« トゥーランドット in 神奈川県民ホール | トップページ | 桜写真集2009 »

2009年3月31日 (火曜日)

なんか解せない話2つ(+横浜写真集)

Pa0_0381 なんか最近、雑談っぽいことを書いてないんで書いてみる。すいません、笑える話ではなく、ずっと疑問に思ってたことと最近疑問なこと。こないだ横浜で撮った写真を交えつつ。

ひとつめは私の携帯電話の話(怪談じゃないよ)。
携帯の番号は何年も同じなのだが、5~6年前すごく変なことがあった。

間違い電話がしょっちゅうかかる。いつも同じ名前「○○さんですか?」とかかってくる。しかもいろんな人から。
かけてきた番号を聞くと、私と全く同じ番号。お互い「なんでしょうかね?」と言い、電話を切る。

で、そんなことが半年くらい続いて、ある日。知らない女性から電話がかかってきた。「あなた、私と携帯の番号同じですよね??」と。

へ?

Pa0_0380 あー、そういえば間違い電話かかってくるけど。でも、んなばかなことがあるわけ?

その人いわく、
「あなたの携帯から、あなたの番号をためしにかけてみて下さい。」
そんなことしたって、かからないでしょう・・・と半信半疑。

・・・かかった。いましがた話してた女の人出た。あとで自分の着信見たけど、自分の携帯と同じ番号だった。

まさか同じ番号を振り分けられたってこと?んなことある?

でも、どうしようもないし。「あなた番号変えて下さい」ともお互い言えず、そのときは電話を切った。

Pa0_0378 不審に思って、自分の携帯の会社に電話をかけてみた。

「あのー、私の番号と同じ番号を使っている人がいるんですよ。」と説明した。係りのおねいさんは間髪いれず

「そんなことあるわけないですよ!」と言った。まあそりゃ普通そうだが。

で。

今もずっと同じ番号だけど、最近はそういう間違い電話もない。もしかしたら同じ番号の女の人は番号を変えてくれたのかな。

<一つめおわり>

Pa0_0382 二つ目。こないだの冬休みに実家(自転車で10分)に帰ったことの話。
実家の二階は昔はじいちゃんとばあちゃんと叔母が住んでいた。じいちゃんとばあちゃんは亡くなって、叔母はマンション買って昨年出て行った。(別に怪談じゃないので心配しないで読んで)

正月に両親と3人で二階の仏壇に線香あげに行ったのだが(別に怪談じゃないってば)、その部屋の飾り戸棚に古~い兵隊さんみたいな30代くらい?男の人の顔写真が飾ってあった。こんな写真ずっとなかったので父親に訊いた。「この男の人、誰か知ってる?」

父はちょっと考えて「しらな~~~い」と一言。

じいちゃんは私が中学の頃亡くなったし、ばあちゃんが亡くなってからもう何年も経ってる。叔母がそんな古い写真を引っ張り出して飾ることはない(そんなことする人じゃない)。

うちの父はボケてない(年取ってるけど、パソコンをバリバリ使うし)。子供の頃の写真引っ張り出して「これはナントカちゃんで。これはウラのナントカちゃんで」とか小さいときのこともすごく覚えている。父は男の兄弟は一人いたけど18で亡くなったから年齢的にも違う。

あれからもう3か月も経ってるんだけど、いまだにそれが謎。(うちの親が全く疑問に思わないのも謎。)

<二つめ終わり>

ではおやすみなさい。

------------

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« トゥーランドット in 神奈川県民ホール | トップページ | 桜写真集2009 »

コメント

naopingさん、こんばんは!
携帯の話も写真の話も怖いです(゚∀゚;
ところで、新国の「ラインの黄金」、「トゥーランドット」@神奈川県民ホール、そして横浜中華街と、最近は師匠とyokochanさんのブログの区別がつかなくなってきました…ウソ(゚∀゚)

投稿: Niklaus Vogel | 2009年3月31日 (火曜日) 23時20分

こんばんは〜〜。
一つ目の話、何だかとても怖いです。世にも奇妙な物語ですね。
異次元と通話していたのかもしれませんよ。
自分でも試してみたいですが、夜だと怖いので明日の昼間にでも。

投稿: golf130 | 2009年3月31日 (火曜日) 23時21分

ニーベルハイムの方から区別がつかないとされたものです。

携帯ネタは、私も用意してまして、近日upしますね。

でも私も奇妙な経験をしてまして、ある方を登録してあったのですが、ある日から違う人になってしまったのです。
お仕事の人なんだけど、以前はその人にかかったのに、ある時から、違う取引先の人の携帯にかかってしまうのです。
番号は同じなのに・・・・?
いまだに解せません。(やり取りがなくなったので、消去したけど)う~む・・・。

投稿: yokochan | 2009年4月 1日 (水曜日) 00時34分

>>Niklaus Vogelさん
ニーベルハイムからようこそ!
コメント返ししている今日は4月1日ですが、昨日の記事は本当なんですよ。

そして・・・ふっふっふ。実は「さまよえる歌人日記」は私のもう一つの人格が書いているのですよ・・・。実は私は多重人格で


だったら面白いんだけどねえ。


>>golf130さん
こんばんは。携帯の話ですが、知り合いの女の子がもと携帯の販売やってたので訊いてみたんですけど「電話番号の振り分けの構造上絶対にそれはありえない」と言っててました。でも、同じ番号の女性は声から想像するに50~60代のしっかりした感じの方だったからとくにホラー臭はありませんでした。(カン高い声で「もしもし、私リカちゃん。今あなたの家の前にいるの」とかだったらもっと面白いのにね。)

ご自分の番号にかけてみました?

>>yokochanさん
こんばんは。まあ、同じような音楽の趣味で関東地方住まいだからついついブログがコラボってしまいますのよね~(←無意識)。

横浜のあの日は一緒にオペラ見に行った友人が「中華街で一生許せないくらいマズイお店があるの!!」というので見に行きました。ナントカ楼って店で(ちょっと失念)コースが物凄い安いためみんな騙されて入るんで、ちっとも潰れないんです。お気を付けください。

投稿: naoping | 2009年4月 1日 (水曜日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/28900388

この記事へのトラックバック一覧です: なんか解せない話2つ(+横浜写真集):

« トゥーランドット in 神奈川県民ホール | トップページ | 桜写真集2009 »