« ミトロプーロス/ヴォツェック | トップページ | ブリス/チェロ協奏曲 »

2008年1月22日 (火曜日)

ラーション/偽装の神

P1000887ラーシュ=エリック・ラーション:カンタータ「偽装の神」(姿を変えた神)
  エリーサベト・セーデルストレム (ソプラノ) エーリク・セデーン (バリトン) ラーシュ・エークボリ (語り)
  スティーグ・ヴェステルベリ指揮/マッティン・リスタム・ヴォーカルアンサンブル ストックホルム放送交響楽団

(スウェーデン協会 1956年録音)

過去記事:ラーシュ=エリック・ラーション作品集 


今日は、ほのぼの癒し系と無調不安系の二つの顔を持つ男、スウェーデンのナゾの作曲家ラーションの声楽曲をいってみよう。

ところで、何、偽装て。それは。最近耳慣れた言葉ナリ。
もしかしてこれって「赤福の神」だったり「白い恋人の神」だったり、「ミートホープの神」だったりするわけですか?それとも「船場吉兆の神」と称して、横からコソコソ声で「頭が真っ白になったと言え」とかささやいたりするわけでしょうか。

いや、そんなことはないです。そんな偽装に満ちた陰鬱な曲ではありませぬ。
この曲についてはいつも参考にさせて頂いている、大束省三先生のご本「北欧音楽入門」(音楽の友社)に詳しいので、ちょっと引用させて頂きますと。

スウェーデン・ラジオ(放送局)から、当時すでにそのドラマ部門の長だったヤルマル・グッルベリの一連の物語詩、「偽装の神」の音楽の作曲について話があったのは1930年のことだった。ラーションはそれまでグッルベリとのいくつかの共同作業で成功していたが、今度の作品は規模が大きいので、書き始めたときには1940年になっていた。当時、デンマークとノルウェーはナチス・ドイツ軍に占領され、国民は塗炭の苦しみを嘗めていた。スウェーデンは中立政策を保持していたが、綱渡りの中立と言われる深刻な環境の中にあった。ストックホルムからのこのラジオ電波はこの両国は容易に聴き取れ、十分理解されるに違いない。海を挟んだフィンランドにもスウェーデン語を理解できる人はたくさんいる。この状況下でグッベルリは原稿の冒頭に五行詩を加えた。


この世の強き者のためではなく、弱き者のために
戦士のためではなく、農夫たちのために
不平も言わず その土地を耕した・・・
ひとりの神は笛を吹く
それはギリシャの物語


・・・というように、当時ナチの弾圧に苦しめられた北欧の人々を力づけることになったであろうこの曲は、ラーションの癒し系作曲家としての顔を見せている。

全部で31分ほどの曲。
冒頭から心動かされる暖かい旋律のホルンと弦楽によって始まり、ラジオ用の音楽っぽくさきほどの五行詩のナレーションが入るが、これがまたスウェーデン語なもんで(当たり前だが)、どこか知らない遠い国に行った感じがしてとても心地よい・・・もちろんスウェーデン語は私はわからないが(解説書に英語訳あり)。ラジオ放送音楽ということで万人にわかりやすいよう、メロディは全体に牧歌的でとても親しみやすい。たまにちょっぴり水戸黄門っぽい音楽になるときがある(←私だけ?)。

ここではスウェーデンの国際的名歌手、セーデルストレム (ゼーダーシュトレム)がいかにも北欧らしい清らかな声を聴かせている。彼女は同じスウェーデン協会レーベルでスウェーデンの作曲家による歌曲集のCDを出していて、それもとっても素敵であります。ああ、これもいつかご紹介しましょうね。大好きスウェーデン協会。

えーと、「偽装の神」はこんな感じで親しみやすいのに、CD後半から聴かれる合唱曲「ミサ・ブレヴィス」はまたしても「え」と声を出してしまう。作風また変ったぞ、オイ。今度はシェーンベルクの合唱曲みたいだ(冒頭は何故か「地には平和」にすごーく似てる)。これはこれで私は好きだ。



↓「偽装の神」は、これとは別の演奏だけど、手に入る。

Music Lars-Erik Larsson: God in Disguise

販売元:Intim Musik
発売日:2003/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

-------

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« ミトロプーロス/ヴォツェック | トップページ | ブリス/チェロ協奏曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/10022826

この記事へのトラックバック一覧です: ラーション/偽装の神:

« ミトロプーロス/ヴォツェック | トップページ | ブリス/チェロ協奏曲 »