« サヴァリッシュ/影のない女 | トップページ | クライバー:トリスタンとイゾルデ(74年バイロイト・ライブ) »

2009年2月 7日 (土曜日)

美女演奏家は日本クラシック界を救うのか。

雑談で申し訳ない。

土曜の朝、いつものように「知っとこ」という情報番組を見ていると、ゲストの方の一人に女優の松下奈緒さんが出ていた。で、今出てるという連ドラの番宣のために、彼女が作曲したというピアノ曲を弾いていた。女優さんなのでとても美しい人である。また、美女がピアノを弾いているのは、女の私から見ても心がなごむ。(彼女は自作の曲だけでなく、オケと共演してモーツァルトのコンチェルトとかコンサートで弾いたりしてるみたいである)

で、ふと思い出した。

昨年知り合ったある男の人が、物すごい面食いであった。たまに飲みに行ったりしてたが、まあやっぱり人並み外れた面食いの男が(並の)私なんかとつき合いきれるわけはない。今どうしてるんだか。死んだか。

まあ、男性はある程度みんな面食いなのではとは思う。でもその人はハンパなかった。好きなタイプは「壇れい」さんであった。その前は「純名りさ」さんだったらしい。ハードル高けえ。いや、「壇さんも純名さんもそりゃー美しい人だが、現実は違うんだということは大人なのだからわかるだろう」と思ってたがそんなことなく、その人は本当に女性の価値を顔の美醜だけで決めていたのである。

ある日、私がクラシックを聴く女だということで話題はクラシック音楽へ。「俺もクラシックたまに聴くよ。松下奈緒とか、高島ちさ子もタイプなんだ。川井郁子も奇麗だよね。でも松下奈緒ってピアノうまいの? そのへんはなんかわかんないけど・・・」

えーっと、クラシックの中で一番私の遠い分野に話がいってしまったぞ。みんな演奏なんかテレビとかでしか聴いたことない。ナマやCDでは聴いたことない。だって・・・これって話題のとっかかりとしては無理でしょう。私 女だしなあ。(「ヴァイオリンは竹キョンがうまいと思うなあ」なんて観点の外れた返答をしそうになって、やめた)

松下奈緒さんは女優としてしかよく知らないし、高島ちさ子さんは毒舌が面白くてたまにバラエティで見てるくらい。ヴァイオリン弾く美女を大量に引き連れて(キャバクラかとおもふ)コンサートを各地でやられているんだが・・・はっきり言って・・・行かないもんなあ。そりゃあ奇麗な人は私も好きだけど・・・。

でも、「演奏はうまいのかわかんない」のにCD買って聴いているというのがよくわからない。コンサートに行ったり、DVDとか映像として観るのはいいのかもしれないけど。奇麗な人がピアノを弾いているのを想像すると萌えるのか? 別に他人の趣味趣向に文句つける気はないけれど。ジャケット見ながら「こんな奇麗な人が弾いているのか~、いいなあ~」という観点なのだろうか。私もジャケ買いはするけど・・・それとは少し違う気が。

まあ、クラシックにはそういう(どういう?)市場があるのは前から知ってたが、すくなくともちゃんとそれにお金を使ってる人が存在するということはわかった(←ここ重要)。で、こういう(音楽のわからないのにジャケットのみでCD買う)バカ男がお金を落としてくれるということで低迷している?クラシック業界を救うかもしれない・・・違うかあ。



------

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« サヴァリッシュ/影のない女 | トップページ | クライバー:トリスタンとイゾルデ(74年バイロイト・ライブ) »

コメント

記事の内容と全く関係なくて恐縮ですが、
埼玉県立近代美術館でロシア・アヴァンギャルド展やってるらしいです。
通りすがりでポスターちら見しただけなので詳細は分かりませんが。

で、一応記事にも触れておくと、私も一時期某美人ギタリストにハマった前科があるので、
そういう聴き方をする人に強くは言えません。
とりあえず、他人に迷惑かけない聴き方してくれれば問題ないです。

投稿: フィディ | 2009年2月 8日 (日曜日) 00時44分

難しい・・・。一応ステージに上がって面容をみせてしまうから、美醜の問題はある程度出てきてしまうのは仕方ないけれど。ただ聴いていて物凄い演奏をされれば、それはコンサートでは問題ない。けれども、仮想のリアリティが必要とされるオペラで、悲劇のヒロインがとんでもないウエスト・サイズでは問題ありというのが私のかねがね思っているところではあります。
最終的には、女性のみが持つ秘術「お化粧」があるのですけどねぇ。
ちなみに話題に上っていた高島、松下、川井のお三方、全然クラシックとは関係ない演奏家だと思っております。下〇だもんね。

投稿: IANIS | 2009年2月 8日 (日曜日) 01時23分

初めて聴いた曲は、比べるものが無いので最初の演奏が刷り込まれてしまいます。他の演奏と聴き比べなければ充分楽しめるのではないでしょうか。業界が救えるとは思えませんが・・・。
また上手い下手と好き嫌いは別のものだったりします。誰にもほめられないヘルゲ・ブリリオートのトリスタンが、私は大好きです(笑)。

実は私にも、某歌手のライブDVDを見て色香に迷わされ、武道館まで馳せ参じた実績があるので偉そうなことは言えなかったりします(笑)。

投稿: 大分のワグネリアン | 2009年2月 8日 (日曜日) 17時39分

naopingさんとは逆で、男性の価値を顔の美醜だけで決めていた女の人、かつての知り合いに居ましたよ。で、やはり音楽の話になったら錦織某とかイェル●●ムとかの名前出してましたね・・・

僕はそういう拘りがないので分からないけど、まあそれが入口で音楽にものめり込むってのはありでしょう。まぁbondには随分入れ込んでたけど、普通に音楽聴いて面白いと感じたからでヴィジュアル面については特に興味なかったし・・・

投稿: Masahiko | 2009年2月 8日 (日曜日) 20時01分

>>フィディさん

こんにちは。埼玉でするのは、昨年文化村でやった「青春のロシア・アヴァンギャルド」と同じみたいです(あの、「ルネッサーンス!」の)・・・ただ、映画「アエリータ」の全編上映は気になります。

美人ギタリスト・・・あ、でも私も彼女は好きですよ、カワイイし。でも彼女の上手さはいくらなんでも(ギター素人の私でも)わかりますもん。でも、なんもわからないで顔がいいだけでCD買ったりするのは理解できない。このBlogにいらっさる人の中にはそんな方はいないと信じてますけどね。

>>IANISさん

こんにちは。
オペラ歌手は半分は舞台女優であるから、ある程度美しくないとなあと思います。しかし、最近はスリーサイズ100!100!100!みたいな人は少なくなりました・・・。こないだ久しぶりにNHKでカバリエ見たけど、あーゆー体型で悲劇のヒロインを演じても結構納得してしまうのは、やっぱり声の力ですなあ。

あと、お化粧マジックは凄いです。(おととしでなくて)10年位前に来日したときのワルトラウト・マイヤーの普段の姿のインタヴュー写真を見てかなり・・・うあう。舞台じゃあんなに奇麗なのに・・・。

(・・・下〇のマルがわかりません・・・。)

>>大分のワグネリアンさん

こんにちは。救えない・・・すよねやっぱり。

あ、えーと、昨日クライバーのトリスタン聴いてるときにこのコメント頂いたので「え、なんでブリリオートのトリスタン聴いてることがわかったのかしら?」と驚きました。

某歌手って、武道館だからクラシックではないのかな。大分から武道館・・・?? 別に隠さなくても・・・・(笑)。


>>Masahikoさん

こんにちは。
ですよね~、錦織はかっこいいよね~、愛ちゃんが惚れるわけだ~。
あ、健さんのほうね。
イエルザレム、勿論私も好きな歌手の一人ですが・・・「あの人は今」状態ですわ。どうしちゃったんでしょう。イエルザレムが好きなのは声が一番ですが、外見もちょっとあります(ホントにちょっと)。やっぱりジークムント歌いはある程度見栄えがよくないと。

bond 懐かしいですな(そんな前じゃないですね)。チャーリーズ・エンジェルみたいだ・・・違うかぁ。

投稿: naoping | 2009年2月 9日 (月曜日) 23時45分

私は女ですが、やっぱり美男美女が好きです。特にオペラは殆ど「はかないヒロイン」と「青年」なので、容姿端麗でウェストの細い歌い手さんが好きです。いくらいい声のテノールでもトテトテ走ってくるおっちゃんじゃ、いやっ! だけどCDの場合、妄想をふくらませられるので、ルックスはどうでもいいと思います。

投稿: Mevrouw | 2009年2月10日 (火曜日) 03時41分

イェルザレムは随分前にレコ芸で「リチャード・ギアとマイケル・J・フォックスを足したような」って紹介してあったけど、90年代には得難いヘルデンテノールとして引く手数多でしたよね。ちなみに声楽に転向する前にはファゴット奏者、それもチェリビダッケがいた頃のシュトゥットガルト放送交響楽団に居たとか・・・

bondもすっかり聞かなくなったけど、一時は毎年のようにCD出してましたよね。日本にもしょっちゅう来てたし・・・メンバーの結婚&出産が相次いで休止中みたいですね。

投稿: Masahiko | 2009年2月10日 (火曜日) 17時33分

私も非常に驚きました(笑)。ヘルデンテノールが払底していたあの時代に、とにかく最後まで歌いきれたブリリオートは評価されて良いと思いますし、劇中のトリスタンは特に英雄らしいところも無いので彼のような歌唱があってもよいのではと思います。

ちなみに某歌手とは声優兼歌手の水樹奈々さんです。
非常に高い歌唱力をお持ちで(もともとは演歌志望だったそうです)興味は持っていたのですが、ライブDVDを買ってみたのが運の尽きでした(笑)。
こちらで絶賛してもご迷惑なので止めますが、彼女の尊敬する美空ひばりさんのようにジャンルを問わず素晴らしい歌を聴かせてくれる歌手として、長く活動されるのではないかと期待しています。

投稿: 大分のワグネリアン | 2009年2月10日 (火曜日) 23時03分

>>Mevrouwさん
こんにちは。そうそうCDで聴く限り美男とか美女とかの歌手っていますよね。私の中で思い出す限り、マーガレット・プライスとスーザン・ダンが「耳で聴く限り絶世の美女」の双璧です。他にもいるかもしれませんけど。解説書の写真を見ると「アラマー・・・」。


>>Masahikoさん
リチャード・ギアで「あー!!」と思いました。そういえば似ていますね。MJFは・・・どうかと。ユンディ・リーがキムタクに似てるっていうのくらい違う・・・レコ芸。

イエルザレムはもしかしてまたファゴット奏者に戻ったのかな~(んなわけない)。


>>大分のワグネリアンさん
ブリリオート、あんまりクローズアップされること少ないですね。トリスタンは予想よりも良かったなあというのが私の感想です。

人に「趣味の引出しが多い」と言われる私ですが、何故かアニメの声優関係は全く詳しくなく(AV女優だったらまだしも)水樹奈々さんという方は全くお顔もお名前も存じあげないのですが、歌のお上手な方のようですね(・・・と一応youtubeで聴いてみる私)。

投稿: naoping | 2009年2月11日 (水曜日) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/27869801

この記事へのトラックバック一覧です: 美女演奏家は日本クラシック界を救うのか。:

« サヴァリッシュ/影のない女 | トップページ | クライバー:トリスタンとイゾルデ(74年バイロイト・ライブ) »