« バイロイト音楽祭2008/ジークフリート | トップページ | バイロイト音楽祭2008/神々の黄昏 »

2008年12月27日 (土曜日)

2008年に行ったライヴ!総括

Celebration 年末恒例、今年一年間に行ってきたオペラ・歌舞伎・コンサートを振りかえる(というかただリンク張っただけ)というイベントであります。

今年は失業期間があったりして昨年よりお金使い渋ってた感がありますが・・・こうやって並べてみると結構行ってるわね(たはは)。今年は国内プロジェクトばっかりだったんだけど、日本の方も海外に負けないくらい頑張ってるな、と思いました。えらそうですいません。

今年は意外と展覧会に行けて良かったのでそのリンクも貼りました。


過去記事:2007年に行ったライヴ!総括




今年行ったライブ。
歌舞伎(3) オペラ全曲orハイライト(9) コンサート(9) 

浅草歌舞伎と昭和散策の旅2008

飯守さんのナクソス島のアリアドネ

ワーグナー「妖精」東京オペラ・プロデュース

飯守さんの「ワルキューレ」その1

飯守さんの「ワルキューレ」その2

アルミンク/戦争レクイエム

大友さんの「海の交響曲」

群響/戦争レクイエム

広島交響楽団演奏会<ノルウェー音楽集>

飯守さん/関西フィル ワーグナー・コンサート

勧進帳&浮かれ心中

コクーン歌舞伎/夏祭浪花鑑

東京二期会/ナクソス島のアリアドネ

神奈川フィル/トゥーランドット(ハイライト)

フェスタサマーミューザ/N響

飯守さんの「トリスタンとイゾルデ」inティアラこうとう

トヨタコミュニティコンサート/グレの歌

マスカーニ/イリス in 芸術劇場

イルジー・コウト「トリスタンとイゾルデ」N響

尾高忠明&札幌交響楽団/エルガー 交響曲第3番

ル スコアール管弦楽団 演奏会



今年行った展覧会

バウハウス・デッサウ展

青春のロシア・アヴァンギャルド展

対決・巨匠たちの日本美術

ウィーン美術史美術館所蔵・静物画の秘密展

フェルメール展&悲母観音

ジョン・エヴァレット・ミレイ展

|

« バイロイト音楽祭2008/ジークフリート | トップページ | バイロイト音楽祭2008/神々の黄昏 »

コメント

お久しぶりでございます。ここ一月あまり非常に忙しく仕事をこなした自分に、ブルーレイを視聴できる環境と、大阪と東京への小旅行をプレゼントいたしました(笑)。

今年聴いた中では井上道義さんのマーラー「巨人」が素晴らしかったです(日フィル大分公演でした)。舞台袖から現れた瞬間から尋常でない雰囲気を纏っていたのを鮮明に覚えています。また第二楽章の静かな部分で長く咳き込む方が居たのですが、井上さんはゆっくり客席を振り返り、睨み付けていました。その目つきの怖かったこと!(でも気持ちはよく分かります)。

余談ですが今大分では「吉村作治 エジプト展」が行われているので、今度行ってみようと思っています。

投稿: 大分のワグネリアン | 2008年12月27日 (土曜日) 23時55分

>>大分のワグネリアンさん
年末はみんな忙しいですね。ブルーレイですか。私はなんでか早まって東芝のHDD買ってしまった人なので、こののちどうしたらいいのか悩んでいます・・・地デジもまだだし。

ミッチーはなんか曲に対する思いいれの激しい人だなあと昔から思ってました。でもお客のせき込みは・・・我慢できればいいんですがそうでない場合はちょっと可哀そうですね。東京では演奏中に財布のマジックテープをバリバリいわせたり鈴をちりんちりんならしたりする客が最近多くて、私はそっちのほうが気になります。

エジプト系の展示はとても面白いですね。大英博物館のがたまに日本に来たりすると見に行きます(ま、ロンドンでも見ましたが)。

投稿: naoping | 2008年12月28日 (日曜日) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/26543511

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年に行ったライヴ!総括:

« バイロイト音楽祭2008/ジークフリート | トップページ | バイロイト音楽祭2008/神々の黄昏 »