« エリック・コーツのロンドン組曲が(トラウマシリーズ) | トップページ | イルジー・コウト「トリスタンとイゾルデ」N響 »

2008年11月14日 (金曜日)

バルビローリ/RVW8番&その他いろいろ

51p05r72yfl__sl500_aa240_イギリス国歌
アラン・ローソーン:序曲「街角」
ヴォーン=ウィリアムズ:交響曲第8番
バックス(バルビローリ編):オーボエ五重奏曲
ディーリアス:春初めてのカッコウを聞いて
ウォルトン:戴冠式行進曲「王冠」
エルガー:希望と栄光の国

英国陸軍軍楽学校バンド&トランペット隊、エヴリン・ロスウェル(オーボエ)、カスリーン・フェリアー(コントラルト)、
サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団

16万アクセス突破しました。いや~(誰も褒めないけど)なんかずいぶんご覧になって頂いて。この文章ほとんど(引用の他は)私が書いてるわけですから、ズブの素人の私の文章をこんなにたくさんの方が読んでいるってことは本当に奇跡に近いと思います。皆様ありがとうございます。

現在は一日200~400アクセスくらいあります。これってこないだ小遣い稼ぎのためにアダ○トブログをやろうかと野望を抱いたときに「アダ○ト系は黙ってても一日200アクセスは期待できます」って指南サイトに書いてあったから、私のブログってアダ○トブログ並の?アクセスはあるってことだわね。

自画自賛はこれくらいにして。

今日はUPするととたんにアクセス数がダウンするという(ウチではよ)イギリス音楽。しかし人気指揮者バルビローリってことだからプラマイゼロか。

このCDは1968~1969年のコンサートから色々なイギリス音楽が集められている(エルガーだけフェリアーが出てっから古くて1951年)。最初は盛大にイングランド国歌だわな。なんかバルビローリが指揮してるってだけで有難いんだけども。

2曲目、アラン・ローソーンって作曲家はナゾである。全然知らんのだが、タワレコのサイトを見ますと意外なほどCDが出ている。「街角」って曲は(この邦題はどうなの)軽快な感じだが・・・人気あんのか。この作曲家、映画音楽も結構こさえてるみたいだが・・・はて。

で、この(寄せ集め)CDの核となるのがヴォーン=ウィリアムズの交響曲第8番である。この曲はバルビローリ&ハレ管が1956年に初演している。この8番は何かとりとめのない感じの印象が私はある。が、バルビローリの指揮ってことでたまに聴くことがある。第3楽章のヴァイオリンソロが「あげひばり」を思い出し、キムヨナ・ファンの私にはとても喜ばしい。キムヨナ可愛いヨナ。

第4楽章の鐘やらドラやらジャンジャン鳴るのは何か知らんが中華っぽくてロンドンのソーホーを思い出す。ロンドンの中華、美味しいんだよね。昔、ロンドンの中華屋で食べたなんか海老をぐにゃぐにゃした皮で巻いて甘辛いタレがかかったものを食べたんだが、美味しくてずっとそれが忘れられず。一回日本のどこかで出っくわしたことがあって「あああああこれロンドンで食べたやつだ~~」と感動したが、料理の題名としては何なんだろう。はて。

バックスは、バルビローリの配偶者であるオーボエ奏者のエヴリン・ロスウェルさんが出演、オーボエ五重奏曲を指揮者が協奏曲に仕立て上げたって感じで夫唱婦随の演奏。この曲は第1楽章はよくわからんが第2楽章は美しい。第3楽章はいかにも楽しいイギリス音楽の印象(ホルストの吹奏楽っぽいメロディ)。ところでオーボエの音を聴くとラーメン食べたくなるのは気のせいか?(そういえば結構最近亡くなったんでしたエヴリンさん。合掌)

「春カッコー」ディーリアスは久しぶりに聴くなあ。やっぱりいいなあ。

ウォルトンはお馴染み皇室御用達行進曲。ブリスの「ようこそ女王陛下」と並んで好き。しかしここらへんの曲はなんでか全部同じ構成のような気がするのだが。

でまー。

このCDを買ったのは今までの曲は全く関係ない。最後のフェリアーによる「希望と栄光の国」の録音があるからである。たとえCDにこれしか入ってなかったってあたしゃ買ってたぜ。そのくらい素晴らしい、神々しい歌唱である。4分19秒に渡って続くスクラッチノイズとともにフェリアーの美声を堪能できる。合唱も入ってる。素晴らしい録音である。ここしか聴かない、普段は。


----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« エリック・コーツのロンドン組曲が(トラウマシリーズ) | トップページ | イルジー・コウト「トリスタンとイゾルデ」N響 »

コメント

こんにちは。
1日200~400アクセスですか。凄いですね。
私のHPなんか、1日に50くらいしかカウンタ動きません。
くすん。
まあ、週イチ更新ですからこんなもんかな。

RVWの8番、私は好きです。
第1楽章は「主題のない変奏曲」で、エルガーのまねっこみたいですが、幻想的でイイカンジ。
第2楽章は管楽器のみ、第3楽章は弦楽器のみというのも
遊びゴコロ感じられますねー。
(第3楽章はホントに綺麗ですね。)
そして第4楽章は、打楽器をフィーチャーして賑やかに。
なかなか面白い曲です。

投稿: 木曽のあばら屋 | 2008年11月15日 (土曜日) 14時22分

RVWは、今年没後50年なのに全く話題にされてる形跡がなくて寂しいです。
でもやっぱりキムヨナは可愛い(←ソコ?)ウチ的には中野選手推しですが。

投稿: フィディ | 2008年11月15日 (土曜日) 17時29分

>>木曽のあばら屋さん
こんばんは。
ウチの場合は一日にい一人くらいは片っぱしから記事を読んでいくがいらっしゃるからではないかと。一日にいらっしゃる方は実は150人くらいですね。

RVW8番は表題ないんでなんとなくツウ向きかもなあと思っています。サクソフォーン入る9番もシブイし好きです。まあ、1番が一番好きですけどね。


>>フィディさん
あああRVW没後50年だったのですね。すっかり忘れてました。あんまりそういうこと気にしないもんで。2011年はマーラー没後100年だなあとか今思いました(マーラーの生年月日と没年月日は子供の頃から覚えていまする)。

中野ちゃんは日本の選手の中では好きですね。でも彼女は実力のわりに性格が控え目でちょっと野望が足りないような。そこがまたいいんですけどね。

投稿: naoping | 2008年11月15日 (土曜日) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/25329760

この記事へのトラックバック一覧です: バルビローリ/RVW8番&その他いろいろ:

« エリック・コーツのロンドン組曲が(トラウマシリーズ) | トップページ | イルジー・コウト「トリスタンとイゾルデ」N響 »