« サヴァリッシュ/ローエングリン | トップページ | バイロイト・ワルキューレ »

2008年7月28日 (月曜日)

神奈川フィル/トゥーランドット(ハイライト)

Pa0_0303 プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」(ハイライト・演奏会形式)
福井敬(カラフ)、岡田昌子(トゥーランドット)、大隅智佳子(リュー)、栗原剛(役人)、大塚博章(ティムール)、その他 司会・近藤政伸
現田茂夫指揮/神奈川フィルハーモニー管弦楽団・合唱団
(7月27日・ミューザ川崎)

毎年やってる、ミューザサマーフェスタでのコンサート。去年は2回くらい行ったような気がするが、今年はたぶんこれだけ(気が向いたら他の日も行くかも)。

この日はとっても人気があったらしく、買いに行ったときにはあと2~3枚しかS席がのこってなく。3階席。とってもこのシリーズはリーズナブルなので、3000円。

しかし、ホールがいいんだかオケや合唱団はとてもよく聴こえた。曲がダイナミックなせいもあるが。

考えてみたら、演奏会で「トゥーランドット」聴くの初めてだ。東洋っぽさをかもし出すためのドラやゴングがいっぱい並んでいるのを見るのはまたオツだ。

このシリーズのコンサートは初心者にも身近にクラシックに親しんでもらうため、1時間くらいの長さにおさめてある。なので、私からすれば全曲やらないのは残念だし、欲求不満が残る。カットされたのは主に、ピンポンパンの場面。仕方ないっちゃ仕方ない。ただ、ちゃんと合唱団が参加してたので曲のスペクタクルな雰囲気は味わえた。(合唱、素晴らしかった。子供の合唱の部分ではちゃんと子供っぽく歌ってた・・・みたいな)

第1幕の最後の3回のドラがなかったのが残念だが。

歌手について。最初の「役人」の人の声があまり3階席まで届かなかったのは残念。他の歌手の声は全然聞こえたので、席のせいでなく声量のせいでしょう。

福井さんは、いつもどおりな美しい声でした。ナマで「誰も寝てはならぬ」を合唱もついて聞けるのは、大感激。ほんとに素晴らしい。

この日、福井さんとともにお目当てだったのが、大隅智佳子さん。実はお名前はよく拝見するのだが、お声を聴くの初めてである。東京オペラプロデュースの公演で、たまたま行った日にはいつも彼女の日でなかったので、ずっとお声を聴きたいと思ってたのである。

この日の彼女はプロフィール写真よりもずっと可憐な舞台姿でして(遠目だったからか?)、あの写真はなんとかしたほうがいいなと思うんですが・・・余計なお世話。

今度二期会でタチアーナを歌われるだけあって、清純にしてとてもふくよかな通る声で素晴らしいと思いました・・・というか私の好きな声。歌うとこ少なくて残念よ。

トゥーランドット姫役の岡田さんは、全く初めて聞く歌手の方なのですが(まだ芸大大学院生だという)、お声はよく通るのですが。うーん。阿修羅みたいな髪型?でした。トゥーランドット役、日本人には難しいね。

さて、今回のコンサートは神奈川フィルの合唱団をご指導しておられる声楽家の近藤政伸さんがわかりやすく解説をしつつ、また演奏、みたいな感じだったので、ま、よくオペラに行く人にとっては「全部知っていること」が当然語られたのでありますが。

それって実際、「まあ、それはそれで、黙って聴くかな」くらいな普通のマナーは持ち合わせているのだけれど(当然でしょ)。

だのに。

私のとなりにいた紳士・・・じゃなくて紳士じゃねえよ、開演ぎりぎりに走りこんできたおっさんがこの解説を聞きつつ「あ、まあそうだな、ははは」とかいちいち反応したり、イタリア語のアリアの題名を解説者より先に発言したり(「ネッスンドルマ!」とかな)、横でブツブツうるさくて、私がついにキレて横で「うるさいな」と小声で言っても全く気づかず。

私の反対の横にいた大学生くらいの男の子も気がついてイライラしだしてたまに振りむいたりしてた。そんな感じであまり演奏に集中できなかった。滅多にあることではないが・・・ホント、やめてほしい。

帰り際に「うっせーな」?とか何かしら言葉を吐き捨てて帰ろうと思ったら、おっさんは終わったとたんにろくに拍手もぜずにぱ~~~っと出て行った。演奏者に対してもホントに失礼。いいコンサートだったのに残念でした。



Pa0_0302 終演後、世界のナベアツへ・・・・じゃなかった「世界のやまちゃん」へ。南海キャンディーズのやまちゃんも、ついには世界レベルまで達したのか?と思いきや、別に関係なかった。

ここは、手羽先がおいしいとこらしい。ミソカツは食べなかったが・・・エビフリャーなるものを注文。ま、エビフライですけどね。プリプリとして美味。さすが名古屋の味。

思いもよらず、何故かマグロのフライが美味しかったんですが・・・たぶん名物でもなんでもないような気がするが。

写真は、「名古屋赤味噌ラガー」ってビール(発泡酒)。キモチワルイイメージだが、黒ビールみたいな味だった。この発想はまるで、最近流行りの「わさびラムネ」「カレーラムネ」の趣かと。あと、カクテルに「デビルマン」とか「悪魔の夏休み」とかあり、「何故・・・この名前?」とか思い。(デビルマンはあまり「頂けない」ようだった。)


さてえ。帰宅して11時よりバイロイト音楽祭実況のマイスタージンガーを聴きつつ「あ~やっぱり酔っ払いにはムリだあ」と30分でダウン。で、朝5時に目覚めてまた聴いたら・・・最後の歌合戦の場面だったす。ワーグナーはさすがに長いなあ。最後の大ブーイングがいかにもバイロイトらしいぜ。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« サヴァリッシュ/ローエングリン | トップページ | バイロイト・ワルキューレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/22598578

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川フィル/トゥーランドット(ハイライト):

« サヴァリッシュ/ローエングリン | トップページ | バイロイト・ワルキューレ »