« 1円でも買える。でも1円でもいらん。 | トップページ | プーランクの「テネブレの七つの応唱」を聴きながらトラウマについて語る。 »

2008年10月21日 (火曜日)

じゃじゃ馬ならし。

P1110116 いつも案内を送ってくださいます、東京オペラ・プロデュース。行くかどうかまだわかんないけど一応広告だしておきまする。お世話様です。

http://operaproduce.ld.infoseek.co.jp/#kouen_jouhou

(あ、先日見させて頂いたワーグナーの「妖精」は第5回三菱UFJ信託音楽賞・奨励賞を受賞されたそうですね。おめでとうございます。)


ヘルマン・ゲッツって謎の作曲家による「じゃじゃ馬ならし」ってオペラ。あ、もちろん原作はシェイクスピアね。

「ゲッツ」ってググったら「ダンディ坂野」って出ちゃうから。元気かなダンディ坂野。


ヘルマン・(グスタフ・)ゲッツ(Hermann Gustav Goetz, 1840年12月7日 ケーニヒスベルク - 1876年12月3日 チューリヒ近郊ホッティンゲン)はドイツ人の作曲家。ベルリンに学んだ後、1863年にスイスに転居。音楽評論家やピアニスト、指揮者としての活躍に加えて、創作活動を行なった。(ウィキペディアより)


あら短命ね。どんな作風なのかしら。キャストは・・・「トーキョー・リング」のときに宙づりで森の小鳥さんをキュートに演じていた菊地美奈さんが主役なのね(17日)。ううううむ(悩)。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 1円でも買える。でも1円でもいらん。 | トップページ | プーランクの「テネブレの七つの応唱」を聴きながらトラウマについて語る。 »

コメント

ビューローのピアノの弟子だったようですね。
「じゃじゃ馬馴らし」全曲は、カイルベルト盤持ってます。
歌手もフリックやクメント等でけっこう豪華。
他にもCPOから出てるオケ曲や室内楽、ヘンスラーのシューリヒト指揮のヴァイオリン協奏曲持ってたりします。
作風は、とりたてて個性を感じませんでした。(私は)
何かブルッフやライネッケみたいな、この時期のドイツ・ロマン派の標準みたいな印象しか持ちませんでした。
因みにピアノ五重奏曲、いつかやりたいと思って楽譜持ってたりします。

投稿: フィディ | 2008年10月22日 (水曜日) 01時12分

>>フィディさん
毎度どうも。さすがはフィディさん、ゲッツ音源はもうとっくにゲッツしているんですね。ていうか、結構CD出てるのですね?存じませんでした。
でもまあ、なんとなく「個性がない」ような感じの想像はしていました。時代といい、この無名な感じといい・・・でもこのオペラはちょっと聴いてみたい気もします。

投稿: naoping | 2008年10月22日 (水曜日) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/24655674

この記事へのトラックバック一覧です: じゃじゃ馬ならし。:

« 1円でも買える。でも1円でもいらん。 | トップページ | プーランクの「テネブレの七つの応唱」を聴きながらトラウマについて語る。 »