トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水曜日)

コンドラシン指揮の「鐘」

ラフマニノフ「鐘」~独唱、合唱と管弦楽のための詩曲 シュムスカヤ(Sop)ドヴェンマン(T)ボルシャコフ(Br)/アカデミー・ロシア共和国合唱団 キリル・コンドラシン指揮 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団(メロディア VICC-2089)1962年録音

演奏者を入力するのがめんどうくさいので、ネットで調べてコピーしようと思ったらどうも廃盤らしい。私の持っているのは国内盤だが、どうして買ったのだろう(ロシアものは他にはフリッチャイの悲愴くらいかも)。多分安かったんだろうと思うが、2000円である。1992年発売当時はまだCDは今より高かったのである。

このCDの注目すべき点はそのロシアロシアした録音状態である。ステレオ録音なのにこのビリツキ感、音の潰れ具合は見事である。まるで昔のロシアの絵本を開いているようなレトロ感覚がたまらない。頭にロシアの雪景色がぱああああっと広がる。クリスマスに聴いてもぴったりだし、暑い日に聴いても涼しい。(1年中OKじゃん)

そして最も気に入っているのは独唱者のロシア式?発音である。この鼻にかかった発音がよい。そしてとくに冒頭からテノールの「ニャー」とか「ニェー」とかいう発音がどうもたまらなく好きだ。

私はロシア語、チェコ語、ポーランド語のテノール独唱フェチなのかもしれない。こういう曲は他にあるのだろうか?と思いつつ探しているのだが・・・最近ではシマノフスキの3番(ヴィエスワフ・オフマン独唱)がけっこうキタ。っつーか美声で高い声でなきゃダメだ。しかも浪漫ティックなオケ伴奏でないといけない。

「鐘」の他の演奏を・・・と思い、スヴェトラーノフ盤も購入して聴いてみたら、私の理想とは程遠いものであった。なんか・・・違うのである。テノールも違うのだが・・・録音が新しいからやなのかもしれない。(1973年録音だからちっとも新しくないんだけど)

どうか押して下さい→人気blogランキングへ

|

2006年5月29日 (月曜日)

オーストリア放送協会

ADSLの契約をしたのは、なんといってもBBCのラジオ放送を聴くためだったのですが(他も理由はあるけど)、他の国のラジオ放送も聴けないものかと思い、探してみますとオーストリア放送協会(ORF)のネット放送がありました。

http://www.orf.at/

BBCもステレオ放送ですが、ORFの音はなんか違います。各地で行われるコンサートやCD録音など、臨場感抜群です。ただ、ウチはADSLでも遅い方の契約なので、夜中は音がかすかにぶちぶち途切れることもたまーにあります。「ひかり」の方だったらものすごくいい音で聴けるのではないでしょうか。(←憶測)

ただ、大変困るのは現地放送時間(?)らしいということで。昨日たまたま19:30よりウイーン放送交響楽団のコンサートでブリテンの「戦争レクイエム」のライブを放送するらしいということで大喜びしたのですが、オーストリアで夜7時半って・・・?

http://oe1.orf.at/programm/20060528193000.html

ということで真夜中の3時に目が覚めたので聴いてみることにしました(大泣)。うーん、やっぱり音がいい・・・でもやっぱりウィーンの合唱団ってブリテンじゃないよなー。

。。。と思いつつ30分でログアウト・・・ノックダウン。真夜中に戦レクはムリです!

これからの放送予定で気になるもの

6月1日19:30 Aus dem Konzertsaal
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks, Dirigent: Sir Colin Davis.
Ralph Vaughan Williams: Symphonie Nr. 4, f-Moll
Antonín Dvorák: Symphonie Nr. 6, D-Dur, op. 60 (Aufgenommen am 21. Jänner in der Philharmonie im Münchner Gasteig)

6月7日19:30 Philharmonisches in Ö1
Bernard Haitink dirigiert die Wiener Philharmoniker.
Richard Strauss: Don Juan, Tondichtung nach Nikolaus Lenau, op. 20 (Aufnahme: 2000)
Anton Bruckner: Symphonie Nr. 4, Es-Dur, "Romantische" (Aufnahme: 1985). Gestaltung: Michael Blees

6月18日 19:30 Wiener Festwochen 2006

Radio-Symphonieorchester Wien, Dirigent: Andrey Boreyko; Herren des Singvereins der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien; Robert Holl, Bass; Alexei Lubimov, Klavier.
Arvo Pärt: "Lamentate" für Klavier und Orchester

Dmitrij Schostakowitsch: Symphonie Nr. 13, op. 113, "Babij Jar" (Aufgenommen am 10. Juni im Großen Musikvereinssaal in Wien). Präsentation: Johannes Leopold Mayer
(Übertragung in Dolby Digital 5.1 Surround Sound)

追加

5月30日の0:08よりの番組:

Die Österreich 1 Klassiknacht

Musikliste:

Komponist/Komponistin: Noel Coward/1899-1973
Titel: "
London Pride"
Solist/Solistin: Catherine Bott/Sopran
Solist/Solistin: David Owen Norris/Klavier
Label: Hyperion CDA 67475
Länge: 04:59 min

Komponist/Komponistin: Joseph Haydn/1732-1809
Titel: Symphonie Nr.101 in D-Dur Hob.I/101 "Die Uhr" (11
.Londoner Symphonie)
* Adagio. Presto - 1.Satz
* Andante - 2.Satz
* Menuet: Allegretto. Trio - 3.Satz
* Finale: Vivace - 4.Satz
Orchester: Concertgebouw Orchestra Amsterdam
Leitung: Nikolaus Harnoncourt
Label: Teldec 2436752
Länge: 28:04 min

Komponist/Komponistin: Charles Dieupart/um 1667-um 1740
Titel: Troisieme Suite in h-moll für Blockflöte, Viola da gamba und Cembalo
* Ouvertüre - 1.Satz
* Allemande - 2.Satz

* Courante - 3.Satz
* Sarabande - 4.Satz
* Gavotte - 5.Satz
* Menuet serieux - 6.Satz
* Gigue - 7.Satz
Ausführende: Ensemble La Folia
Solist/Solistin: Gudrun Heyens/Blockflöte
Solist/Solistin: Hans Georg Kramer/Viola da gamba
Solist/Solistin: Miche Erauw/Cembalo

Label: aulos / MusikKadoAUL 68514
Länge: 16:00 min

Komponist/Komponistin: Giuseppe Sammartini/1693-1750
Titel: Concerto für Cembalo und Streicher in A-Dur

* Andante spiritoso - 1.Satz
* Allegro assai - 2.Satz
* Andante - 3.Satz
* Allegro assai - 4.Satz
Ausführende: I Musici Ambrosiani
Solist/Solistin: Donatella Bianchi/Cembalo
Leitung: Paolo Suppa
Label: Dynamic S 2020
Länge: 17:02 min

Komponist/Komponistin: Ignaz Moscheles/1794-1870
Titel: Septett für Klavier, Violine, Viola, Klarinette
, Horn, Violoncello und Kontrabaß in D-Dur op.88
* Allegro con spirito - 1.Satz
* Scherzo: Presto - 2.Satz

* Adagio con moto - 3.Satz
* Finale: Allegro con brio - 4.Satz
Ausführende: Consortium Classicum
Solist/Solistin: Werner Genuit/Klavier
Solist/Solistin: Sandor Karoly/Violine
Solist/Solistin: Jürgen Kussmaul/Viola
Solist/Solistin: Dieter Klöcker/Klarinette
Solist/Solistin: Alois Spach/Horn
Solist/Solistin: Bernhard Braunholz/Violoncello

Solist/Solistin: Walter Meuter/Kontrabaß
Label: Bayer Records BR 100231 CD
Länge: 29:26 min

Komponist/Komponistin: Manning Sherwin
Titel: "A nightingale sang in Berkeley square" aus der Revue "New faces"
Solist/Solistin: Catherine Bott/Sopran
Solist/Solistin: David Owen Norris/Klavier
Label: Hyperion CDA 67475
Länge: 05:36 min


Komponist/Komponistin: Eric Coates/1886-1957
Titel: "
London Suite" für Orchester
* Covent Garden: Tarantelle - 1.Satz
* Westminster: Meditation - 2.Satz
* Knightsbridge: March - 3.Satz

Orchester: BBC Philharmonic
Leitung: Rumon Gamba
Label: Chandos CHAN 9869
Länge: 14:46 min

Komponist/Komponistin: Gordon Langford/geb.1930
Titel: "
London Miniatures"
* Nr.1 London Calls - Scherzo
* Nr.2 Soho - Burlesque
* Nr.3 Green Park - Pastorale
* Nr.4 Trafalgar Square - Hornpipe

* Nr.5 Cenotaph - Elegy
* Nr.6 Horseguards Parade - March
Ausführende: Philip Jones Brass Ensemble

Leitung: Philip Jones
Label: Claves CD 5085053
Länge: 14:45 min

Komponist/Komponistin: Edward Elgar/1857-1934
Titel: "Cockaigne" Konzertouvertüre op.40 "In
London Town"
Orchester: Chicago Symphony Orchestra
Leitung: Sir Georg Solti
Label: Decca 4177192
Länge: 14:15 min

Komponist/Komponistin: Albert William Ketelbey/1875-1959
Titel: "
Cockney Suite" für Orchester
* Nr.1 A State Procession
* Nr.2 The Cockney Lover
* Nr.3 At the Palais de Danse
* Nr.4 Elegy
* Nr.5 Bank Holiday
Orchester: Palm Court Theatre Orchestra
Leitung: Anthony Godwin
Label: Flyback/Chandos FB
Länge: 16:17 min


Komponist/Komponistin: Orlando Gibbons/1583-1625
Titel: The Cries of 
London
Ausführende: Ensemble William Byrd
Solist/Solistin: Brigitte Vinson/Mezzosopran
Solist/Solistin: Catherine Jousselin/Mezzosopran
Leitung: Graham O'Reilly/Tenor
Solist/Solistin: Douglas Nasrawi/Tenor
Solist/Solistin: James Gowings/Bariton
Solist/Solistin: Paul Willenbroek/Baß
Ausführende: The Occasional Byrd
Label: Adda 581169
Länge: 07:00 min


Komponist/Komponistin: Darius Milhaud/1892-1974
Titel: "Le carnaval de
Londres" op.172 - Orchestersuite nach Melodien aus der "Beggar's Opera" von John Gay und Johann Pepusch
Orchester: New London Orchestra
Leitung: Ronald Corp
Label: Hyperion CDA 66594

Länge: 27:57 min

Komponist/Komponistin: George Gershwin/1898-1937
Textdichter/Textdichterin, Textquelle: Ira Gershwin/1896-1983
Titel: "A
foggy day" aus dem Film "A damsel in distress"
Solist/Solistin: Catherine Bott/Sopran
Solist/Solistin: David Owen Norris/Klavier
Label: Hyperion CDA 67475
Länge: 04:09 min

Komponist/Komponistin: Malcolm Arnold/geb.1921

Titel: "The Smoke" op.21 - Ouvertüre
Orchester: BBC Philharmonic
Leitung: Rumon Gamba
Label: Chandos CHAN 10293

Länge: 07:56 min

Komponist/Komponistin: Gustav Holst/1874-1934
Titel: "
St.Paul's Suite" für Streicher op.29 Nr.2
* Jig - 1.Satz
* Ostinato - 2.Satz
* Intermezzo - 3.Satz
* Finale ("The Dargason") - 4.Satz
Orchester: Academy of St.Martin in the Fields
Leitung: Kenneth Sillito
Label: Collins Classics 12342

Länge: 11:15 min
BBCRD 9115
Komponist/Komponistin: Robert Farnon/1917-2005
Titel: "The
Westminster Waltz" Walzer für Orchester
Orchester: BBC Northern Symphony Orchestra
Leitung: Robert Farnon
Label: BBC Radio Classics/Carlton Classics
Länge: 03:20 min

Komponist/Komponistin: Sandy Wilson/geb.1924
Titel: "A room in Bloomsbury" aus dem Musical "The Boy Friend"
Solist/Solistin: Catherine Bott/Sopran
Solist/Solistin: David Owen Norris/Gesang, Klavier
Label: Hyperion CDA 67475
Länge: 02:50 min


Komponist/Komponistin: Ralph Vaughan Williams/1872-1958
Titel: Konzert für Tuba und Orchester in f-moll
* Prelude - 1.Satz
* Romanza - 2.Satz
* Finale: Rondo alla tedesca - 3.Satz
Solist/Solistin: James Gourlay/Tuba
Orchester: Royal Ballet Sinfonia
Leitung: Gavin Sutherland
Label: Naxos 8557754
Länge: 12:48 min

Komponist/Komponistin: Sir William Walton/1902-1983
Titel: Konzert für Viola und Orchester (in der Fassung von 1961)
* Andante comodo - 1.Satz
* Vivo con moto preciso - 2.Satz
* Allegro moderato - 3.Satz
Solist/Solistin: Maxim Vengerov/Viola
Orchester: London Symphony Orchestra
Leitung: Mstislaw Rostropowitsch
Label: EMI Classics 5575002
Länge: 30:26 min

Komponist/Komponistin: Lionel Monckton/1861-1924
Titel: "Chalk farm to Camberwell Green" ("Once up to
London")
Solist/Solistin: Catherine Bott/Sopran
Solist/Solistin: David Owen Norris/Klavier
Label: Hyperion CDA 67475
Länge: 02:59 min
ロンドン関係特集でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日曜日)

カイルベルトのジークフリート

ネットを一年半ぶりに繋げたという環境から、音楽界ではいったい何が起こっているのか知らなかったんだけど。。。まさかショルティ盤以前のステレオ録音のリングが発売されているとは思いもよらなかった。音楽雑誌も買ってなかったので、CD屋で見つけたときはびっくり!!

楽劇『ジークフリート』全曲 カイルベルト&バイロイト(1955、ステレオ) SBT4 1392

内容・出演者についてはここ↓↓

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1454762

幼少のわたくしにとって昔からショルティのリングを買うことが夢でありました。社会人となって初ボーナスでリング全曲のCDを購入(5万もした!)したということで、ショルテイ盤には思い入れがあります。でも、、、、

このカイルベルト盤が全部発売されてしまったら、もうショルティ盤はいらないかもしれません。ショルティ盤がお好きな方もいるかもしれないけど、色々と実演等でリングを聴いてきた結果、ショルティの演奏は「ただスケジュール通りに演奏され、録音されたもの」としか聞こえません。(どうしてクナッパーツブッシュで録音しなかった?)

そして、今まで録音が古いのに我慢して聴いてたクレメンス・クラウス盤とかも聞き比べ以外では必要がなくなるかー?もしれません。

録音嫌い?のヴァルナイのステレオ録音として初めて耳にするものであります(オランダ人はモノラル盤を聴いていたので)。ブリュンヒルデ歌いとして、私はニルソンよりヴァルナイのほうが好きです。ドスがきいてて、女性らしくてしかもかっこいいです。舞台姿もなかなか。(CDでは見えませんが)

ウィントガッセンも、ベーム盤では3幕で疲れていたりしてましたが、カイルベルト盤では元気一杯です。(別テイクなんでしょうか?)正直、ウィントガッセンで「うっとり聞き惚れる」とかいうことは今までなかったのですが、この録音はけっこう聞き惚れてしまいます。やっぱりうまい!ホッターも最高!

HMVでの紹介文にありましたが、この録音に携わったプロデューサーの人たちは後のいろいろな名録音を手がけているみたいです。ウィーンのムジークフェラインでのベームの『影のない女』の録音もそうみたいで、うちにたまたまレコードがありますが、これはウィーン・フィルのつややかな音がとらえられてて素敵です。(盤が減ってしまうのであまり聴きませんが) それと、ショルティのマーラー「千人の交響曲」(素晴らしい録音と豪華な独唱者・なのに演奏はまるで高校野球の応援みたい)も今回のリングの録音メンバーの人が(ゴードン・パリー、ケネス・ウィルキンソン)協力しているらしいです。(あまり詳しいことはわかりませんが、ともかくどれも録音がよい)

ご苦労様です→人気blogランキングへ

←コメント中のCDリンク貼ってみました。

| | コメント (3)

トップページ | 2006年6月 »