが(じゃないとこの頭では何も書けましぇん)、音楽じゃなくて物理の先生が音楽ヲタだったっていうのは面白いですよね。作風から言えばきっと繊細な青年だったと信じたいです。
ただ、もうちょっと長生きしたら作風が変わってたかもしれないですね。

>>froschさん
まあ、業務ルクーはヴァイオリン・ソナタが代表作だから普通はそんな感じなのでしょう。

投稿: naoping | 2009年10月11日 (日曜日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/31728144

この記事へのトラックバック一覧です: 24歳夭折・ルクーのピアノ曲&室内楽曲集:

« 昨日行ったコンサート | トップページ | ハンドリー/ホルスト「惑星」 »