« ブリテン/カーリュー・リヴァー | トップページ | 日本の美術館名品展・東京都美術館 »

2009年4月30日 (木曜日)

新型インフルエンザ対策キット

P1110182 こんなのいらんよ。家に持って帰るの邪魔だし。

とか思ってたんだけど。

昨年の晩秋ごろに勤務先から全員に渡された「新型インフルエンザ対策キット」。どうせ使わないので押入れの奥にしまってしまったけど、今回改めて引っ張り出してみるとこんなに光り輝いて見えるとは。

内容は:

・N95マスク(20こ)

・ラテックスグローブ

・消毒用エタノール

・イソジンうがい薬

・ゴーグル型保護メガネ

・新型インフルエンザ予防手帳

すごい。なんかこれに備蓄の食糧と水とか買っておけば万全だ。なんかひとり暮らしで心細いんだが、予防さえしてれば安心だ(と、とりあえず。海外行かないし)。

普通のインフルエンザになった経験はあるんだが、アレはハンパない。本当にアレは苦しい。熱は40度近く出るし、体中をトンカチで殴られるくらいの痛みなんだからね。今度はやってるのはどんなか知らないけど、以前なったのより重症だったら私生きてる自信ないわ。

ということで・・・気をつけなはれや!

ウィルス感染防御セット

N95マスク 20枚入り

 防護服

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ブリテン/カーリュー・リヴァー | トップページ | 日本の美術館名品展・東京都美術館 »

コメント

naopingさん、こんばんは!
トンフル、怖いです。やはりGWはシェルター(=我が家)でおとなしくしようと思っていました。
でも、師匠ご紹介の防護服を見たら、やっぱり地球を離れることが一番安全と思いなおしました。
若田光一さんに会えるか分かりませんが、月に行ってこようと思います。そして、その後は、過去に行ってきます。無事帰ることができたら、ブログでご報告いたします(笑)。

投稿: Niklaus Vogel | 2009年4月30日 (木曜日) 22時18分

>>Niklaus Vogelさん
こんばんは。トンフル怖いですぅ。でも豚は大好物なので食べてます。
防護服、楽天で売ってるのかな~と思ったらありました。今は「こんなの一般人は買わないよ~~」とか笑ってられますけど、そのうち外出する人が全員これの着用を義務付けられたりして。ディズニーランドなんかでみんな着てるのを想像するとコワイです。
若田さんには宜しくお伝えください。過去は・・・1950年代のバイロイトに行くのですねわかります。

投稿: naoping | 2009年4月30日 (木曜日) 22時47分

 ご無沙汰です。
 それにしても写真画像に写っている「新型インフルエンザ対策キット」、これはまさしく先見の明あり、と思わず感心してしまいました《ス、スミマセン…》。

 ところで、今度の豚インフルエンザ騒動、第1次大戦時に発生した「スペイン風邪」以来といえそうな感じですね。
 先日、日本への入国者(日本人だったので”帰国者”かな…)の中に感染の疑いありという人が現れ、一斉に報じられるなど大騒動になっていたのですが〔尤もその後、別のインフルエンザ・ウィルスの感染と判明したわけですが…〕、今日現在の報道では、ついに音楽の本場であるドイツやオーストリアにも感染エリアが広がってしまっていて、この先どこまで広がるんだろう、と懸念しているところです。

投稿: 南八尾電車区 | 2009年5月 1日 (金曜日) 11時25分

>>南八尾電車区さん
お久しぶりです。
この対策キット、本当に邪魔で「どうせ使わないし・・・。家族のいる人用じゃないの?」とか思ったんですけど。このテのマスク買うとけっこう値段するみたいで、薬局で見てびっくりしました。

まあ、スペイン風邪の現場にいなかったのでよく分かりませんが、とりあえず外出しないで済むように食糧の備蓄と万が一感染したときに備えて(まあ、私はまずない)おかゆのレトルトを購入してきました。音楽の面から言えば、世界中から音楽家が東京中心に大量に送り込まれてくるラ・フォ・・・シュネ?とかいう集まりもなんかちょっと心配なんですが・・・行く予定ないですけど。オケ・合唱団全員防護服着用・・・てことはないです。

投稿: naoping | 2009年5月 1日 (金曜日) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/29372325

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ対策キット:

« ブリテン/カーリュー・リヴァー | トップページ | 日本の美術館名品展・東京都美術館 »