« カイルベルト/さまよえるオランダ人 | トップページ | ベーム/トリスタンとイゾルデ »

2007年6月28日 (木曜日)

顔分析とエニグマ変奏曲

Pa0_0139エルガー:エニグマ変奏曲
サー・マルコム・サージェント指揮/BBC交響楽団


あのー、まあ、なんだな。

前から言おうと思っていた。
ここのblogを読んで頂いてる殿方の中にはわたくしが、勝手に美しいとか、若くて可愛らしいとか、想像している方もおるに違いない。まあ、そんなに遠く外れてもないが

ということで、本日は(たまたま見つけた)今流行りの「顔写真分析」というのを最近自分で撮った写メでやってみたので、結果をお目にかけたい。「まあ~、こんな感じなのか」と参考になればよいが。



あれ

結果を見て、まあ、驚いた。

顔写真の65%はギャル曽根に似ています

顔写真の21%は
橋野恵に似ています

顔写真の6%は
片瀬那奈に似ています

顔写真の4%は
眞鍋かをりに似ています

顔写真の4%は
平山綾に似ています


どれも似てねー。ほんと、ツユほども似てねー。
どなたもカワイくて、しかも申し訳ないくらい若い・・・。どういうことだ。
強いていえば、食いしん坊で食に対して異常な執着があるところが、ギャル曽根ちゃんに似ていると思うが・・・顔はちっとも似てない。ギャル曽根ちゃんの食べっぷりがかねてから大好きだったので嬉しいが。

ますます、ナゾは深まるばかり・・・でしょ?

ナゾといえば、エルガーのエニグマ変奏曲。(←例によってこじつけ?)

エニグマ変奏曲は作曲家エルガーの最初の大ヒット作ということであるが、こんな逸話があるという。

1898年のある日、教職活動に倦んでエルガーは、ピアノに向かって物思いにふけっていた。即興的な旋律の1つがアリス夫人の注意を惹き、「気に入ったのでもう1度繰り返して弾いてほしい」と頼まれて、エルガーは妻を喜ばせるために、その主題に基づいて即興的に変奏を弾き始め、各変奏を友人たちの音楽的肖像とした。これを管弦楽曲に膨らませたのが『エニグマ変奏曲』の出発点なのである。(Wikipediaより)

ということで、変奏のもとになったそれぞれの人であるが。

第1変奏→作曲者のおくさんのアリス。
第2変奏→ピアニストで室内楽友達。
第3変奏→俳優・・・竹中直人みたいな感じ?
第4変奏→地主で軍人でワグネリアン・・・なんだか怖そう。
第5変奏→ピアニスト。
第6変奏→作曲者のヴィオラの弟子。
第7変奏→建築家・・・何か騒々しそうな人だ。明石家さんまっぽい?
第8変奏→オーケストラの事務員。
第9変奏→出版社の人・・・きっととってもいい人だったに違いない。
第10変奏→知り合いの女性、静かでおしとやかそう。
第11変奏→オルガニスト。溺れ犬を飼う。
第12変奏→チェリスト。穏やかな性格。
第13変奏→わかんね~し。
第14変奏→エルガー自身。

ってな感じである(自分の勝手な解釈含む)。まあ、有名な曲だから一つ一つの変奏についてくどくど書いてもしょうがないし名前も知らない人ばかりなので、ネットなり本なり参考になさるよう。

え。私はこの中でどれに近いかって?難しいが強いて言えば第10変奏だな。うっそぴょん

さてこのCD。ウチにはバルビローリのライブ盤もあるが、今回はBBCラジオ・クラシックスのサージェント盤を(残念ながら塔HPで見当たらず)。ロイヤル・アルバート・ホールのライブだから多分プロムスでの演奏であろう。イギリス人はこの曲が大好きなんだろうと思う。このライブでも、もちろん拍手大喝采である。


-------

人気blogランキングへ

|

« カイルベルト/さまよえるオランダ人 | トップページ | ベーム/トリスタンとイゾルデ »

コメント

こんばんは。あやうく「エニグマ」かぶるところだった。
いくつか取り出して悩んだ末、オペラも観たことだしで、違う曲に。
この曲数えたことないけれど、15種くらいは持ってます。
サージェントとRPOのスタジオ録音はありますが、ご紹介のBBCライブは貴重ですね。
私は14変奏と行きたいところですが、12かな、いや4だったりして・・。
顔分析もやってみますわ。

投稿: yokochan | 2007年6月29日 (金曜日) 00時48分

こんばんは。

 顔写真分析・・・これは、自分の写真でなく他人の写真で遊ぶと面白いと思いました。のべ1時間くらい遊んでしまいました。
 当方ブログの仕入れネタとして活用させていただこうと思うに至りましたので、一応、ご挨拶させていただくことにしました。  

投稿: クラシカルな某 | 2007年6月29日 (金曜日) 20時22分

>>yokochanさん
こんにちは!おお、エルガーで被ってしまったようですね。エニグマ、15もお持ちですか。ウチはたまたま何かの曲についてましたっぽいCDしかないのです。
顔分析は信憑性ないですなあ・・・。私の分析はどの人も顔の形は似てるかなあというくらい。ちなみに男性タレントでやったら東幹久とピーコでした。どないやねん。

>>クラシカルな某さん
そうですね・・・他人の。音楽家でやってみるというのもよいですね。たまたまPCに入ってたベンジャミン・ブリテンでやってみましたが、

顔写真の54%は伊藤英明に似ています
顔写真の29%は成宮寛貴に似ています
顔写真の8%はKONISHIKIに似ています
顔写真の7%は今井雅之に似ています
顔写真の2%は松田洋治に似ています

ということです。コニシキが多少外人のエキスを加えているのかなと。

投稿: naoping | 2007年6月30日 (土曜日) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/6961598

この記事へのトラックバック一覧です: 顔分析とエニグマ変奏曲:

« カイルベルト/さまよえるオランダ人 | トップページ | ベーム/トリスタンとイゾルデ »