« クーベリック&キング/ローエングリン | トップページ | 関西フィルinすみとりに行ってきた。 »

2007年2月20日 (火曜日)

ちょっと昔のプロムスを聴いてみよう。

P1000731 Last Night of the PROMS
マルコム・サージェント指揮/BBC交響楽団

1961年、ロイヤル・アルバートホールでのライブ録音。BBC放送録音より。

先日、去年のラスト・ナイト・オブ・プロムスのハイライトをNHK教育で放送したので見ました。実家は衛星放送契約をしていたので、実家にいたころはリアルタイムで夜中から朝まで見ていましたが、この回は見てない。生中継は日本でもしてたのでしょうか。
それにしてもなんであんなにハマっていたのだろう・・・毎年同じなのに

私は、2度目のロンドン渡航から帰国してイギリス音楽を聴くようになるまでPROMSってものの存在を知りませんでした。ロイヤル・アルバート・ホールには実際ワーグナーのリングを聴く(見る)ためにホールには出かけたものの、ここでそんなお祭り騒ぎが行われているとは全然知りませんでした。

ええ、ホールには行ってるんですよ。あのホール。

テレビでは、とってもステキな映像ですね、毎年。カラフルでね。

でもね、実際いってごらんなさい。あのホールの中。


汚いのよ~。
天井ははがれているところもたくさんあるし。床はゴミだらけ。普通にジュースのビンとか転がってますからね。あそこは純然たるクラシックのホールではありませんから。普段はロック・コンサートありぃの。ボクシングやらテニスの試合だってやるんですから。(写真の展示がホールの廊下をぐるっと囲っている。休み時間にそれを見るのも楽しかったね。)

で、その旅行の自分用お土産にロンドンのタワレコで購入した、BBCミュージック・マガジンの付録についていたのがこの本日紹介のCD(CD-ROM)。

1961年だから46年も昔。ビートルズが活動し始めて間もない頃である。ジャケット写真を見ていただきたい。若者はやっぱりビートルズ・エイジっぽいんだけれども、会場は雰囲気はそんなに今と変らないのである。こんな昔から旗を振ったり「パフパフ」とか鳴らしていたりしてたのだね。今みたいなヘンな被り物の人はいないみたいだけどね。

前半、オケのチューニング時に観客も一緒に「あー」とかやったり。音はもちろんモノラルだったりして古いんだけど、気分的にはさほど変らないのである。が、今よりやや観客大人しいかも?

で、その夜の曲目は以下。

・ロッシーニ:「セヴィリアの理髪師」序曲
・グリーグ:ピアノ協奏曲(Basil Cameron:cond. Gina Bachauer:piano)
(休憩)
・エルガー:威風堂々第1番
・エルガー・アンコール
・サージェントの「お静かに」のアナウンス
・ヘンリー・ウッド:イギリスの海の歌による幻想曲
・アーン(編曲サージェント):ルール・ブリタニア!(Constance Shacklock:Mezzo-soprano)
・アーン・アンコール
・サージェントのスピーチ
・パリー(編曲エルガー):イエルサレム

現在のPROMSみたいな、毎年選りすぐりのスターが出てるわけでもないのが残念だけれど、グリーグはなんとなくホフナング音楽祭思い出しちゃうし。楽章ごとの拍手がものすごいし(←え)。

後半はまあ、いつもの曲なもんで、とくにコメントもない。ただ、なんだかすごーく遅い威風堂々はなんだかなあ。「海の歌」の中間部分はきっと相変わらず観客はハンカチ出して泣くマネとかしてるんだろうし。

(あのぅ、スピーチは何て言ってるの?とかのご質問は却下します。ナンだかすごいバカ受けしてるんだけど、イングリッシュ・ジョークさっぱりわからんねー。)

とにかく、良きイギリスの匂いがプンプンしているこのCDは私の宝物です。

--------

最近パワーダウンだわ。宜しくお願いします。
人気blogランキングへ

|

« クーベリック&キング/ローエングリン | トップページ | 関西フィルinすみとりに行ってきた。 »

コメント

先日のプロムスはエルガー好きのカミサンと共にテレビで観ておりました。
鳴り物は昔っからあるんですね。パフパフ~て言うのが。

気がついたら、私のブログとブログランキング順位が近くなってますね。

naopingさんならもっとできるはず。

気合だ!気合だ!気合だー!

投稿: ピースうさぎ | 2007年2月20日 (火曜日) 21時45分

>>ピースうさぎさん
速攻コメントありがとうございます。
奥様はエルガー好きなのですね!

投稿: naoping | 2007年2月20日 (火曜日) 21時58分

こんにちは。
先日のNHK教育で流していたプロムスは、
1月上旬、BShiで放送したのを録画しました。
3時間くらいの番組だった気がするけれど、
あれもハイライトだったのかな?
※DVD2枚に焼いたけれど、実はまだちゃんと見てません。

>>実家は衛星放送契約をしていたので、
>>実家にいたころはリアルタイムで夜中から朝まで見ていましたが、
naopingさんは、現在は衛星放送見ていないのですか?
私の場合、昨夏から自室にCATVを敷き、
ようやく衛星放送を見られる環境になったので、
最近はBShiやBS2のオペラやコンサート番組の
エアチェックにいそしんでます。

ケーブル導入が間に合わず、昨夏に放送した
ヤーコプスの「フィガロ」などは録り損ないましたが、
ケント・ナガノの「パルジファル」(これは地上波だったか?)
大野和士の「オランダ人」
パリオペラ座の「スペードの女王」
グラインドボーン2005「コシ…」などをゲット。
DVDで未発売、あるいは字幕無しの輸入盤しかないプロダクションを
数百円のメディア代(もちろんCATV料金も掛かるが)だけで、
入手できるのがとても嬉しいです。

今週末のネトレプコの「フィガロ」はさておき(一応録画はする)
3月10日放映予定の大野和士の「アイーダ」が楽しみ。
放映中に地震や事故起こるなよ〜(テロップ入っちゃうんだよねNHK)

投稿: あうれりゃーの | 2007年2月21日 (水曜日) 11時49分

>>あうれりゃーのさん
コメントありがとうございます。
うーん、そっすねー。
ま、衛星放送はたまに実家に戻って見たりもしますが(近いので)、今は住んでいる部屋では衛星は無理ですね、テレビから買い換えなければならないので経済的にみてもキュウキュウです。(でも、別に必要感じないです・・・情報を仕入れなければね。)

引っ越したばかりときに「私のリスニングルームはサントリーホールだ。」と言いきかせて暫く月2くらいで通っていました(近いので)。今はそんなでもありませんがなるべく快適極まりない自分の部屋に引きこもらないように心がけています。(だってぇ、ただでさえ周囲からヲタク疑惑が・・・)

投稿: naoping | 2007年2月21日 (水曜日) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/5422664

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと昔のプロムスを聴いてみよう。:

» ロンドンプロムス! 合唱の楽しさ [ピースうさぎの音楽ブログ〜晴れのちマーラー]
 今日のNHK芸術劇場でイギリスで合唱が見直されてきている、というような話題がありました。  内容は思ったより大して深いことはなかったのですが、 そのあとのライヴ録画ではロンドンの夏のプロムスでのエルガーの「威風堂々」の大合唱。恒例です。  素直に、みんなで歌う合唱のすばらしさを実感する瞬間でした。  しかし、プロムスで英国旗をみんな振っているのは別に何も感じないけど、コレが日本国旗だった�... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火曜日) 21時49分

« クーベリック&キング/ローエングリン | トップページ | 関西フィルinすみとりに行ってきた。 »