« ビールと枝豆と南極交響曲 | トップページ | ウィーンの思い出<J・シュトラウス編> »

2006年8月24日 (木曜日)

サントリーホールへ。

今日は、突然コンサートへ行ってきました。
なんか・・・全然予定にはなかったんですけど。

今日、会社帰りの電車のトランジットする駅を寝ぼけて間違えてしまい、六本木一丁目駅で降りてしまいました。

うーん。六本木=サントリーホール。最近(ネット繋げてから?)行ってないな。
今日は何やってるかわかんないけど、とにかく行ってこよう。

何もやってなかったら、オ・バッカナールのパン買って帰ってこよう。
何かやっててもつまんないのだったらやめよう。

と、思ったら、結構ストライクゾーン・内角低めのがやっていました。

イタリア・オペラ 名曲アリア・コンサート
指揮/菊池彦典 読売日響
出演歌手/須藤慎吾(Br)新垣有希子(Sop)大塚博章(Bs)
以上、日伊声楽コンコルソ入賞者
野田ヒロ子(Sop) 中鉢 聡(T)

曲目:ドニゼッティ「ドン・パスクァーレ」序曲
ヴェルディ「ドン・カルロ」より「彼女は私を愛していない」
ベッリーニ「清教徒」より「あなたの優しい声が」
ヴェルディ「椿姫」第3幕前奏曲
ドニゼッティ「愛の妙薬」より「魅惑溢れるパリスが」
ヴェルディ「マクベス」より「憐れみも、誉れも、愛も」

(休憩)

ヴェルディ「シチリア島の夕べの祈り」序曲
プッチーニ「ボエーム」より「私の名はミミ」
ヴェルディ「仮面舞踏会」より「今度の航海は無事だろうか」
チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」間奏曲
ヴェルディ「運命の力」より「神よ、平和を与えたまえ」
プッチーニ「マノン・レスコー」より「ご覧下さい、狂った僕を」
フェラーリ「スザンナの秘密」序曲
マスカーニ「友人フリッツ」より「さくらんぼの二重唱」
(アンコールは全員で「乾杯の歌」・・・予想通り!)

以上、盛りだくさんです。

今夜の趣旨は、前半は第42回日伊コンコルソ入賞者の1~3位の新進歌手をお披露目して、後半はすでにご活躍の若手歌手の歌を堪能しようというものです。

私は評論家ではないから、批評とかはできないので適当に印象を。コンコルソ入賞の方々はすでに舞台等に出られて活躍されている方のようです。でも、だれも知りません。プロフィールを見て、「絶対このオペラ行ってるはず」と思った人でも全然覚えてない。

正直なところ、2・3位の方はあまり印象に残らなかったです。第1位の須藤さんは、凄く肌が荒れていて、お肌のパックが必要だと思いました。しかし、歌のほうは凄い堂に入っていると思いました。イタリア留学経験もあり、歌っている時の所作とかも実に手馴れていると思いました。声量もすごくあるみたい。結構注目の歌手だと思います。

後半。ソプラノの野田さんはプッチーニとヴェルディとマスカーニを歌われましたが、私の独断から申しますと、プッチーニのような可憐な役よりヴェルディのような少しドラマティックな役のほうがお似合いだと思います。髪のカールがキマっててうらやましい。

テノールの中鉢さんは、イケメンで既に人気がありテレビにもよく出ている歌手のようですが、私は生で見聞きするのは初めてです。

すごく端正な顔立ちなのかと(チラシ等で)思っていましたが、本物はもっとワイルドな感じがしました。顔も声も(そんなこと思うのは私だけかもしれないけど)なんとなくペーター・ホフマン入ってるような気がしました。なんか声も鼻にかかってて。

イタオペの人だと思うけど、ジークムントとか歌ってもらいたいです(無茶いうな)。あと、髪がばさばさで、キューティクルが死んでいます。イケメンテナーとしてやっていくのなら、髪のトリートメントは欠かせないと思います。



------
さて、コンサートにありがちの、入り口でもらったコンサートチラシの中で、気になったもの。(行きたいわけではなく、気になっただけのものも含む)

・東京音楽コンクール本選で、コルンゴルトのチェロ協奏曲が演奏されます。しかし明日で時間も17時から上野文化会館で、ムリ。

・アルマ・マーラーとウィーン世紀末の芸術家たち(9/3)神奈川県立音楽堂

・コバケン真夏の第九。(8/26)池田理代子さんが独唱者。


・都響 オラトリオ「イワン雷帝」(9/12)

・ショスタコーヴィチ生誕100年記念コンサート「芸術歌曲から映画音楽まで」東京文化小ホール(9/24)

・声帯が虹を描く(巻上公一さん他のコレボレーション?)(12/8)みなとみらい小


しかし、一番の注目はこれです↓

・シャルパンティエ「ルイーズ」日本初演(1/27・28)
新国立中劇場



誰がルイーズを?誰?知りたい!
と、とにかく。
首をなが~くして待っていますのよ!

---------------

一日ワンクリック!>>人気blogランキングへ



リサとガスパールの絵本とグッズなら【絵本ナビShop】

保険モール/生命保険

|

« ビールと枝豆と南極交響曲 | トップページ | ウィーンの思い出<J・シュトラウス編> »

コメント

こんばんは。「ルイーズ」私も好きですよ。あのアリアもいいですが、最後に「ルイ~ズ」と叫ぶところ。パリですな。
新国の中劇場、というのが渋いところです。

投稿: yokochan | 2006年8月26日 (土曜日) 22時41分

ルイーズ、大好きなんですよ。ヴェリズモ・オペラっぽくありながら、精神的にはワグネリアンなんですね。誰がルイーズを演るのか、注目です。(個人的には天羽明恵さんにやってもらいたいです)

投稿: naoping | 2006年8月27日 (日曜日) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/3195448

この記事へのトラックバック一覧です: サントリーホールへ。:

« ビールと枝豆と南極交響曲 | トップページ | ウィーンの思い出<J・シュトラウス編> »