« 作曲コンクールと私 | トップページ | ピエルネ/ピアノ五重奏曲&ヴァイオリン・ソナタ »

2008年1月31日 (木曜日)

シマノフスキ/ハルナシー

シマノフスキ:「ハルナシー」
Andrzej Bachleda(tenor) Wieslaw Kwasny(viorin)
クラコウ・ポーランド放送合唱団
アントニー・ヴィット指揮/ポーランド国立放送交響楽団

過去記事:シマノフスキ「夜の歌」

Gyouza いやー、恐ええわ、餃子。おそるべし。
今時、何を信じたらいいのかわからない。JTなんてバリバリの日本大企業の冷凍食品なのに、あんなことに。加ト吉、味の素までそうですか。商品一覧見たら、結構食べたことありそうなのあったんだよね。味の素冷凍食品のCMやってた慎吾ちゃん大丈夫かなあ。

中国っていえば。

何年か前、私は大久保のアジアンな食料品屋でよく買い物をしていた。見るからに怪しそうな店構えである(すみとりの向かいにもそういう店あるね、以前書いたけど。コンサートの帰り必ず寄ります)。冷凍食品の餃子やシュウマイ、肉まん、ちまきなど。思いっきり中国の工場で製造していた。見まごうことなき中国製。パッケージだってめちゃめちゃ中国語だったしさー。たまにへんてこな日本語で調理法とか書いてあったっけ。

でも、食べたけどなんともなかったし、破格に安かったけどまーまー美味しかった。今考えると私、チャレンジャーだったなあ。もしかして小龍包にダンボール紙入ってたかもしんないのによー。



さて、時事ネタはこれくらいにして。


今日は、取り上げると意外と(反響にびっくりよ)隠れファンの多い作曲家シマノフスキの、パントマイム音楽。
シマノフスキの音楽の何がいいのか、何がそんなに心惹かれるのかな・・・と考えるのだが・・・何と言ったらいいのか。ノスタルジーとエキゾティシズムに溢れた漆黒の音楽といっていいのか。おそらく一度その音楽に触れたら「何か、他の作曲家と違う」と強い印象を受けるだろう。

この「ハルナシー」(ハルナシェ?)という音楽も、一度聴いたら絶対もう一回聴きたくなる(と思う)。舞踊音楽ながら心に深く食い込む感じ。

あらすじは実はよくわからないが。曲目はこんな感じ。
(自分で訳したので大丈夫かしらー。違ったら教えてちょ)
第一場
1.プレリュードといなかのシーン
2.パントマイムのシーン
3.泥棒のマーチ
4.パントマイムのシーン
5.泥棒のダンス
第二場
6a.婚礼
6b.花嫁の入場
6c.よっぱらいの歌
7.高地の住人によるダンス
8.高地の泥棒による入場とダンス
第三場
9.山の牧草地

愛国者の農夫を主人公にした3幕のバレエ-パントマイムへの付随音楽で作曲者とジェルジ・ミチスラフ・リタード(Jerzy Mieczyslaw Rytard)の台本による。テノール独唱と混声合唱がオーケストラに加わる。タトラ地方の民俗音楽が盛り込まれた創作第3期に属する作品。 (ウィキペディアより)

あまり参考にする文献がウチにないので、ウィキを参考にしますと、シマノフスキは1921年にストラヴィンスキーに再会したときに彼がピアノで演奏した「結婚」に衝撃を受けた、とある。

なんとなく、上の題名とかもストラヴィンスキーっぽいなあ(ペトルーシュカとかに似てる)とか思ったが、やっぱりストラヴィンスキーの影響を受けているかと思う。民俗音楽をふんだんに取り入れたやや土着的な雰囲気が「結婚」にも似てるかも。実際に舞台上演するんだとどうなのかなあと思うくらい(踊るのにうるさくねー?)、音楽が充実している。また、ポーランド語のテノール独唱や合唱も心惹かれるものがある。

シマノフスキ、深めてみたいなあと思いつつ、結構上記の2枚組で満足してしまうのだが、どうでしょう。交響曲が3曲入り、このお値段でかなりクォリティ高いと思います。お気に入りのセットです。

-----

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 作曲コンクールと私 | トップページ | ピエルネ/ピアノ五重奏曲&ヴァイオリン・ソナタ »

コメント

シマノフスキー、というわたしにとってタイムリーな記事なので、音楽ネタなのに失礼します。
先週の土曜日、8月から予約していた、ピアノの先生と相棒のヴァイオリニストのコンサートがありました。
プログラムは、ブゾーニ、シマノフスキー、コルンゴルトというマニアックで卒倒しそうな内容。
あいにく友人の誕生パーティと重なり、不義理のできないわたしは、そのプラチナチケット(あくまでもわたしにとって)を知人に譲ったのでした。
玄人好みのプログラムゆえか、あまりチケットの売れ行きがよくないことを聞いていたので、代わりに誰かを行かせたくて。
今日、その人からメールでなく郵便でサンキューカードが届き、近頃珍しいだけに、うれしさもひとしお。
が、カードに書かれた感想は微妙でした。
「ピアノはうまく、ヴァイオリンもよし。曲目は1部(!)楽しめました。会場の雰囲気は室内楽向けでよろしい。休憩中の茶菓の接待がうれしい」とのこと。
どの曲目で楽しめたのか、知りたいところでしょう?
わたしも微妙に、知りたい。

投稿: レイネ | 2008年2月 1日 (金曜日) 04時56分

>シマノフスキ、深めてみたいなあと思いつつ、結構
>上記の2枚組で満足してしまうのだが、どうでしょう。

ラトル指揮の「ロジェ王」 「ヴァイオリン協奏曲」
アンデルシェフスキーのピアノソナタ辺りは絶対
聞くべきですぞよ!!!!
より安くならナクソスから出ている「ロジェ王」

投稿: シロクマ雄 | 2008年2月 1日 (金曜日) 21時58分

>>レイネさん
音楽ネタにようこそ。
いや、そのプログラムは実に素敵ですね、玄人好みというか。私はこのコンサートは全然知らなかったんですが、知ってたら行ってたかも(行けるところであれば)。ご友人は茶菓が美味しかったのが良かったのかしらん。
私も昔、アットホームなコンサートに行ったことがありますが、演奏者のダンナさん(普通にコンサートとかで見たことある歌手の方)が麦茶出してくれたりして、「ひえ~、すいません」とか何か恐縮してしまったのを覚えています。

>>シロクマ雄さん
こんにちは。
そうそう、せめてヴァイオリン協奏曲は聴こうかなと。ナクソスの「ロジェ王」はヴィット指揮ということでこの「ハルナシー」と一緒ですし、ちょっといいかな・・・と思いつつ、聴いたことないです。ラトルのよりも自国ものっぽいキャストで気になります。

最近、全然渋谷塔に行ってないなァ・・・。

投稿: naoping | 2008年2月 2日 (土曜日) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/10174699

この記事へのトラックバック一覧です: シマノフスキ/ハルナシー:

« 作曲コンクールと私 | トップページ | ピエルネ/ピアノ五重奏曲&ヴァイオリン・ソナタ »