« 関西フィルinすみとりに行ってきた。 | トップページ | 「春の訪れ」とともに花粉症の調子はいかがでしょうか? »

2007年2月25日 (日曜日)

ブリッジって作曲家はブリテンの先生ってことで知られているけど。

フランク・ブリッジ:管弦楽作品集
ダンス・ラプソディ(1908/世界初録音)
5つの幕間劇
ダンス・ポエム
ノルウェーの伝説
交響組曲「海」
リチャード・ヒコックス指揮/BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団





今日は、長かった髪を切りに美容院へ。人に言うと本当に贅沢な悩みって言われるのだが、私は本当に髪の毛が多い。どうしたら軽く見えるのかいつも思案している。ボリュームを減らすことが毎回の課題となっているが、一回でもいいから緩いパーマをかけてエビちゃんみたいにしてみたい。しかし美容院で「エビちゃんみたいにして」とか言ったらきっと「・・・それは人間のエビちゃんですか?それとも甲殻類の?」とか真顔で訊かれてしまいそうだ。

それにしても、昨今の美容院の値段の高さには閉口する。仕方ないのかもしれないが、髪切って茶色に染めるくらいで9千いくらってのはどうだ。え。それとも髪が多いからかい?え。


ま、そんな髪の毛の話題とは関係ないのだが、今日は先日購入したフランク・ブリッジのCDを聴いてみよう。っつーかもう何回も聴いているんだけど。

ヒコックスはブリッジの管弦楽曲全集を録音しようと目論んでるらしい。なので同様のシリーズがシャンドスから何枚も出ている。で、今日のはそのパート2なのだ。なぜ「1」から買わないのか、というとブリッジはやっぱり代表作と思う「海」からじゃないかと思い・・・。

フランク・ブリッジ(1879 - 1941)はイギリスの作曲家・弦楽奏者・指揮者。ホルストやヴォーン・ウィリアムズらによる民謡に依拠した作風が20世紀初頭のイギリス楽壇の主流となる中にあって、同時代のヨーロッパ大陸のさまざまな新音楽(フランス印象主義、ロシア象徴主義、ドイツ表現主義)に触発されつつ、独自の前衛音楽を貫いた。このため存命中は、ベンジャミン・ブリテンの恩師としてのみ名を残すも、作曲家としては孤立し、ほとんど顧みられなかった。だが1970年代に「前衛の衰退」が叫ばれる中、ポスト・マーラー世代の忘れられた作曲家の一人として、その進歩性が再評価されるようになる。
(ウィキペディアより。でもウィキペディアを鵜呑みにしないこと。)

ブリッジは生涯のあいだに何回も作風を変え、後年無調の曲を書いたりもしているらしいが、本日のCDの曲はどれも調がちゃんとあるので恐れることはない。

ここらへんの曲はなんといってもオーケストレーションが繊細だし。有名な組曲「海」はまるでターナーの絵画を見ているようである。壮大でかつ摑み所がないところが似ている。何年か前ロンドンのテート・ギャラリーで見たターナーの絵は本当に素晴らしかったなあ。

他の曲もなかなか。一曲目のダンス・ラプソディはかなり若いころの作品だけれども。これは全体にうっとりとしたワルツである。途中にフルートがとても可愛らしいメロディーで登場するのが気に入っていて、つい何回も聴いてしまう。ブリッジらしいモダーンなところも垣間見ることができる。(しかし、「作曲家の若い頃の作品」というとなぜみんなR・シュトラウスっぽいのだろう・・・シマノフスキしかり、ディーリアスしかり。)

ダンス・ポエムって曲も同様にとってもチャーミングな展開をみせるしなかなか素敵な感じである。胸キュンものというか、なんとなく萌え~な感じ。摑み所がないところがブリッジっぽい。

ブリッジは、私はそんなに沢山聴いてなくてまだ開拓途中という感じだが、たまにきゅい~んと心に迫るものがあるので、要注意人物としてちょっと気をつけていきたいものである。


----------

応援ありがとうございます。
人気blogランキングへ

|

« 関西フィルinすみとりに行ってきた。 | トップページ | 「春の訪れ」とともに花粉症の調子はいかがでしょうか? »

コメント

髪が多いのは、高校の頃の私と同じです。
スキバサミを入れてもらわないと髪が重くて仕方なかったですねえ。
年が経つにつれて、床屋がスキバサミを入れようとすると、「入れなくてイイデス」と言うようになってしまいました。
今はいっそのこと、で1ミリの丸刈リータです。
今日もクリック♪

投稿: ピースうさぎ | 2007年2月26日 (月曜日) 18時42分

>>ピースうさぎさん
コメントありがとうございます。
うーん、私が男だったら五分刈りにするのに~と思うくらい髪が多いのです。そーすればめんどくさくなくていいし。
しかし、今日はとても寒かったので、髪をすいたのをちょっと後悔しました。明日から帽子がいるかも、と思うくらい。

春はまだまだですな。

投稿: naoping | 2007年2月26日 (月曜日) 20時34分

こんばんは。ブリッジしてますなぁ。
私の「海」は、ハンドレーのものです。
おっしゃるように、いわゆる英国風な部分とかなりモダン・ダイナミックなところが交錯する作曲家ですね。
歌曲にもいい作品があります。
ヒコックスはほんま、エエ仕事しまんな。
この人がいなかったら、どうなっちゃうんでしょうか。

投稿: yokochan | 2007年2月26日 (月曜日) 23時51分

>>yokochanさん
こんばんは。ブリッジしてます。
ハンドリー盤て持ってないんですが、聴いてみたいです、好きな指揮者だし。でもマリナーもいいですよ。
ヒコックスさんも全曲録音してくれるのは大変有難いですが、最終的にはいったい何枚になるんだろう・・・作品あとどのくらいあるのかな?シャンドスって安くないんで・・・なんだか不安です。
歌曲はフェリアーやフラグスタートなんかも歌ってますね。

投稿: naoping | 2007年2月27日 (火曜日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/5487742

この記事へのトラックバック一覧です: ブリッジって作曲家はブリテンの先生ってことで知られているけど。:

« 関西フィルinすみとりに行ってきた。 | トップページ | 「春の訪れ」とともに花粉症の調子はいかがでしょうか? »