« エルガーのコケインを聴きながらロンドン話。 | トップページ | デアゴスティーニ・オペラコレクション「カルメン」を買ってみた。 »

2009年9月 1日 (火曜日)

ベルク/ヴァイオリン協奏曲 ショルティ

P1110225 ベルク:ヴァイオリン協奏曲 
チョン・キョンファ(ヴァイオリン)
サー・ゲオルグ・ショルティ指揮/シカゴ交響楽団





まあ・・・・ね。一応時節柄の話題を。

政治のことはほんっとに詳しくないので、文章にする頭はないんだけれども。

私は今回も投票に行った。行ったことは行った。大人だから一応投票した。小さいからといって子供に間違えられたりはしなかった。風船も配られなかったし。

(ところで、ウチの投票所って風船ふくらませないで子供さんにゴム状態で配ってた。「インフルの影響で、おじさん膨らませられないから、自分で膨らませてね」とか言ってた。つか、今まで係のおじちゃんたちがふーふー膨らませてたのか。大変だな。)

で、まあ。
どこに投票したかはナイショだけんども。

『じみん』はやっぱり今回はいかんかったと思う。何がいかんというと。

見たとたん頭にきて捨てちゃったんだけど、「みんなが『みんす』に入れると日本はこんなひどいことになりますよ~」みたいな小冊子がある日ウチのポストに入ってたのである。目を疑ったけど『じみんとう』って後ろにしっかり印刷されてた。

まあ、もしかしてこれは正しいことが書いてあるのかもしれないけど・・・人としてどうなんだろうか。

例えば、中学の生徒会長の選挙で、同じことしたとする。立候補した生徒がライバルのことを書いて、他の生徒の家のポストに入れたとする。

たとえばこんなふうに。

「立候補した○○君が当選したら、夏休みの宿題が増えますよ~」
「給食のカレーライスがすくなくなりますよ~」

そんなことした生徒には投票しないな、私は。

まあ、大人のやってる選挙だから、そりゃーそんな幼稚なことでもないのかもしれないけど、頭の悪い私にはそういう風に感じた(きっと同じことを感じた人はいるんじゃないだろうか)。だからどっちにも入れなかった。日本はこれからどうなるのだろう。私にはよくわからない。不安。

・・・

ところで・・・ベルクだった(まあ、全然関係なかったわ、ごめんなさいね)。

ショルティってベルクの録音は他に残してったっけか? もしかしてこれだけなのかしらん。ベルクの師匠のシェーンベルクは「モーゼとアロン」とかあったけんども。

ショルティのCDは・・・結構ウチはまあまああるんだが(子供の頃は1970年代のデッカ録音で育ったもんで。あのへんの録音が今も一番すばらしいと今も信じている)ファンっていうほどでもない。ショルティはダメなときもある。いいときもあるが・・・みんなそうだが。

たとえば。

ショルティがベルクのオペラの指揮をするところがあまり想像できない。どうなんだろう。「ヴォツェック」はまだしも「ルル」なんかどうも合わない気がするんだが。

だもんで、ちょっと興味があってショルティ指揮のヴァイオリン協奏曲を買ってみたんだが(ずいぶん前)、そんなに聴かないでほっぽってあった。でも、久しぶりに聴いてみると・・・普通にしっとりとしたいい演奏である。ことさらこってりとしたウィーン世紀末の空気を感じるわけでもなく、狂ったショルティっぽくないし、ことさらハゲしい演奏というわけでもない。チョンさんのヴァイオリンが素晴らしく、ショルティがそれに沿っていて伴奏に徹している感じである。例えば第2楽章の冒頭なんてもっと激しい出だしの演奏はいくらでもありそうなもんだが、結構おとなしく感じる。

なあんだぁ。あたしはもっと激しいほうが好きだあ。

で。また突然だけど最近はショルティ指揮の「ファウスト交響曲」を買おうか買うまいか検討中。なんか・・・合いそうでしょ?

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« エルガーのコケインを聴きながらロンドン話。 | トップページ | デアゴスティーニ・オペラコレクション「カルメン」を買ってみた。 »

コメント

選挙は福岡に引っ越してすぐにあった福岡市長選挙以外は全て行ってますけど、今回は日本中まさに大地震が来たって感じでしたね。福岡でもあんな状態でしたし・・・これからどうなるのか楽しみでもあり不安でもありますね^^;

僕も一時はショルティの演奏するCDを買ってましたね、特に聴き始めたばかりの時はショルティの分かりやすくて生き生きとした演奏が曲を知るのに打ってつけなので重宝してました。

ところで、音楽の記事は新しいブログに少しずつ移してゆきます。今のブログはしばらくはそのままですけど、新しいブログのアドレスを教えておきます。

http://arzuluq.blog42.fc2.com/

です。

投稿: Masahiko | 2009年9月 2日 (水曜日) 15時30分

ショルティのアルプス交響曲は快速でぶっ飛ばしますね。爽やか。

投稿: 蜜 | 2009年9月 2日 (水曜日) 20時49分

>>Masahikoさん
楽しみでもあり不安、ですかぁ・・・・。
どうも、政権交代は私にとっては不安ばかりで何も楽しみなことはないです。子供手当も高速料金無料も私にはどちらも何のトクにもなりませんので。景気がこれ以上悪くならないことをただ祈るばかりです。
このCDに関しては、ショルティはずいぶん普通な印象を持ちました。おっしゃる通り分かりやすい、聴きやすい演奏だと思います。


>>蜜さん
ショルティのアルペン、未聴です。面白そうですね。

投稿: naoping | 2009年9月 3日 (木曜日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/31198144

この記事へのトラックバック一覧です: ベルク/ヴァイオリン協奏曲 ショルティ:

« エルガーのコケインを聴きながらロンドン話。 | トップページ | デアゴスティーニ・オペラコレクション「カルメン」を買ってみた。 »