« グリエール/イリヤ・ムロメッツ | トップページ | 古すぎてコワイ~イギリスのアカペラ音楽集 »

2008年4月10日 (木曜日)

バルビローリ/ベートーヴェン「皇帝」

P1060022ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
ミンドル・カッツ(ピアノ)
サー・ジョン・バルビローリ指揮/ハレ管弦楽団

(バルビローリ/ベートーヴェン集より)





私が一年のうち、ベートーヴェンを聴くのはそう何回もない。
そーいえばシューベルトも然りで、当然ウチにはクライバー指揮の交響曲のCDが一枚だかあるくらい。

なので、今年のGWのあの恒例行事ラ・フォリ?フォル?ジュルネ?とかいうのにも全く行く予定がない。というか行かないで済むので有難い。毎年もしかしたらnaoping様の興味のないプログラムをわざと組んでいるのでは?と思うほど。悲しいかな今まで1回も行こうと思ったことがない。(関係者の方すいません。こーゆーヒネクレ者の愛好家も居るんです。)

来年あたり「マーラーと同時代ウィーンの作曲家」とか「ワーグナーとリスト」とか「R・シュトラウスと愉快な仲間たち」とか「チャイコフスキーとプーランクとブリテン etc」(ゲストにイッコーさんやカリ屋崎さんなどのオネェを呼ぶ。米良さんと美輪さんのジョイントコンサートもやってほしい)とか、あたしの大ストライクゾーンをやってくれたら、大喜びで通うんだが。 (まあ、そもそもの企画は日本じゃないのでこんなとこに書いても仕方ないが)

で、今日は何か珍しい?バルビローリのパイ盤をダットンが復刻したベートーヴェン。2枚組で1枚分の値段と書いてあるが、幾らだったんだろう。アマゾンでは中古で2組出品されてて片や1470円、もう片方は13893円。この差はなんだ。

収録曲目は以下の通り。
・レオノーレ序曲第3番
・交響曲第1番
・交響曲第8番
・エグモント序曲
・ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
・交響曲第5番

全部聴くのはちょっと根性がいるので、子供の頃一番よく聴いた「皇帝」で。子供の時もってたのは確か、クラウディオ・アラウのセラフィム盤だったのですよ。
ところでカッツってピアニスト知らないんですが、これって私、モグリでしょうか?

はて。
いやー、よく指の回る人だな、カッツって人は(←なんか素人っぽい感想)。バルビローリの指揮で聴くと、「いかにも皇帝~!」みたいな勇壮な第1楽章よりも静かな第2楽章のほうがしっくりくると思う。この楽章はいかにもバルビローリらしいしっとりとした演奏である。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« グリエール/イリヤ・ムロメッツ | トップページ | 古すぎてコワイ~イギリスのアカペラ音楽集 »

コメント

カッツさん、自分もよく知りません。
でもロシア系が得意な人みたい。
プロコフィエフとかハチャトゥリアンとか。

プロコの1番、ガツンガツン弾いててよかったです。

投稿: ぜん | 2008年4月11日 (金曜日) 00時23分

「ラ・フォリ?フォル?ジュルネ」 自分も行ったこと
ないのですがフランス人の企画でドイツ物だから
どこか自分と合わないみたいです。
どうせなら
「ワーグナー楽劇全曲休憩なしマラソンコンサート」
くらい希望ねsmile

投稿: シロクマ雄 | 2008年4月11日 (金曜日) 20時27分

>>ぜんさん
こんにちは。
カッツさん、このほかにも結構CD発売されてますね。この「皇帝」を聞く限りはバリバリ弾く技巧派って印象がありますが・・・ピアノは詳しくないのでよくわかりません。プロコは似合いそうな気はします。

>>シロクマ雄さん
こんにちは。
うーん、おフランスの企画ならテッテ的にフランスもんをやってくれたほうがいいです、ワタシ的には。
「ワーグナー楽劇全曲休憩なしマラソンコンサート」があるんなら絶対行きたいですが、死者が出るかもしれません。救急車待機のこと。

-----

そーいえば、別件ですが先日どこかの団体からワタシ宛に「今年のバイロイト全演目鑑賞ツアーが一人分余ってますが、良かったら行きませんか?」というメールを頂きまして。え~、リングだけじゃなくて全演目。9日間で7演目。経済的にムリなので勿論行きませんけど・・・まず体がもたなそーです。(前の話なのでもう希望者出たんじゃないかな?と思います)

投稿: naoping | 2008年4月12日 (土曜日) 11時19分

ダットン盤で聴くバルビローリは、EMI盤とは一味違うノスタルジックな雰囲気が大好きです(アナログ的な復刻というのでしょうか)。このベートーベンはかつて店頭でスルーしてしまったのをいまさらながら後悔しています。

ダットンのバルビローリといえば、ディーリアスのCDがようやく届きました。
どれも素晴らしい演奏で、久しぶりにディーリアスを堪能しました。田園詩曲は夕映えを思わせる本当にいい曲ですね。
シルヴィア・フィッシャーも美しいソプラノで、ジークリンデの歌唱が楽しみです。

ワーグナーマラソンコンサートは危険すぎです(笑)。

投稿: 大分のワグネリアン | 2008年4月12日 (土曜日) 11時54分

>>大分のワグネリアンさん
ダットン盤の音はいいですよね。一時期ダットン盤に凝ってて、バルビローリを中心にかなり買い集めました。ジャケデザインも好きで、バルビローリはジャケ買いなのも多少あります。

田園詩曲お聴きになったのですね!!あのCDはホントに素敵です。シルヴィア・フィッシャーのジークリンデも楽しみです。清楚な声なのでジークリンデにぴったりかなと勝手に想像しております。

投稿: naoping | 2008年4月12日 (土曜日) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/20116586

この記事へのトラックバック一覧です: バルビローリ/ベートーヴェン「皇帝」:

« グリエール/イリヤ・ムロメッツ | トップページ | 古すぎてコワイ~イギリスのアカペラ音楽集 »