« 怪談・牡丹燈籠 | トップページ | フェリアー/ルクレティアの陵辱 »

2007年10月23日 (火曜日)

関西アリアドネ、どうします?

Naxosr このblogをご覧のR・シュトラウス・ファンのみなさん。

私はとても迷っています。関西二期会の「アリアドネ」の1月・東京での公演。愛するシュトラウスのオペラ、そして我が敬愛する飯守さんの指揮となれば、行かねばならないと思うのですが。

歌手の方・・・だれも知りません。ごめんなさい、日本の歌手の方をあまり知らないのですね、私。

正直・・・このオペラは歌手の演技力にかかっていると思い。芸達者な歌手(CDで言えば、ヘルマン・プライやエディタ・グルベローヴァやグンドゥラ・ヤノヴィッツばりの)が歌わないと、成り立たないと思うんですが・・・。

という迷いもあって、まだ券は取ってないんだけど、これって関西での上演が今週末にもあるので、これをご覧になった皆様のblogを見た上で決めようかなあと思います。結構小心者なもんでね。

でも・・・・。
新国立の中劇場。関西上演よりも券が2千円くらい安い。だもんで、多分行ってしまうのではないかなあと思う。ああ。やっぱり飯守さんの指揮するシュトラウスのオペラは見てみたいし。

つーか、このオペラ実演見たことないんだよね。

・・・。

あー、ごめんなさいね、今日はオチがないので、こないだ友人の家で発見されたレコードのジャケット(二回目のトリスタンを鑑賞時に写メされてきた)をご覧いれよう。


Grp_0002








・・・若いねえ。


東京・新国立中劇場の公演の案内はこちら

------

今日だけかもしれませんが、クラシック鑑賞カテ1位でしたね!応援ほんとうに有難うございます。

Banner2_3 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

|

« 怪談・牡丹燈籠 | トップページ | フェリアー/ルクレティアの陵辱 »

コメント

僕も実演は観ていません。ですからいきます(もうチケットは新国から送られてきました)。
オペラのライヴは初心者でありますので、機会は逃すべきではないと思うんです。そりゃーウィーン国立歌劇場かなんかの引越し公演であればいうことなしですが。2008年から2010年にかけて新国リングは再演されますしね。贅沢言ったら罰が当たりますよ。
日本の公演であればヘンな演出はないはずですし。

投稿: IANIS | 2007年10月23日 (火曜日) 22時53分

私の経験から見ても、比較的マイナーなオペラっていうのは、どこがやっても結構いい公演が多いと思います。やる方も気合いいれるし。たしか飯森さんって、ベームのアシスタントやっていたんですよね?ということは、リヒャルト・シュトラウスーベームー飯森で、理屈ではシュトラウス直伝のアリアドネが聴けるじゃないですか?

ところで、お好きなデラ・カーザについて一筆書いてみましたので、お暇な時にいらしてください。

http://www.fugue.us/Intermezzo_combined.html

投稿: Ervin | 2007年10月24日 (水曜日) 01時56分

そりゃ行くでしょ(笑)

投稿: 白夜 | 2007年10月24日 (水曜日) 13時02分

>>IANISさん
行かれるのですね・・・そうですか。私は今まであまり知らない歌手の出演するオペラは行ったことないのですが(日本初演とかでない限り)・・・そうめったに上演されるものではないし贅沢言ったらバチがあたりますね。てか、私は「トリスタン」以来何回バチが当たったらいいんでしょう・・・(笑)。

>>Ervinさん
こんにちは。飯守さんは1970年からバイロイトの助手だったから、もしかしてベームにも接していらっしゃったかしら? ま、飯守さんの指揮ってことで聴きに行かなきゃなあという気持ちなのは確かです。

デラ・カーザの写真は本当に綺麗ですね。文章も楽しみに読ませて頂きます。(す、すごいですね。素晴らしいです)

>>白夜さん
はい、わかりました(笑)。

投稿: naoping | 2007年10月24日 (水曜日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/8581862

この記事へのトラックバック一覧です: 関西アリアドネ、どうします?:

« 怪談・牡丹燈籠 | トップページ | フェリアー/ルクレティアの陵辱 »