« ショスタコーヴィチ:ベルリン陥落 | トップページ | ピーター・ラビットとアイルランド交響曲 »

2007年1月 5日 (金曜日)

海よ~俺の海よ~♪今日は仕事始めなのでRVWの交響曲第一番

723722095320_1 R・ヴォーン=ウィリアムズ:海の交響曲(交響曲第1番)
ジョーン・ロジャース(ソプラノ)、ウィリアム・シメル(バリトン)
ヴァーノン・ハンドリー指揮/リヴァプール・フィルハーモニック管弦楽団&合唱団



仕事始めであった。

会社のお歳暮に一昨年のクリスマス時期に貰ったポインセチアの鉢植え。いつのまにか赤い部分が全部落ちてしまっていた(でも本体は青々として元気)。ネットで調べたら「短日処理」をすれば新たに赤い葉が出る、という。書いてある通りに終業時間とともにダンボール箱を被せて帰る。翌日出社したら箱を取る。休日以外毎日3ヶ月は、やったかな?

が。

先月、12月には赤い葉は出なかった。出入りの植木屋さんにも「もうこれは出ませんね」といわれた。
意味ね~。全然うそじゃん。もうやめた。

なのに、今日初出社したら可愛い赤い葉が出ていた。小さなつぼみまで出ている。

Pa0_0031 さすがクリスマス・シネシネ団の団長が育てる植物だけある。ポインセチア、正月まるで関係ないし。





Pa0_0032_1 初詣にも行った。(今日かよ)
白山神社。去年からずっと事あるごとに拝んできたが、ご利益はあったような、なかったような。もうひと踏ん張り、神様にがんばってもらおう。

で、いつもよりお賽銭を大奮発して100円。



拝んだのはタダ一つ。

「幸せよ、こい」

はやくきてくたされ。
はやくきてくたされ。
はやくきてくたされ。
いしょのたのみてありまする。

野口シカ並みに拝んだ。拝み倒した。気がついたら後ろに10人くらい行列が出来てたくらい拝んだ。

おみくじは「吉」だった。びみょー。

-----

さて、本日のお題はただいま大ブームの(ど、どこで?)R・ヴォーン=ウィリアムズの「海の交響曲」。季節感まるでなし。なんとなく1番だから。

RVWが書いた9つの交響曲のうちの最初の交響曲。しかし、交響曲ってより声楽が全体に入ってるのでオラトリオっぽい。なので(マーラーのだとかの)「声楽つき交響曲」のたぐいが好きな人だったら入りやすいかもしれない。すくなくとも田園交響曲(3番)みたいに退屈じゃないし(その退屈さが一番好き、というファンも多いが)。

歌詞はホイットマンの「草の葉」よりとられ、作曲者自身によって編集された。
ぱー、ぱぱぱぱーという金管のあと、合唱で「見よ~、海そのものを~~」と壮大に始まる。かっこいい。歌詞の「itself」の語尾の「セルフ」がちょっと字余りっぽくていい。バリトンの独唱が船長さんっぽい。うちにあるCDのバリトン歌手の人はどの人も船長さんっぽく感じる。実はボールト旧盤とかで歌ってるジョン・キャメロンってバリトン歌手が一番船長さんっぽくて好きなんだけれども。パイプとかくわえてそうだ。

しかし。この曲で一番好きなところは、The Explorers 「探検者たち」と題された第4楽章。題名もパソコンっぽくてかっこいい。静かに神秘的に始まる。

すべて、目に見える力と美に覆われ
光と日と限りない精神的暗黒が交互に訪れ

・・・と合唱が歌うところは何度聴いてもぞくぞくする。

曲の内容としては、まあとにかく海に行こう、船出しようということらしい。船舶会社の陰謀か。イギリスは日本と同じ島国だから、海は身近な存在であろう。海っぽい曲としては他にエルガー作曲の「海の絵」って名曲もある。しかし、イギリスの海ってあまりバカンスっぽくないな。(イギリス人って海水浴しないのかな?)
日本でいえば日本海みたいな荒波のイメージ。

ロンドンで食べた生牡蠣は美味しかったなあ。生まれて初めて食べた生牡蠣はロンドンでだったっけ。

・・・・



おなか空いたなあ。

(現在、正月太りのためプチ・ダイエット中である。)

--------

くりっくしてくたされ。いしょのたのみてありまする。
人気blogランキングへ

|

« ショスタコーヴィチ:ベルリン陥落 | トップページ | ピーター・ラビットとアイルランド交響曲 »

コメント

こんばんは。
白山神社は、文京区のですか? 私が通っていた中学校があの辺だったので、けっこう荒らしたりしたものです!?。
こじんまりとしていて地味で風情があっていい神社です。
VWの交響曲はひとつも聴いたことがありません。わっはっは。今年は聴いたことのない曲に挑戦しようと思います。海にするか、南極か、やはり田園か。

投稿: 吉田 | 2007年1月 6日 (土曜日) 00時18分

こんばんは。連続TBしてそうろう。
この曲は良いです。夏しか聞かなかったけど、この真冬にもいい感じじゃありませんか。
プレヴィン盤のシャーリー・クヮーク船長もなかなかのもんです。
ホイットマンを好む作曲家は多いですね。

ポインセチアの赤い新葉、何だかいいじゃないですかぁ。
いい年になりますよ。

投稿: yokochan | 2007年1月 6日 (土曜日) 01時54分

こんにちは。
第3番の退屈さが好きな木曽です。第5番なんか泣く。
「海の交響曲」は、出だしの「海を見よ!」ってのが
なんか押し付けがましいですね。
イギリスの詩人か作家で、ここんところで
「あんたらだけで勝手に見てろ!」と
言い返した人がいるそうですが、
圧倒的音量にかき消されてしまったことでしょう。

もっと寒くなったら「南極交響曲」でも聴くかな。

投稿: 木曽 | 2007年1月 6日 (土曜日) 07時16分

>>吉田さん
そうです、文京区の。「あじさい祭」以外はいたって地味~な神社です。でも、ネコが何匹かいます。「参拝以外はおことわり」とかいう立て看板があるのは、もしかして吉田さんのせいですか??
VWがまだ未体験ゾーンとは。そうですね~おすすめは。いっそたまにすごーく安く売ってる交響曲全集を買ってしまうってのはいかがでしょう?(試合放棄)

>>yokochanさん
連続トラックバックありがとうございます。お返しに私もいっぱいしてみました。
そうそう、プレヴィン盤は持ってないけどシャーリー=カークは好きな歌手なので聴いてみたいですね。
いい年になるといいなあ、みなさんもよいお年を(おいおい!)。

>>木曽さん
ぷは~!(笑)、タカ&トシ並みのするどい突っ込み!
私も演奏会場でしてみたいです。
曲の押し付けがましさではマーラーの「復活」と双璧かと。そんなに死者が蘇ってもらっても困るし。「成仏しろ!」と突っ込んであげましょう。

寒さの中、冷たいビールでも飲みながらの「南極交響曲」はまた格別です。

投稿: naoping | 2007年1月 6日 (土曜日) 11時51分

RVWのシンフォニー我が家にもありました!アンドリュー・デイヴィス盤。全集で2000円弱!激安だったので購入したんだと思います。

購入後すっかり忘れ去っておりまして、たしかボールトのものもあったような・・探索しています。

「海の交響曲」いいですね。以前名古屋でも友人がいる合唱団が某プロオケとこの曲の演奏をやったんですが、あいにく仕事が入っていて聴けなかったんです。惜しかった。

私もブログにエントリーしましたよろしければご覧ください。

投稿: ピースうさぎ | 2007年1月 7日 (日曜日) 17時16分

>>ピースうさぎさん
いやー、日本のクラシック・リスナーの縮図を見ているようであります(涙)。「RVW全集、あなたの家にももしかして眠ってませんか?探してみましょう!そして聴いてみましょう!」と声を大にして言いたくなりますね。
しかし、2000円弱とはお安いですね。昨日もタワレコでハンドリーの全集盤を見ましたがそれでも4000円くらいしましたもの。ボールト盤見つかるといいですね。
blog読ませて頂きました。

投稿: naoping | 2007年1月 8日 (月曜日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/4811360

この記事へのトラックバック一覧です: 海よ~俺の海よ~♪今日は仕事始めなのでRVWの交響曲第一番:

» ヴォーン=ウィリアムズ 「海の交響曲」 プレヴィン [さまよえる歌人日記]
プレヴィンの演奏を現夫人の伴奏、室内楽のピアノと聴いてきた。こうなれば、しばら [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土曜日) 01時48分

« ショスタコーヴィチ:ベルリン陥落 | トップページ | ピーター・ラビットとアイルランド交響曲 »