« グレゴルの抒情交響曲は意外と。 | トップページ | 第10回東京シティ・フィル定期演奏会 »

2007年5月25日 (金曜日)

コルンゴルト・女王エリザベス

P1000755 コルンゴルト:映画音楽「女王エリザベス」(原題:The Private Lives of Elizabeth and Essex)
カール・ディヴィス指揮/ミュンヘン交響楽団

(完全版スコアによる世界初録音)








みなさんこんにちは。

唐突ですが。
不思議なことに最近は若い女の子ってカワイイなあってのも思うわけです。最近とくにカワイイなあって思うのはポッキーのCMに出ている、「とってもいいじゃん♪」って道頓堀?や、なんば花月?で踊りまくってる女の子です。名は知らんが。テレビ見ながらニコニコしちゃう。(あ、新垣結衣さんとおっしゃるのね・・・翌日確認)


・・・まあ、それはそれとして。音楽ブログだってば。

今日は、やっぱりコルンゴルトの映画音楽で。いやはや、うちにはまだあるんだわ。でもまだまだ他にオリジナル・スコアものCDはこの世(店に)にはあるんだから多分。廃盤にすぐなっちゃうから見つけたら即買いだ。実際、本日ご紹介のも今手に入るのかどうか。(前に書いたかもしれぬが)クラシックのCDよりも映画音楽のCDの購入はキビシイものなのである。

本日ご紹介のCDは、映画音楽界の巨匠、カール・ディヴィス指揮によるもの。カール・ディヴィスといえば、ふと思い出したのだが2年だか前、すみトリでチャップリンの「街の灯」(映画音楽もチャップリンである)を大スクリーンで上映しながら演奏したのがカール・ディヴィス指揮するところの新日本フィルであった。

画面を見ながらの生演奏って大好きな形態のコンサートである。著作権上の問題なのかなかなかやらないが、本当に感銘深いものなんである。

だけれども、最初は「うーん、やっぱり生演奏はいい!曲もいい!」と思いながら聴いているんだが。映画見ているうちに。
チャップリン扮するビンボーな男が、恋する盲目の女のためにお金を工面してあげようと、ボクシングのガチンコ勝負に挑戦するのだが・・・、その辺からもう、音楽のことはすっかり忘れて、もー笑うよ笑う。もう椅子ガタガタいっちゃうくらい爆笑。やっぱりチャップリンは面白い。

・・・ということで、このCDの「女王エリザベス」の演奏も大変素晴らしいのでありました。1991年録音というから音は鮮明ですし、迫力がすごい。まー、全体的にいつものコルンゴルト流のロマンティックなメロディ(出だしスター・ウォーズっぽい。勿論コルンゴルトのほうが先だけども)。

この「女王エリザベス」って映画は、日本では(劇場公開ではなく)テレビ放映されただけなんだそうな。勿論有名なエリザベスⅠ世の話です。(なんも見てないので筋書きを見ただけでコメントしなければならないが)何年か前、ケイト・ブランシェット演ずるエリザベス女王の映画を参考に。

生涯独身でヴァージン・クイーンと呼ばれ「イギリスと結婚した」(まあ、最近の私がじらい屋のラーメンと結婚したようなもので。ラーメン・クイーン。)エリザベス女王の年取ってからの、若い男との恋愛が主題のようである。エリザベスを演じるは大女優ベティ・デイヴィス、相手役のエセックス伯はエロール・フリンである。

老いを感じ始めたエリザベス女王は、若く自信家のエセックス伯爵と恋に落ちるが、エセックス伯はその強情さゆえ愛人の命令により断頭台の露と消える・・・という物語だとゆー。(早崎さんの本より)

この優れたスコアは1939年度のオスカー賞のノミネートを受けたという。その年にはなんと、あのマックス・スタイナー作曲の「風と共に去りぬ」も発表されている。だが、結局オスカー賞はどっちでもなくて、音楽賞はジョン・ウェイン主演の「駅馬車」のためのアメリカ民謡の編曲、作曲賞は「オズの魔法使い」の作曲のハーバート・ストザートって人だった。あらら、オーバーザレインボー。

----

人気blogランキングへ投票してみる

|

« グレゴルの抒情交響曲は意外と。 | トップページ | 第10回東京シティ・フィル定期演奏会 »

コメント

おはようございます。
そのカワイイ女子は、「新垣結衣」ちゃんであります。
オジサンも好きなのヨ。子供と一緒に見てたドラマに結構出てたもんで、内心「う~む、かわいいぜ」と注目してました。ヘヘッ。

コルンゴルドの映画音楽CD、よく見つけますね!
なかなか、映画音楽方面にまでは手が回りませんが、今度ショップにいったら、クラシックコーナー以外も巡回してみましょうかね。

投稿: yokochan | 2007年5月26日 (土曜日) 09時13分

>>yokochanさん
おはようございます!そーそー、昨日のTV「タンホイザー」を見るために慌ててブログを更新したので、今朝調べてたら新垣結衣さんでした!やっぱりカワイイっすよね。女の私からみてもいいと思います。シャンプーのCMも出てますね。

サウンドトラックの分野は色々奥が深いですね~しかも探し方が難しいです。作曲家からでなくてタイトルから探すのもまた難しい。タワレコのHPには載ってないのがお店では売ってたりします。ま、探すのも楽しいんですけどね。

投稿: naoping | 2007年5月26日 (土曜日) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/6549631

この記事へのトラックバック一覧です: コルンゴルト・女王エリザベス:

« グレゴルの抒情交響曲は意外と。 | トップページ | 第10回東京シティ・フィル定期演奏会 »