« ショルティ/影の無い女 | トップページ | 蟹写真集 »

2007年7月 5日 (木曜日)

蟹の思い出

あさっては7月7日。七夕であり、マーラーの誕生日でもあります。そして何をかくそうわたくしの誕生日であります。  何歳かは訊くな

今年は土曜日にあたるので、部屋にお友達を呼んで蟹パーティをすることにしました。腕を振るうのはもちろん私。

このネット上に数多く存在する蟹売り場において、前々からいつもココと決めているのが、いわまさ

この中で、いつも頼むのが「大盛りいわまさ活セット」であるのだが



今回は3人で集まってパーティ。3人でこんなに食べられるの?って思うかもしれないが結構食べられてしまう。蟹は、ウチにあるちゃんこ鍋くらい大きい鍋で丸ごと茹でる。イカはさしみに、ホタテは殻ごと焼こうかな。うにと甘エビはもちろん生で。

いつもこのお店で頼んでいるが、失敗だったことはない。ネットでこんな風に安いセットを買うと、たまにスカスカの蟹が入ってたりするとこもあるようだが(楽天のユーザーレビューをみると面白いよ)、いわまさはそんなこと一度もなかった。茹でたてはいつも昇天するくらいの旨さ。

最初に生きた蟹を頼んだときに茹で方がよくわからないので(一応調理法の解説書はついています)、わざわざ福井まで電話をかけたこともあったが、威勢のいいアンチャンが丁寧に教えてくれた。イヤな思いをしたことは一度もない。

・・・ということで(音楽とは全く関係のない話で恐縮ですが)とっても楽しみです。


・・・。

蟹・・・というと忘れられない思い出があります。

何年か前のある日、(実家にいた頃)大きな発泡スチロールの箱が送られてきました。私あてに。

中には冷凍の茹でずわい蟹が10ぱいも入っていました。私が大好物なのを知ってて、親しい友人のご両親が旅先から送ってきて下さったのです。(どこの漁港からかは忘れた)

その日、夕方から飲みに行く約束だったので、お店から友人へお礼の電話をしました。

ウチでは私の両親が蟹と格闘。

家に帰って「蟹食べた?どうだった?美味しかった?」

曇る母の顔。「・・・うーん。ひとつ蒸して食べてみたんだけどねえ。全然身が入っていなかった。明日また次の食べてみよう。」と。

翌日、2はい蒸して食べてみた。大きさはまあまああるのに、中身が全くはいっていない。

・・・翌日のも入ってない。

・・・また次のも入ってない。

冷凍庫は蟹だらけ。大きさはそこそこあるのに何も入ってない蟹。ところで生物学上、肉の入ってない蟹ってどうやって生きているの?

そんなわけで、最後の一つに(やっと)なりました。

「お鍋にすれば、おだしくらいは取れるかもしれない」と考え、鍋物に入れてみた。・・・・が。

やっぱり蟹の味はまったくしなかった。鍋から蟹は撤廃して父には出しました。

母は真顔で言いました。
「このことはもう忘れよう。一生、○○ちゃんには黙ってよう。間違っても『10匹全然食べるところ、なかった』なんていうんじゃないよ。」

もちろん、私もそのつもりだった。こんなことで友情をこわしたくない。

(一般的に)こんなにたくさんの蟹を送ってもらってお礼をしないわけにはいかないので、私の手作りパウンドケーキを送った。

その友人からは「ケーキおいしかった~!家族みんなでおいしく頂きました」と激賞のメールが帰ってきた。

これで、よかったのかな?(因みに、友人はこのblogは知りません)

-------

人気blogランキングへ

|

« ショルティ/影の無い女 | トップページ | 蟹写真集 »

コメント

naopingさん、こんばんは。誕生日おめでとうございます!蟹パーティー楽しまれてくださいね。
今度、もう少し私に時間ができたらば、以前師匠がご紹介されていた海鮮割烹「北の家」で「クリオネ海鮮~初夏の膳~」をご馳走しますね!(中身の無い蟹と似たり寄ったりかな(爆)。まあ、明日は七夕とはいえ星空とならないようですし、全ては一炊の夢と云うことで…)

投稿: Niklaus Vogel | 2007年7月 7日 (土曜日) 00時14分

naopingさん、こんにちは。
おお、マーラー氏と同じ誕生日なんですね。おめでとうございます。
楽しいパーティーをお過ごしのことと思います。
私は、今日トリスタンしてましたが、そちらは「カニ」してますねぇ~。

生カニや、冷凍カニは、注意が禁物です。北海道で生きガニを買って持って帰っても、身がないときもあります。
よく言われますが、カニさんは自分の身を消費して生き続けるので、身がなくなるんです。現地で食べる以外は、「浜ゆで」が一番だと思います。
ですから、生カニは、本当に信頼のおける店の急速冷凍ものでないといけませぬね。
偉そうにすんません。カニにホタテ、いいなぁ~・・・。

投稿: yokochan | 2007年7月 7日 (土曜日) 22時58分

>>Niklaus Vogelさん
こんにちは!お忙しい中コメントありがとうございます。お仕事は大変ですか?体にはくれぐれも気をつけて下さいね。さて、クリオネ海鮮はまえからぜひぜひ行きたいと思っていたので、楽しみにしております。新鮮なクリオネはやっぱり味が違いますからね。


>>yokochanさん
さすが出張グルメ王ですな。カニって運んでいる途中で身がなくなるんだぁ・・・。単に季節のせいかと思ってました。今回のカニは味は絶品でしたが、やや細めでした。確かにカニをネットで頼み始めた最初のほう浜ゆでを頼んでたときは身入りは良かったけど、ゆでたての身のコリコリ感は捨てがたく・・・こりゃ福井に嫁に行くしかないですな。

(そーいえば・・・じゃあ、中身のない冷凍茹でカニってどうして?って感じですね。まあいいか)


投稿: naoping | 2007年7月 8日 (日曜日) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/7043523

この記事へのトラックバック一覧です: 蟹の思い出:

« ショルティ/影の無い女 | トップページ | 蟹写真集 »