« 今日は何の日? | トップページ | ニールセン/交響曲第4番「不滅」 »

2008年9月 8日 (月曜日)

ジョン・エヴァレット・ミレイ展

260pxsir_john_everett_millais_003 最近、貪るように絵画展に通っているが、その話を実家の母にするたびに「私も行きたかったのに・・・」と不平を言うので、渋谷でやってるミレイ展に連れて行くことにしました。

が。



渋谷に着いて、美女の川流れのポスターを見たとたん、母は頭にクエスチョンマークをのっけておりました。「あれ、ミレイって『晩鐘』とか『種まく人』とかの農民の生活の絵かと思った」

200pxjeanfranc3a7ois_millet_28ii29_















あ。それもありか。(いや、それはミレーだ)

いや、でもいいじゃん川流れのほうが私は好きなんだ我慢してくれ。

でまあ。
かなり前にロンドンのテートギャラリーでこのオフィーリアは見たのだ これは覚えている。

衝撃的だったし。

いやほんと、ここらへんの画家(バーン・ジョーンズとかロセッティとか)はイギリス好きにすれば基本。彼らの描く美女ってみんなタイプは一緒のような気がするが、本当に奇麗。

ファム・ファタルっつーか。

イギリスらしく、文学や詩などと深く結びついているのも興味深いし。映画や舞台の一場面のような。まるで植物図鑑のように細かく描かれた草木にも心奪われた。

ミレイは子だくさんでしかもこの子供たちはとっても愛らしく、よく画家のモデルになっている。それらの絵画はよく売れたことであろう。ミレイには画家=ビンボーという公式が成り立たない。ミレイはとっても立派なアトリエにいる写真をのこしているよ。

借金だらけで妻と11人の子供を残して死に、破産したフェルメールとはえらい違い。

展示方法もフェルメールとはえらい違い(展示場所が違うし制作年代や展示作品数を考えると・・・比べるのは全くヘンだが)。今回のミレー展は全体に会場が明るく、非常に見やすかった(これが普通だけど)。柵もそんなに気にはならなかったし(ただ、何故か「オフィーリア」だけはあまり近づいて見れなかったけど)、平日で空いていたし(ガラガラでもない)とても良かった。点数も多く見てて楽しかった。

で。

帰りに九州物産展に寄ったあと、タワーレコードでビルギット・ニルソンの自伝を購入。まあまあ厚い本だが、彼女の言動の面白さから言ってつまらないわけはない。帰ってすぐに半分くらい読んでしまった。感想はまた。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 今日は何の日? | トップページ | ニールセン/交響曲第4番「不滅」 »

コメント

こっ、こんばんは。
この間は、軽く流したのだが、naopingさんの術中にはまって、「見たほうがいい、かのうほうがい。」が頭から離れません。うーん、なんだか今晩、いけそうな気がするー。記事のタイトルに使おうかな。あると思います。(もはや古い!)
ミレイのオフィーリアは、わたしが知っているだけで、3回目の来日です。とても良い作品だと思います。
ここのところやけに美術展に行ってますね。悲しいことでもあったのでしょうか?
ニルソンの写真、ヴィーラント演出のトリスタン第1幕では。

投稿: にけ | 2008年9月 9日 (火曜日) 22時17分

>>にけさん
A級就職かと聞かれたり、悲しいことでもあったのと聞かれたり、ラジバンダリ(←古い)。
美術展は普通の日に行けるうちに(来週から働くので)行けるだけ通っているだけのことですYO

「かのうほうがい」は記事書いてたら「似てるなー」と思って出てきた偶然の産物です。使って頂いてもよいですが・・・??寒い??

ニルソンの自伝(ベームのトリスタンのジャケって安易じゃないかと思う)、感想を書くと多分にネタバレではないだろうか・・・という迷いがあります。最高に面白いのですが。

天津木村はレッドカーペット以外だと普通に放送できない域に達していますね。私は最近はモンスターエンジンにはまっています。 神々の 遊び

投稿: naoping | 2008年9月10日 (水曜日) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/23602068

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・エヴァレット・ミレイ展:

« 今日は何の日? | トップページ | ニールセン/交響曲第4番「不滅」 »