« 誕生日です。 | トップページ | インディ・ジョーンズとクリスタル・スカルの王国・など »

2008年7月 9日 (水曜日)

青春のロシア・アヴァンギャルド展

Mainvisual 渋谷・東急本店Bunkamuraにて開催中の展覧会。

別にまあ・・・アヴァンギャルド好きには外せない展覧会ではあるが、ここのミュージアムがあまり大きくないので、さほど大騒ぎするほどのことではない。

今まで写真を見たのみであったロシア・アヴァンギャルド映画「アエリータ」(DVDは出ているみたい)の冒頭だけ見ることができた。ヨーロッパの昔の映画(無声映画時代)の「遠い未来の国」という設定だと、なぜかコスチュームや髪型は「日本の江戸時代」みたいなのになるのは何故だろう。ここでもアエリータの髪型は「変形フジヤマゲイシャ」みたいな感じである。映画全部見たいぞ。

わたくしのロシアのアイドルである(どういうアイドル)、インターナショナル・モニュメントで有名(どこで有名)なウラディミール・タトリンの絵画も一点だけあった・・・けれど青春時代の作品というテーマなので、とくに印象に残らず。カタログも買わず。

シャガールの若き日の作品、ということでヤングな時の恋人の初々しい肖像画の展示があり、とてもいい絵だなと思ったけれど、シャガールが存命の頃どっかで発見され「作者に返そうぜ」という動きがあったが、そのときのシャガール夫人(2番目)がヤキモチを焼いて受け取りを拒否したとか。ああ、シャガールはモテモテ。

こんなふうに解説を読みながら、鑑賞するわけだがなんだか「ゴンチャーロフ」だの「ゴンチャーロワ」とか何かスィーツっぽい美味しそうな作家名、それに「ボルシチ美術学校」?だか「ストロガノフ美術学校」?だかがしょっちゅう出てきて・・・やっぱり美味しそう。空腹時には注意が必要だ。

しかし、この展覧会でもっとも目立っているのは、ずっとまえに生涯を映画化された「ニコ・ピロスマニ」という画家である。作風はほとんどルソー・・・っつーか下手な人が油絵書いたらこんなかんじ・・・みたいな。

Pa0_0284 あまりにヒドイ四足動物の絵はスゴイ。

シロクマとかシカとか。先日、アースの映画を見たばっかりだからこれはぜんぜん違うと思った。人間が着ぐるみ着てるみたいだ。

あんまりラブリーだからTシャツ買ってしまった。








それとまー、ヒゲの男の人が乾杯をしている絵があることあること。

この人の作品の半分は髭男爵だと思う。山田ルイ53世さんはぜひ展覧会でコラボってほしい。
(以下、この展覧会にはないと思う作品)


Alaznis1 ルネッサーンス!





Celeb ルネッサーンス!







Celebration ルネッサーンス!





Family ルネッサーンス!








Picnic_2ルネッサーンス!







みんな楽しそうだ。
http://www.geocities.com/marinayeung/gallery5.html#


------

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 誕生日です。 | トップページ | インディ・ジョーンズとクリスタル・スカルの王国・など »

コメント

 ウィンドウズ入れ直したら、快適な環境になったので、久々にコメントします。髭男爵の「ルネッサーンス」特集、おもしろいですね。こんな同じ絵ばっかり描くのも楽しそう。「ボンジュール!」と突っ込みを入れている絵はないのでしょうか。

 明日、3ヶ月ぶりに都心に向かい、こっちはもっと穏健な、上野「コロー展」を見て、サントリーホールに行く予定です。

投稿: にけ | 2008年7月10日 (木曜日) 01時31分

>>にけさん
どうもお久しぶりです。ピロスマニは一瞬にして「あ、髭男爵」と思いました。絵葉書を買おうと思ったら何故か髭乾杯バージョンのはありませんでした。

髭男爵も最近すっかり影が薄れたようで残念。「ルネッサーンス!」は飲み屋でやったことあるけど、「ボンジュール!」はやっても相手はわかんないかも。個人的には今はジョイマンが好きです。先日「もう中学生」さんを五反田駅で見かけて(絵を描いた大きなダンボールをゴミ袋に入れて自分で担いでた)追いかけたんですが逃げられました。ためになったね~。

コローもいいですね・・・暑くなるまえに一通り何でも見たいです。サントリーも楽しまれますよう。

投稿: naoping | 2008年7月10日 (木曜日) 07時40分

そういえば、今年はベルリンフィルとウィーンフィルが来るなんて、すごい年ですね。渋谷まで行きますが、なかなか時間がなくて。

投稿: トラ | 2008年7月11日 (金曜日) 16時57分

>>トラさん
こんにちは。
ベルリンもウィーンも私はどちらも行きませんね・・・残念。

投稿: naoping | 2008年7月11日 (金曜日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/22170540

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のロシア・アヴァンギャルド展:

« 誕生日です。 | トップページ | インディ・ジョーンズとクリスタル・スカルの王国・など »