« 友人ちのねこさん | トップページ | 奇想の王国 だまし絵展 »

2009年7月18日 (土曜日)

ノスタルジックなケーキ屋

Pudding_3 最近見つけたケーキ屋さんで、「ロマン」ってところなんだけれども。(写真は焼きプリンとチーズケーキ)

もうここが強烈にノスタルジックで。もう・・・映画「3丁目の夕日」に、店のおば(あ)さんともどもCGなしで登場できそうな店構え。

色褪せた看板に「献上菓子の店 ロマン」とか書いてある。どこに献上してんのやら。

間口3~4尺くらいしかない(測ったわけではないけど)んで、店にショーケースがまともに入らない。んでななめに置いてある。店にお客さん一人入ったらいっぱい。ちなみに自分以外 誰かが買ってるの見たことない。

店のおば(あ)さんは「すいませ~ん」と呼ばないと出てこない。隣の店で喋ってたりする。それもまた懐かしい。

しかも、値段が安い。一番高くても250円。プリンは120円(なつかしのプリンアラモードだって150円だった気がする)。イチゴロールケーキ100円とかだぜ。アップルパイをホールで買っても1500円くらい。シュークリームはちゃんとカスタードとホイップのクリームの二層になってる。

味は・・・なんというかもう想像通りの味なんだわ。小中学生のときに、近所のケーキ屋で何かあった時にだけ買ってもらえたケーキの味。近頃の人気パティシエのような小技とか全然なし、ごくごく普通のなつかし~味。(だからそんなに人には奨めないんだけど)

私は実はあんまり進んでケーキは食べないし、自分のためだけに買いに行ったりはしない。自慢じゃないけど、「テレビに出るくらい有名な美味しいケーキ屋」に行くにはかなり便利なところに住んでいる(と思う)。だけど、「ロマン」のケーキを買ってるのは何故か?

・・・味じゃなくて多分、雰囲気とかそういうのを買ってるんだと思う。なんか、子供の頃に戻れるような(別に戻りたくもないが)そんな感じがするんだな。

ちなみにこのケーキ屋の存在する商店街もまたすごいノスタルジック。ちゃんとさばいて売ってる(パック売りでない)魚屋さんとか量り売りの肉屋さんとか。普段は近所のスーパーでしか買い物しないもので、子供の頃にあった実家の近所の市場を思い出す。懐かしいです。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 友人ちのねこさん | トップページ | 奇想の王国 だまし絵展 »

コメント

こんばんは。
昔、JR中央線の三鷹に住んでいた時、近くに「かねこ」という町の小さなケーキ屋さんがありました。
「かねこ」っていう名前もケーキ屋さんぽく無くて良いでしょ?
飾り気の無いシンプルな苺ショートが何とも優しく懐かしい味で大好きでした。
ネットで検索したら、今でもお店はご健在で、私と同じ様な感想も乗っていました。今度、久しぶりに行ってみようかな。
町の小さなケーキ屋さんって、暖かみがあって良いですね。

投稿: golf130 | 2009年7月18日 (土曜日) 23時52分

>>golf130さん
「欧風洋菓子かねこ」さんですかね。ふむふむ。
私の実家の近くにあったケーキ屋さんはとっくの昔になくなってしまい、そのあとにできたケーキ屋さんも一酸化炭素中毒だかで潰れ、一番近い駅の有名なケーキ屋さんも最近なくなってしまい、結構洋菓子屋さんは厳しいですね。今時何十年もやってる小さいケーキ屋さんって儲けはあるんだろうか・・・ちょっと不思議です。

投稿: naoping | 2009年7月19日 (日曜日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/30594455

この記事へのトラックバック一覧です: ノスタルジックなケーキ屋:

« 友人ちのねこさん | トップページ | 奇想の王国 だまし絵展 »