« ウォルトン/交響曲第1番 | トップページ | ル スコアール管弦楽団 演奏会 »

2008年12月20日 (土曜日)

クリスマス・シネシネ団のクリスマス

Pa0_0330 シネ! シネ! シネシネシネシネ死んじまえ~
青い電飾やっつけろ~
クリスマスツリーに放火してしまえ~










Pa0_0329 シネ!(あー!)シネ!(うー!)
シネシネ~
カップルなんか邪魔っけだ!シネ!









Pa0_0328 クリスマスなんかぶっ潰せ!シネシネシネ
シネシネシネ シネシネシネ
年末行事から消しちまえ!シネ!









Pa0_0327 シネシネシネ シネシネシネ・・・

(元作詞 川内康範先生ごめんなさい)















Pa0_0326_2













------

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ウォルトン/交響曲第1番 | トップページ | ル スコアール管弦楽団 演奏会 »

コメント

こんばんは、昨年からシネシネ団員っぽい、わたくしです。ことしも2週間ぐらい、誰にも会わず、うちで山ごもりの予定です。
この写真を拝見するに、案外、クリスマスイルミネーションを好きなのでは?
『惚れてまうやろー!』と、言いたくなるようなことはないものでしょうか。

投稿: にけ | 2008年12月20日 (土曜日) 22時21分

「力強く歌声が呼ぶ、
強い魔法の力が働き、
知の眠りから、
私は目覚めた、
眠りをさますのは誰のなのか?」

投稿: Niklaus Vogel | 2008年12月20日 (土曜日) 23時05分

去年もおととしもこの場(新宿南口界隈)にいたような気がする。去年はワイン飲みすぎて吐いてた。今年は素敵なディナーをしたにも関わらず・・・うーん。

>>にけさん
去年もそんなことをおっしゃってたような気がしますね。しかし、山籠りもまたいいのでは。外でつまんないクリスマスを送るより、家でワーグナーでも聴いてるほうがよっぽどいいと思います。

そーいえば最近自分が疲れてるなーと思ったのは、「惚れてまうやろー!」の人の相方の女装の人が日に日に本気で可愛く見えてしまうことと、オードリーの春日がイケメンに見えてしまう時です。好きかも。末期だ。

>> Niklaus Vogelさん

「目覚めさせたのはこの私だ。
深い眠りに閉ざされた、
どんな遠くの者でさえ、
私の歌は起こしてしまう」


by ジャイアン

投稿: naoping | 2008年12月20日 (土曜日) 23時41分

ワタクシは、大のイルミネーション好きでございます。
新宿のこちらも、先週撮影にいってまいりました。
家人は誰も付いてこないし、ひとり、とぼとぼとカメラを手に歩くのは寂しいけれど・・・・。

投稿: yokochan | 2008年12月21日 (日曜日) 10時43分

>>yokochanさん
こんにちは。イルミ好きのyokochanさんがいらっしゃいましたよ。
私は今月はわざと?イルミのあるホールは避けてました。初台とサントリーは鬼門ですな。すみとりとゲイゲキはイルミがほとんどなくて落ち着く・・・。

投稿: naoping | 2008年12月23日 (火曜日) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/26351814

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・シネシネ団のクリスマス:

» DSCH Symphony No.12 Maris Jansons 2004 [音楽鑑賞雑記帳]
Dmitri Shostakovich Symphony No.12 Op.112 “The Year 1917” I: Revolutionary Petrograd II: Razliv III: Aurora IV: Dawn of Humanity Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks conducted by Maris Jansons 26-28. VI. 2004 [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土曜日) 23時00分

« ウォルトン/交響曲第1番 | トップページ | ル スコアール管弦楽団 演奏会 »